スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省お詫び、内外の全ての犠牲者に哀悼の意を繰り返し表明」と   「自らの魂を賭して祖国の礎となられた昭和殉難者の御霊に謹んで哀悼の誠をささげる」は 同じ政府の言葉とは 信じがたい。

 AFP通信が 次のような記事を 世界に向けて発信した。

【8月27日 AFP】安倍晋三(Shinzo Abe)首相が、4月に和歌山県で行われた第2次世界大戦(World War II)のA級、BC級戦犯の法要に哀悼の意を伝える書面を送っていたことを27日、法要の主催団体が明らかにした。

 安倍首相が書面を送ったのは、和歌山県の高野山奥の院にある「昭和殉難者法務死追悼碑」での法要。元将校らが主催して4月29日に行われ、約220人が参列した。碑は第2次世界大戦の戦犯とされた約1180人を追悼しており、靖国神社(Yasukuni Shrine)に合祀(ごうし)されているA級戦犯14人も含まれている。

 朝日新聞(Asahi Shimbun)の報道や参列者2人の話によると、安倍首相は書面で「今日の日本の平和と繁栄のため、 自らの魂を賭して祖国の礎となられた昭和殉難者の御霊に謹んで哀悼の誠をささげる」と述べている。

 この法要は、戦犯としてフィリピンで拘束されながら後に無罪となった故・築野政次(Masaji Tsuno)氏の呼び掛けで1994年に建立されて以降、毎年行われている。

 菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は27日の会見で「自民党総裁ということで、総理大臣ではなく、私人としてのメッセージだと思っている」と述べ、政府としてのコメントを差し控えた。また菅官房長官は、東京裁判(極東国際軍事裁判)の結果については、1951年の「サンフランシスコ平和条約において(わが国は)裁判を受諾している」と付け加えた。
                                                                  (引用終り)

 右翼の 「専売特許」のような言葉を 政府要人から聞くようになって 1年以上たつ。 「何だ これ」 -- 「今日の日本の平和と繁栄のため、 自らの魂を賭して祖国の礎となられた昭和殉難者の御霊に謹んで哀悼の誠をささげる」

 ハテナ キーワード (最近、ウィキペディアが 大きな2chといわれるほど 偏向していて 使用しずらい。)では、 次のように 昭和殉難者 を書いている。

 -- 太平洋戦争(大東亜戦争)において「軍事裁判でA/B/C級戦犯とされ処刑された人」「(拷問や病気などで)収容所で亡くなった日本側兵士・軍人」「抗議自決した人」等をさす。 狭義としては、「靖国神社に合祀されているA級戦犯」をさす。 主に日本側・靖国神社側から用いられる呼称であり、戦犯をただの犯罪者としか考えていない人や国は使用しない。

 これも 相当「偏向」しているがも そのまま使用した。 「 何なの ? 」 この 「主に日本側・靖国神社側から用いられる呼称 」 って。 靖国神社側は わかるにしても、 日本側 とは どういうことなのだ。 日本のごく一部の人々に 普及した呼称だろう … -- 今回の「安倍内閣」の たちの悪さ は こういう点にある。 いろいろな場所で、 あたかもそれが 普通 (一般的) のように 書き込みや 改変をさせる 専属の部隊を持つと 言われている。 -- 戦犯をただの犯罪者としか考えていない人や国は使用しない。… という事は、 それ以外の人々は 使用する、ということになる。 おかしな話だが、 こういうやり方を とても良く目にする。

 記事中 「朝日新聞」が引用されているので 下にその記事を参考として 載せておく。 
【参考】                                                   2014年8月27日 朝日新聞
 安倍晋三首相が4月、A級、BC級戦犯として処刑された元日本軍人の追悼法要に自民党総裁名で哀悼メッセージを書面で送っていたことが朝日新聞の調べで分かった。連合国による裁判を「報復」と位置づけ、処刑された全員を「昭和殉難者」として慰霊する法要で、首相は「自らの魂を賭して祖国の礎となられた」と伝えていた。

