スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査捕鯨論争で敗れた日本の立場  沖ノ鳥島に 経済活動があることを証明したい 政府の政策が引き起こした 「桟橋転覆事故」  どちらも、 庶民には 縁遠い話だ。

 日本の「調査捕鯨」に対する 国際司法裁判所の判決が出た。 「全面敗訴」となったわけだが、 日本政府が考えているような 「南極海だけ」の捕鯨が問題となったわけではなく、 日本近郊の捕鯨はともかく、 世界に打って出る捕鯨は 今後できなくなるであろう。
                                                      2014/3/31  日本経済新聞
 【ハーグ=御調昌邦】日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとしてオーストラリアが中止を求めた訴訟で、国際司法裁判所は31日、南極海での調査捕鯨を「科学的でない」と結論づけたうえで、現行制度での調査捕鯨の中止を命じる判決を言い渡した。事実上、日本の全面敗訴。日本は判決に従う方針で、日本の捕鯨政策は抜本的な見直しを迫られる。

 日本政府代表として裁判に臨んだ鶴岡公二内閣審議官は判決後、記者団に「判決には従う。(判決内容を)慎重に読み込んだうえで、具体的な対応を検討していく」と語った。日本が同裁判所での裁判の当事国となり、判決を受けるのは初めて。 豪州は2010年5月、日本の調査捕鯨は同条約で認められている科学的研究のための捕鯨ではなく、実態は商業捕鯨だとして提訴した。

南極海で捕獲されたミンククジラ


 同裁判所は一審制で、控訴は認められていない。今回の判決は日本が実施している南極海と北西太平洋での調査捕鯨のうち、南極海だけを対象としている。ただ今回の判決を受け、反捕鯨国が北西太平洋での調査捕鯨についても同裁判所に提訴する可能性があるほか、捕鯨継続には国際的な批判が一段と高まるとみられる。       (引用終り)

 観光地では ホエールウォッチングを 観光資源とし、 公海では 「調査捕鯨と称して」の 捕鯨活動は 認められまい。 『文化』『伝統』を 使い分ける身勝手を そんなに世界は容認しないだろうと思う。

 もう一つ 大きな事件があった。 五人の死亡が確認された 「沖の鳥島」での 桟橋設置工事である。 この島は 皆さんもご存知であろうとは思うが、 早くから 日本政府が周囲をコンクリートで囲い 侵食されぬように保護してきた。 教科書にも 早くから載っている島である。
   沖ノ鳥島-3-

 沖ノ鳥島は、 満潮時でも 水面以上にある部分は (元は 6ヵ所あったようだが) 東小島 (面積1.58m² -- 畳一枚より 少し狭い)、 高潮(満潮)時も約6cmが海面上に現れるものと、 北小島 (面積7.86m² -- 2m×4m程度)、 高潮(満潮)時も約16cmが海面上に現れる場所の2箇所からなっている。

    沖ノ鳥島-5-

 波の侵食、 風 雨などの浸食からも 厳重に守られている。 海面から顔を出す 証明用の側溝のような溝が切られている。 一部に 領有権争いがあるかのように書かれているが、 どの国も 日本領だということに 異論を出していない。 島か、岩礁かという 認識の差はある。 東小島は さすがに 「島」というには 小さすぎようが、 北小島は ギネス級の小さな島だ、 と強弁できるかもしれない。

 なぜ、 「島」と「岩」で 大モメするかというと、 岩ならば、 領海しか認められないものが、 島だと 200海里の排他的経済水域が 認められるから (中国の主張とされる) である。 

                                                    CUTPLAZA DIARY さん 引用
 外務省は27日、排他的経済水域(EEZ、沿岸から200カイリ)外でも海底資源の開発権を主張できる大陸棚の拡大が、日本として初めて国連に認められたと発表した。太平洋4海域の計約31万平方キロメートルで、国土面積の約82%に相当。中国が「岩にすぎない」と指摘していた最南端の沖ノ鳥島(東京都)も認定の基点とされ、国連から「島」とのお墨付きを得た形だ。

