FC2ブログ
 世界では、ロイター(イギリス)、AFP(フランス)、APとUPI(アメリカ)、タス(ロシア)を五大通信社という。最近では海外のニュースは「ロイター」か「AFP」であることが多い。これらの通信社はそれなりに信頼性も高く、日本の新聞の比ではない。いわんやテレビをや、である。

 こういう海外の論調と日本国内で流される情報とは違うことがある。また、はっきりとは書いていなくとも、その件に対してのその通信社の主張を読み取ることができる。特に使用されている『写真』が重要であることは何度も指摘してきた。オリンピック関連の世界のニュースが少ない中、ロイターは次のような記事を書いている。

                      2020/03/31  ロイター
- 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、来年7月23日への開催延期という異例の決定が下った東京五輪。招致が決まってからおよそ7年を経た現在も、東京選定のプロセスをめぐってはフランス検察当局による汚職疑惑の捜査が続いている。投票確保の舞台裏でどのような動きがあったのか。ロイターでは招致活動に使われた銀行口座の記録や関係者への取材を通じ、その実情を探った。

理事を務める高橋治之氏
      高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

ロイターが入手した「東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会」(招致委)の銀行口座の取引明細証明書には、招致活動の推進やそのための協力依頼に費やした資金の取引が3000件以上記載されており、多くの人々や企業が資金を受け取り、東京招致の実現に奔走した経緯をうかがわせている。

そうした支払いの中で最も多額の資金を受け取っていたのは、電通(4324.T)の元専務で、現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(組織委)の理事を務める高橋治之氏(75)だ。招致委の口座記録によると、高橋氏にはおよそ8.9億円が払われている。
(引用終り) 
 -- ロイター 該当記事 原文リンク(日本語) --

 さて、この写真を眺めて「どのように感じる」であろうか。ロイターが高橋治之氏の写真を1枚しか持っていないわけではない。何百枚の中から、選んでくるわけだ。言わずとも分かろう。「ロイター」は、そう主張しているのである。

 ここに何年も訪問していただいている方々はお分かりだと思うが、過去の『G7の会合』でも『対ロシアとの交渉』でも、日本報道と海外通信社の写真を並べて指摘してきた。いまや、その海外通信社の指摘通り、日本政府の外交は全く成果がない、単に「ニッコリ笑ってVサイン」以外の何物でもなかったことが国民にも分かってきただろう。

 ロイターが報じたことは「世界中」を駆け回る。「朝日新聞」などとはケタが違う。皆さんもこのことを頭の片隅に置いておくと、突然の報道にびっくりすることはない。

毎日の検査を100人台に絞っている
受診相談窓口には2386人、検査できたのは146人だけ、やる気があるのか

 さてさて、国内では「PCR検査の抑制」で爆発的感染は公表されていない。私も小さい時から「気弱」であった(笑)ので、母親からよく、「山より大きい猪は(「ししゃ」と発音)でらん。」と発破を駆けられたものである。東京都の感染者数が「100」を超えないのは、検査数146名という異様な少なさに負っている。全員陽性でも146名しか出ない。

 今日はどこかの番組で「都知事」を呼んで「インタビュー」をしていたが、辛らつな質問は一切ない。都知事のご機嫌をうかがいながらの番組である。新しいことは引き出せないばかりでなく、都知事の「背水の陣」への覚悟も引き出せない。『再選』に意欲満面だ。たぶん、東京都は失敗する。知事が「職をかけて事に当たる」以外に、この「コロナとの戦争」に打ち勝つ道はない。

 その中で日本の感染者が少ない理由を『フィナンシャルタイムスのグラフの横に『日本国民の潔癖性』によると書かれています。」というような発言をしていた。少ないのは「日本国民のすごさ」が原因としたわけである。この番組の少し前、私もフィナンシャルタイムスのグラフを見ていたわけだが、下にのせておこう。

アメリカと英国に毎日の新型肺炎死亡者数は右肩上がり

 これは『死者数』のグラフであるが、別に感染者数のグラフがあったのかもしれぬ。これは「英語版」であるが、日本語版があったかもしれぬ。(未確認) 少なくともこのグラフには日本を示すものは出ていない。日本の数字は「あてにならない」というのが今や「世界標準」である。

 イギリスのBBCなどでは「日本語版」のほうが優しい表現になっていたりする。相当配慮をしている。それはともかく、昨日から話題は『アベノマスク』一色である。北村ヂンさんがこんな画像を上げている。ご覧になった方も多かろう。

北村ヂン

北村ヂンさんより引用



 「ほら、見てごらんよ。あちこちのボタンを触って、レバーやハンドルも激しく動かしていて、ほかの猿よりもいいかもね。」と言っていた政治に関心のなかった層も、さすがに今回のマスクはあきれたようだ。「ここまでひどいと思わなかった」 そんな声が聞こえている。

 これは「安倍政権の岩盤支持層」にも言えるようで、『給付金は、シナ人やチョウセン人には絶対に払ったらダメ。アベッチだからその点は安心』と言うような層が、こんな発言をしている。

                     小野田紀美【自民党 参議院議員】
まずマスク必要なの病院等じゃねん。国民には早く現金給付したらマスクやこーそのお金で布とかで作れるがん。んでこの送料なんぼかかるん。予算なんぼなん。そのお金あったら給付増やせるんじゃねんか。どこの誰が決めたん。今回のコロナ一連、一般自民議員の意見はなんでここまで聞いてもらえんのん。

 諸外国(先進国)では今回の緊急経済対策を国籍で差別するところはない。今自国の経済を支えている人々が、この「ウィルス戦争」後、生き残り再び自国を支えてくれるために「現金給付」をするところが多い。日本人で、ドイツやオーストラリア、ニュージーランドなどに住んでいる人々が、その速さと金額、わけ隔てない支給に驚いている。

オーストリアでは、税金を払っている外国人労働者に補助金が出ます。私はオーストリアでフリーランス&副業の両方で納税してますし、ちゃんと対象になりました。日本政府は酷いですね。国籍は日本ですが日本に住んでいないし、納税していないので、逆に日本の給付金を貰うのは図々しいと思ってます。

 3月のデパートなどの売り上げは30%程度落ち込んでいる。あのユルユルの規制の下でである。これからさらに感染者が増え、外出禁止のレベル(自粛という名の)になると半減するだろう。失業者、廃業者も増えていく。今やリーダーが「その職を賭して」戦わない限り、この戦いには勝てない。次の選挙をにらんで行動するなどもってのほかだ。

                   TOHRU HIRANO  04月02日
スペイン「前日から、コロナの感染者が7000人以上増えて、110,238人。死者は前日より950人増え、死者が1万人を超えた。
これを他人事と思ってる日本は、未だに「緊急事態宣言」も出してないし、都市封鎖もやる気配もない。アタマおかしい



 本日の訪問者は245名。常連の方ばかりかな。ありがたいことです。拍手は30個、最近6か月では最高かな。
ネクストトレインの記事は意外と知られていないと思ったんだが、そうでもないのかな。あまり書きたくはないのだが、数年コメントは書けないようにしていたのだが、現在は書き込めます。では、また明日までお休みなさい。
スポンサーサイト