 メッセージを送ったのは高野山真言宗の奥の院(和歌山県高野町)にある「昭和殉難者法務死追悼碑」の法要。元将校らが立ち上げた「追悼碑を守る会」と、陸軍士官学校や防衛大のOBで作る「近畿偕行会」が共催で毎年春に営んでいる。

 追悼碑は連合国による戦犯処罰を「歴史上世界に例を見ない過酷で報復的裁判」とし、戦犯の名誉回復と追悼を目的に1994年に建立。戦犯として処刑されたり、収容所内で病死や自殺をしたりした計約1180人の名前が刻まれている。靖国神社に合祀(ごうし)される東条英機元首相らA級戦犯14人も含む。                  (引用終り)

 安倍内閣の支持基盤そのもの の人々の集まりのような法要であり、 何の違和感も感じないが、 「慰安婦」問題同様 「日本国内向け」の発言と 「国際向け」の発言が 余りにも違う。 大日本帝国時代と同じだ。 日本国民の多くが 「兵隊さんは 勇敢に戦って死んだ。」と思っている。 ところが、 戦後しばらくして 初めて 戦死者の 6割程度は 「餓死」したとわかった。 さらに 「病死や原因不明」などを加えると、 実際に 「戦死した」数は 少なくなる。 それらの方針を策定し、 実行した人々の集まりである。 純粋に 「自らの魂を賭して祖国の礎」などというには、 日本国民の犠牲が 余りにも大きい。 彼らの眼中には 「日本国民の命」という 考えは (そんなものは小さなことだとして) 存在しない。 

                                           2014-08-28  China Radio International
 日本メディアの報道によりますと、日本の安倍晋三首相は今年4月に、和歌山県高野山の奥の院「昭和殉難者法務死追悼碑」で開かれた戦犯の法要に「自分の魂をかけて祖国の礎となった」と哀悼メッセージを送ったということです。

 秦報道官はこれについて記者からコメントを求められ、「日本政府が過去の侵略の歴史を正視し、深く反省し、軍国主義とはっきり一線を画することが、戦後日本がアジアの隣国との関係を再建、発展させる重要な基盤だ」と述べました。その上で、日本は侵略を反省するという立場を表明し確約をしたことを順守し、実際の行動を通じて隣国を始めとするアジア諸国と国際社会から信頼を取り戻すよう促しました。                             (引用終り)

 現在の日本政府は、 先の 国連での委員会での答弁のように 「 日本は先の大戦に至る一時期、多くの方、アジア地域の人に多大の損害、苦痛を与えた。歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省お詫び、外の全ての犠牲者に哀悼の意を繰り返し表明してきた。」 と言う。 内向きには 「戦犯は 存在しない。」と言う。 戦勝国 (外) に対する 「戦犯」は 裁かれ、 後で恩赦などで 「無罪放免 (?) 」したかもしれぬが、 日本人 (内) に対する 「戦争犯罪」は 一度も省みられることが無かった。 

「 だから日本は舐められる 」  田母神 俊雄著 に こんな文章があるそうだ。 これも 戦争犯罪を 「外国だけ」と限定して 議論を展開することで、 無かったものにしようとしている。 日本人の命など、 眼中に無いから、 反省も無い。

 「戦犯には、戦争に負けた責任を取ってもらう必要がある。日本人自身の手で戦犯を裁かなかったから、いろいろ問題が起きているのだ」という主張をする人もいます。終戦直後の東久邇宮稔彦王内閣、幣原喜重郎内閣は、日本が自分の手で東京裁判を開き、連合国の手を借りて戦犯の裁判は行わないことを主張しました。しかし、ソ連の反対もあってGHQでは認められなかった。日本がGHQの占領下にあったため、東京裁判を日本人自身の手で開くことはできなかったわけです。結果的に東条英機総理以下7人が処刑されるなど、「A級戦犯」はGHQの手によって裁かれてしまった。今ごろになって「日本人自身の手でA級戦犯を裁くべきだった」などと主張しても、まったく意味がないのです。

 日本には、「A級戦犯」も「B級戦犯」も「C級戦犯」も存在しません。連合国の側が勝手にそういう呼び方をしていただけです。左翼が勝手にそう呼んでいるだけなのです。「A級戦犯が祀られている靖国神社に、総理大臣が参拝するのはおかしい」。これまで何度も繰り返されてきたこの主張が、まったくのお門違いだということをおわかりいただけたでしょうか。