 これでEEZ内を含めた日本の大陸棚総面積(領海を除く)は約436万平方キロメートルとなる。政府はレアメタル(希少金属)採掘などへの期待感を強めており、国内法に基づいて新たな大陸棚を設定するための手続きを急ぐ。

 1996年に日本が批准した国連海洋法条約は、EEZ外でも海底地形の連続が証明されれば、沿岸国の大陸棚になると規定する。

 日本政府は2008年11月に7海域、約74万平方キロメートルの拡大を申請。審査した国連の大陸棚限界委員会は27日、沖ノ鳥島北方の四国海盆海域約17万平方キロメートルをはじめとした31万平方キロメートル分の認定を外務省へ連絡した。                                                           (引用終り)

 2012年の 国連の勧告で 問題は一応決着をみたが、 中国、韓国からの 「経済水域認定」に対する批判は続いている。 それは 「国際海洋法」の 解釈をめぐる 議論の応酬である。

 国際海洋法には、「島(island)」については(121条1項)に 次のようにある。:

An island is a naturally formed area of land, surrounded by water, which is above water at high tide.
(島とは自然に形成された土地の領域で、周りを水に囲まれ、満潮時にも水の上にある土地のことである。)

法律の専門家ではないが、 水面より上にある土地とは どの程度のものをいうのか。 解釈によるだろう。 どんなに小さくても よいのか、 この点への 言及はない。

また 岩については、 次のような記述がある。

3. Rocks which cannot sustain human habitation or economic life of their own shall have no exclusive economic zone or continental shelf.

(人間の居住、 独自の経済的生活を維持することのできない岩は、 排他的経済水域又は大陸棚を有しない)

 中国が 「人間の居住、 独自の経済的生活」が できない沖ノ鳥島は 「排他的経済水域」をもてないと主張するのを 意識したのか、 現在 懸命に「経済活動」を 行えるように 政府が施策を施している。 今回の 「桟橋設置」も その一環であろう。 そういう中での 不幸な出来事である。

                                                       毎日新聞 2014年04月01日
 日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の鋼製桟橋転覆事故で、転覆した桟橋の表面積が、昨年8月に同じ工法で設置された港湾施設の一部「荷さばき施設」の半分しかなかったことが31日分かった。

 船で引く際に桟橋と荷さばき施設の四隅にそれぞれ設置されていた脚の規模はほぼ同じだったことから、国土交通省関東地方整備局は、桟橋が小さくて重心が高くなったことが転覆につながった可能性もあるとみて、第三者による調査委員会を設置して原因を調べる。                                              (引用終り)

      国連認定 大陸棚

 この4畳半一間くらいの 「沖ノ鳥島」のおかげで、 日本の国土面積に匹敵する 「経済水域」を 日本は手にすることができた。 その手のところに関心のある方は 大喜びである。 1海里が 1852mであるから、 接続水域まで入れた 領海は 44キロもあり、 これだけでも 充分に 活用できると思うのだが、 世界のどの国も 沿岸から370キロもの 経済水域の獲得に躍起である。 陸と海を合わせると、 日本は世界第6位の領地(海)大国になる。

  沖ノ鳥島-6-

 太平洋の真ん中に、 小笠原諸島からでも 3日もかかる場所に 桟橋を作っても 利用することはあるまい。 推進 数千メートルの海底から レアアースをとる技術も 今だ開発はされていないから、 遠い将来のことであろうが、 3%の消費税の引き上げに 身を縮めている 「日本の庶民」には 全く縁のない話かもしれない。

スポンサーサイト

COMMENT - 1

ニャン子太郎  2014, 04. 03 [Thu] 13:17

なんか無性に鯨の味噌汁が食べたい。
あの脂の旨味と皮の食感がたまらん。
子供の頃はよく食べたのになぁ。。。。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。