スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デング熱流行の原因は 原発停止」なんだと …    「安倍総理」「櫻井よしこ」の花輪が仲良く並ぶ 極右番組「〇〇委員会」のTV放送

 そうだったのか。-- 誰かの番組ではないが … -- 「デング熱」の報道が どうも合点がいかなかったのだが、 デング熱が流行るのは、 「原発を動かしてないから」らしいのだ。 

                                                          twitter で fusae さんが
 今朝のNHK日曜討論には驚いちゃったよ。甘利経済再生大臣の「原発再稼動しないと、燃料費がかさみ国富が流出してしまう。そして二酸化炭素の増加で地球の温暖化が進む。デング熱の流行はその結果だ」ていう内容のトンデモ発言に司会はスルー。                                                       (引用終り) 

 ここまでくると、 最近の報道も 合点が行く。 大本営発表の情報の一種だったのだろう。 信じていると、 「ウクライナ」 (意味、 わかりますよネ。)になってしまう。 9月3日の Twitter には こんなものもある。

                                                        Jun'ya Suzuki さん 引用
デング熱。今までは「夏風邪」として処理されていたものをウイルスチェックしてみたら実はデング熱でした、というのが正解だろうね、それと、夏風邪で出血熱になって重体に、という話を聞かないように、過度に恐れる必要はないよ、というのが、同僚のウイルス学者の見解です。                                           (引用終り)

 「 夏風邪が流行 」 というのと、 「デング熱」が 流行では、 それも 〇〇で 1人発症 … などと さも重大事件のように 扱われることとを 比べると、 本当に 裏で何か操作されているのではないか、と 疑りたくもなる。 「夏風邪」なら 一度や二度 ひいたこともあろう。 まあ、 さほどの心配は要らない らしい … デング熱が 「ばれた」から オリンピックの 「金メダル予報」に 急に シフトしてきたとの話もある。 

 今日は ほとんど雲も無い 晴天である。 14夜らしいが カエルママさん 紹介の歌は 私には無理なので カラオケはなし (笑) …  これで、 ニャン子太郎さんも 安心して読める (爆)。

 さて、 個人的には 「朝日新聞」は ほとんど購読してこなかったので 良く知らないが、 -- 北海道なら 「北海道新聞」だろうし、 岐阜県では 当時の 「岐阜日々」、 北九州では 「西日本新聞」、 学生の間は 「オブザーバー」だったもので -- 「朝日新聞」が 「慰安婦記事」を 訂正し、撤回したらしいので、 日本中の右翼諸氏が 「熱狂乱舞」しているらしい。 これで、 一切の 「慰安婦が 捏造だった」と 結論付けている。 まあ、 テレビで こんな論調を広めたのは 極右番組 「〇〇委員会」なのであるが、 初めは バラエティかと思い (火星人はいるのか、とか UFOの話題を扱ったりしていたから ) 見ることもあったが …

                                              2014 年 9 月 08 日 ★阿修羅♪ 引用
この絵は正真正銘のスキャンダル。 これが民放TVといえども公共の電波を使って多くの家庭に送られ、 多くの日本人がスキャンダルだ感じるデモクラシー感覚さえなしに、 えへらえへらと笑って見ているというスキャンダル。  これが我が国の現実

   阿修羅 引用
       「安倍総理」と「 櫻井よしこ」が 並んでいる、 これが 現在の日本を良く 象徴している。
> 異常な首相に異常な首相の仲間たち“@hori_shigeki: 日本のテレビ界は異常。安倍総理大臣を筆頭に、政界も異常。……これがどういう場面かを説明したら、世界中が驚き、日本の公共社会を憐れむと共に、決定的に見下げるだろう。⇒ http://t.co/NhgJ8Qu6dL

> 恐ろしい事になった http://t.co/xkXZRj4svt RT日本のテレビ界は異常。安倍…筆頭に、政界も異常。自由主義社会ではあり得ないスタジオ風景。…世界中が驚き、日本の公共社会を憐れ 決定的に見下げるだろう 

> 終わってますね、この国は。

> 安倍政権のメディア利用と宣伝戦略。この方法は、実際に効果を出しているから支持率が下がらないと思います。私達市民が、バカにされているのです。私達が賢くなり愚かなメディア戦略に騙されないことが大切だと思います。

   これだけの癒着は近年珍しい-2-
ここまであからさまに 「政権と癒着」を マスコミが認めたことは無かろう。 この政権後の政権は どうするのだろう。

> もともと「たかじんのそこまで言って委員会」はTV界の異端児だったんですけどね。マスメディアでは言えない(言わない)ことを取り上げる番組だったのが、アンチ民主党の牙城となり、レギュラーだった橋下氏が政界進出したあたりから自民右翼の宣伝番組になった。

> これってマジ? こういうのは法律に触れたりしないんでしょうか?