                                                                   (引用終り)

 なかなか、皆さん 「頭がよい」から、 その手に乗ってしまうと、 相手の結論を打破することは難しい。 よく 「櫻井よしこ氏」が 「 政府文書に 慰安婦を強制連行したとしたものは 1枚も存在しないのです。」 などと とくとくと述べられるが、-- 私もそうなのだが … -- その手に乗って 「政府文書」を 探す必要があるのかどうか 問題である。

 あなたが 総務省かなんかの 「課長」であったとして、 そんな文書が下から上がってきたら どうします ?。 表現を変えるように指示するか、 受け取らないでしょう。 まあ、 この手の 論者は 「慰安婦は どこの国にもあった」とも主張されているから、 各国の 慰安婦指定の 「公文書」を集めて 公表してもらいたいものである。 各国が そういうことを 「公文書」にして 記録しているのであれば、 「日本」も 記録されているだろうことが 類推できるのであるが …

 日本国民は、 政府や 官僚、軍部を信じて 戦ってきた。 まさか、 兵士の 半数以上が 「餓死した」とは 思わなかったであろうし、 「慰安婦」など 想像もしなかったであろう。 また、 あらぬ罪に問われて 「拷問死」したものがいたり、 不当な刑罰を受けたものがいたりしたことは 広くは知られていなかったであろう。

 こういうことが 明らかになるにつれて、 「反戦」の思いは しだいに強くなっていったものと思われる。 


                                     東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解く さん 引用
-- 途中引用 -- 結局、「従軍看護婦」になって戦地に行くこともなく、福井県で戦時期に小学校の代用教員となるのだが、その時、試験もしくは面接で、「必勝の信念を持っていますか」と聞かれたという。それに対して、どのように答えたかは語っていない。しかし、たぶん「イエス」と答えたに違いない。そうでなければ教員にはなれなかったであろう。

少なくとも、戦時期には「軍隊」に対して母は憧れをもっていたと思うが、その「憧れ」が打ち砕かれたのが戦争直後であった。戦争直後、アメリカを中心とした連合国軍が日本全国を占領することになるが、その際、母などの若い女性は、アメリカ軍が進駐する前に避難することが勧められた。 「なぜ」と母が尋ねると、そこにいた軍隊経験者たちが、日本軍が戦地・占領地で行った婦人暴行などの残虐行為を話した という。 それ以来、母は軍隊について否定的な思いをもつことになったようだ。

そして、戦時期に男子たちが多く戦死したため、結婚するのに苦労した母は語っていた。結局、福井県を出て東京にいき、父と結婚することになったのだが、父は病気であり、そのことには不満をもっていた。「戦争があったから、病気の人としか結婚できなかった」とよく語っていた。

それぞれ、全く意味が違うのだが、戦地に行ったわけでもなく、空襲にあったわけでもなかった私の両親はともに戦争によって人生が狂わされたと感じていたのである。

さて、これは、第二次世界大戦時の特有の出来事だといえるのだろうか。ここで「学徒出陣」のことにもふれたが、兵員不足になれば、戦争に行くはずがなかった大学生も戦争にいかされることになるのである。そして、実際に戦地に行かなくても、大規模な戦争になれば、私の両親のように、多大な影響をうけることになるのである。        (引用終り)

 今の この政権が倒された後は、 大変である。 卑近な例では NHKの「会長」「経営委員」、 日銀総裁、 最高裁判事など 相当数を入れ替えねばならない。 教育委員会や 大学教授なども 「カルト宗教信者」が 大手を振っている。 どう建て直したらよいのか、 相当の 「豪腕」でも 無理な気がする。 -- ちょっと 弱気かな --

 まあ、 最近、 少し 「少数派」の皆さんも 元気が出てきている。 「カルト宗教」だと 見抜く力を 一般の人々が持つべく いろいろな見方を紹介していくことが 大事なのだろう。

           戦争の歴史が 「風化」している。 
          残念な事だが、 彼らも多くは語らずに その出来事を 墓場へ持っていってしまった。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。