FC2ブログ
 昨晩 テレビをつけてみると、「白い巨塔」というドラマをやっていた。田宮二郎だったかが、主演したものだったが、配役を変えてのリニュアルなのか。そこで、裁判のシーンがあった。日本では聞きなれた、しかし当時としてはほとんど聞かれなかった「記憶にありません。」が連発されていた。なるほど「記憶に無い」はこういうときに使うのか、一般国民にわかりやすく説いているような気がした。

 何人もの閣僚、官僚が「記憶にない」を連発し、物事をうやむやにしたまま、7年が過ぎた。世界に自慢できる、国民の多数が支持する「記憶にない内閣」。素晴らしい。

 今日は「安部外交」の成果が華々しく喧伝されている。「トランプ大統領と一緒にゴルフができた」、「トランプ大統領と一緒に相撲観戦ができた。」。確かに、どの国の首相もなしえない快挙を見事に安倍首相は実現したのである。明日のNHKの「岩田明子」の解説を楽しみにしておこう。

桜井よし子様です
一般の観客とは周到に用意された「上級国民」だった。 「日本の捏造歴史」を風刺する海外メディア

 相撲の桝席は九州では15日間一括で販売されているので、余程の「上級国民」か「法人の接待用」でしか買えない。トランプ大統領の警護も物々しかったようで、--何しろ前日に都合よく日本人力士の優勝が決まったのでぜんぜん見ていないのだが--どのようにして入場、退場をするのか、は関心があった。なんと「一般観客と握手」したのだそうだ。仲間内の「上級国民」がそれとなくテレビに映る。「まぁ、櫻井よしこさまーー」、「金美齢さまーー」と支持者は熱狂する。保守ど真ん中を紹介とは粋な計らいですねと、その政治手腕はうなぎのぼりだ。

 もちろん、こういう「上級国民」だけが握手できるような場所を取れることの批判についても、何が悪いんですか?どこの政党でもそうでしょう、可笑しい?と確固たる支持の姿勢は変わらない。これで万全だな、安倍政権。今までは「安倍総理の賄賂は良い賄賂。」などといっていたが、とうとう「どこがやってもおなじようにするでしょう。何が悪いの」となってきた。参院選挙後まで待たなくとも、日本でなら大丈夫ですよ。

                                     Siam Cat_036
国技館に安倍首相とトランプ大統領がご入場。沸き立つ安倍国の臣民。NHKアナ「大歓声が鳴り止みません」だと。普段は相撲を「日本の誇るべき国技」などと誇らしげに言ってる人たちがこのハシャギっぷり。しかし安倍首相は気分はもはや天皇という感じだな。

                                   ankoromochi2017‏
アナウンサーがトランプ大統領が「一般のお客さんと握手して」って言ってたけど、まさかの金美齢さんじゃねーかよwww

                                          みらん
上級国民ではないので関係在りません❌🙍 明日を無事に迎えることが出来ればよしとしましょう
                                          c22738‏
安倍さん、やるなぁ~。
金先生、桜井先生、門田先生と保守ど真ん中を紹介とは粋な計らいですね。
絵面も最高です!

                                       世に倦む日日‏
宗男がいるな。富裕層と米大使館関係がギラギラしている。アメリカ様ネオリベ・パラダイスの国技館。それはともかく、昭恵がへらへら出てきて生意気に特別椅子席にふんぞり返るのは何なんだ。監獄入ってなきゃいけない身なのに。やりたい放題だな。

金美齢と櫻井よしこまで出て来てトランプといちゃついていた。炉端焼き屋にも同伴か。ネオリベと属米極右にオキュパイされた国技館と公共放送。それにしても、果てしない私物化。言語道断の植民地従属。明日は、朝から晩まで岩田明子が出ずっぱりで「アベソーリ」のヒステリー。気が滅入る。


 シンゾーのために「貿易交渉は選挙後まで待ってやる」とトランプ大統領は述べている。同時に「牛肉」と「農業」では、大きな成果があった、と述べている。どこまで「日本」のためにがんばれるか、と言っても中国のように対立することはできない、あくまで「恩情」が頼みであるが…。
 
                              2019/5/26   日本経済新聞
トランプ米大統領は26日朝、日本との貿易交渉について「参院選が終わるまで妥結を迫らずに待つ」と米メディアの記者に電話で語った。保守系FOXニュースのジョン・ロバーツ記者がツイッターで明らかにしたもので、参院選への影響を避けたい安倍晋三首相に配慮し、貿易交渉の合意を急がない意向を示した格好だ。

 選挙後には「悪いニュース」があるとわかっているのだから、株式でいう「織り込み済み」という状況になるので、それで現状維持なら万々歳だろう。国民も納得の厳しい制裁となる。「アベサマの貧乏は良い貧乏」として、みんなニコニコ貧乏に励めばよい。 

                                       今日 楽生
貴方にとってニュースでなくっても私を始め多くの人がニュースと思っているんだからいいでしょう。関心が無いと言えばいいのに。いつもの様に言葉の選択を間違ってる。今日のJUNKさんは暇なんだ。選挙のこと考えて7月まで待ってくれ、何が悪いんですか?どこの政党でもそうでしょう、可笑しい?
                                         JUNK‏
牛肉と農業でもうビッグディールが成立してるなら、堂々と約束したときに公表すべきということです。でも、それをやったら選挙で負けますからね。

トランプ大統領が衆参ダブル選挙

 トランプ大統領のツイートが話題となっている。選挙が複数形になっていることから、「同時選挙か?」との噂も流れるが、通訳や翻訳の仕事をなさっている 💫T.Katsumi 氏によると『複数形が一般的』だとのことで、そちらの意見を紹介しておこう。

                                     こたつぬこ
トランプは「牛肉と農業で、デカイもの手に入れた。参院選後まで待て」とツイートしているわけです。これはつまり参院選に影響あるから、その後にしてくれ」と安倍さんが懇願したのを、そのままツイートしたということですよ。
                                    💫T.Katsumi
「選挙」は通常"elections"で表します。なぜか。「選挙」は複数の"election"の集合から成り立つものだからです。一方で一対一の大統領選は、予備選を越えて本選に至ると"election"と表記されます。つまり"elections"は「数」を表しているのであって、衆参・上下等の「タイプ」を示しているのではない。ちなみに衆参両院ダブル選挙となるかどうか、もし一国の首相がそれを他国の首脳に明かしていたとしたらとんでもない背任行為に当たる。アメリカには15もの諜報機関がある。当然、親米の自民党政権が参院選挙・衆参両院の総選挙のいずれかに踏み切るかは分析されている筈。それは大前提です。

 諸物価の値上がりが、生活に響いてきている。加工品は価格は変わらずとも「内容量、数量」が減り、ジュース類などは単価が2割くらい上がっている。保険料や税金の類は少しずつ請求金額が増え、年金などのもらうものは確実に減っている。さらに15%程度カットを考えているようだ。武器や対外援助への何兆円、何十兆円の政府の約束に、財源の話など一つも出なかったが、社会保障は財源不足できられていく。野党の国会追及など誰も関心を持っていない。それであれば、全くの新勢力が今までの政治家の誰もいわなかったような「斬新な提案」に期待するしかなかろう。今月も大幅赤字である。

                              2019/5/26   BIGLOBE
山本太郎参院議員が、「自由党を離党して新党・れいわ新選組を結成する」と宣言したのが、4月10日の結党会見だった。目玉政策は消費税の廃止・奨学金徳政令・最低賃金1,500円。山本代表は5月31日までに寄付金1億円を集めると述べた。

困難な道と思われたが、同党は公式ツイッターアカウントで、5月20日の段階で1億1215万円が集まったと報告した。

ドキュメンタリー映画監督の想田和弘氏は、「山本太郎への献金が1億1,215万円を突破。これは事件であろう。なぜ太郎が支持されているかといえば、彼が『民衆のための経済』の話をしているからだ。一言で言えば『反緊縮』である。」とツイートした。確かにクラウドファンディングで資金集めをした最高額は音喜多駿「あたらしい党」代表の約1,000万円。その12倍の額を山本太郎氏は40日間で集めたのだ。確かに、これは事件である。


脳科学者の茂木健一郎氏はブログで「れいわ新選組がおもしろい」と題して、次のように投稿。

「山本太郎さんの『れいわ新選組』がおもしろい。政策が斬新で、また、山本太郎さんの訴えには人の心を動かすものがある。ある意味ではポピュリズムとも言えるが、昨今のポピュリズムとはベクトルが異なるポピュリズムであって、その点もおもしろい。立憲のような大所帯だとあのような大胆な主張はできないかもしれない。しかしそこにこそ存在意義があるかもしれない。

政治は可能性の芸術であり、プレゼンテーションである。組織の大きい既存の政党にはできない主張を『れいわ新選組』が行っているとすると、ある程度の議席(衆参ダブルだったとして、それぞれ5人当選くらいいったら上出来だろうか?)を得たら、国会内において面白いプレゼンスになると思う」

「地方での山本太郎・人気はすごいものがあります。大勢人が集まる。そして、ボランティア登録する人も続出しています。告示日まで1ヶ月余りですが、強い風が吹くのではないか」 既存の野党が支持率が伸びない中、山本太郎「れいわ新選組」は参院選の台風の目になるかもしれない。

スポンサーサイト