法律には触れないと思います。 が、まともな自由主義社会では、法律以前に、常識によって、この総理大臣は完全に軽蔑されるし、この番組は一切の信用を失いますよ。

> さっき録画を見ましたが日本共産党広報部からの花輪もありましたよ。どうでもいいけど。

そうですか。公共の電波を使って多少とも政治や社会を扱う番組に天下の公党が花輪を送るのは狂っていますが、内閣総理大臣の場合とはスキャンダルの次元が違います。 共産党の頓珍漢度がハンパないが、それより、「総務大臣・高市早苗」の花輪!総務省はメディア全般を管轄する省ですよ。 そこの新大臣が特定局の特定の番組に花輪贈るとは。   唖然。  加えて、NHK経営委員の百田直樹も。

特定民放局の、政治や社会を話題にする特定番組に、「内閣総理大臣・安倍晋三」の花輪と「総務大臣・高市早苗」〔総務省はTVを含むメディアを管轄〕の花が贈られ、番組のスタジオに麗々しく飾られ、視聴者に向けて放映された由。
                                                                 (引用終り)

 秘密裏にはともかく、 ここまでおおっぴらに (人目や人聞きを気にしないさま) 「マスコミ」と「政権」が 癒着していることを 公表した例は無い。 これでは、 「 (政府を監視する) 第4の権力」などと とてもいえたものではない。 次の政権では 潰すしかない、 そうなってしまう。 彼らが 政府の不利な情報を伝えると期待するのは とても無理な話である。

 国民も 随分と なめられたものだ。 彼らの言質 (げんち) が 大手を振ってまかり通るので、 「カエルママさん」ではないが、 自分の方が 間違っているかのような 錯覚を抱く 昨今である。 「卒論」で 朝日の記事を引用しているのならともかく、 大筋において 誤ってはいないのではないか。 次の記事は 参考になる。 産経が なぜ 今のような 「カルト新聞」になったのかも、 いくらか理解できる。

                                                      2014.09.07. LITERA 引用
 朝日新聞の慰安婦報道の失態で勢いづいている右派・保守陣営だが、中でも、一番大はしゃぎしているのが産経新聞だろう。産経は慰安婦が政治問題化した1990年初頭から、慰安婦の強制連行はなかったと否定し、河野談話や村山談話を批判、慰安婦を記述した教科書を糾弾するキャンペーンを展開してきた。

 さらに同紙の社説にあたる「主張」や月刊オピニオン誌「正論」では、強制連行の否定だけでなく、慰安婦は「民間業者が行っていた商行為」で、「自ら志願した娼婦」。日本軍は従軍慰安婦に「性病予防対策などで関与していた」だけ、「公衆衛生面で関与していた」にすぎないという主張を繰り広げてきた。

 そして今回、朝日が「吉田証言」の間違いを認めた事で、こうした自分たちの主張がすべて正しかったと勝ちどきをあげているのだ。

 97年に結論が出ていた「吉田証言」の虚偽を朝日が今になって認めたというだけで、どうしてそういう結論になるのかさっぱりわからないが、とにかく産経は自信満々で、日本軍に慰安婦の責任はまったくないかのような論調を繰り広げている。

 だが、彼らは自分たちの会社で中興の祖とあおがれている人物が、その「軍は公衆衛生面で関与していただけ」という主張をくつがえすような衝撃的発言をしていたことを知っているのだろうか。

 その人物とは元産経新聞社長で、フジサンケイグループ会議議長だった故・鹿内信隆。鹿内は日経連専務理事からニッポン放送、フジテレビを開局して社長を歴任した後、産経新聞の経営権を握り社長に就任。現在、フジサンケイグループの原形を築き上げた人物だ。その権力と政治力は絶大なものがあり、1990年になくなるまで、事実上のオーナーとして同グループを独裁支配。経営方針だけでなく、現在の同グループのタカ派的な姿勢もすべて鹿内がつくりあげたものだ。

「鹿内さんは産経新聞社長に就任時するや同紙を反共タカ派の拠点にする方針を掲げ、自分にさからうリベラルなスタンスの社員のクビを片っ端から切っていった。800人に及ぶそのリストラの凄まじさは当時、マスコミ界でも“産経残酷物語”といわれたほどです。こういうことがあって、産経は今のゴリゴリの右派一色に染まった訳です。この鹿内さんのDNAはもちろん、現在の経営陣、編集幹部にも引き継がれています」(産経新聞OB) 

  その鹿内は戦中、陸軍経理部に招集されていたのだが、産経新聞社長就任後に桜田武・元日経連会長との対談集『いま明かす戦後秘史』(サンケイ出版/絶版)を出版。陸軍時代の思い出話をこんなふうに語っている。  -- 中略 --         

『いま明かす戦後秘話』-1-
                                         『いま明かす戦後秘史』 コピー  twitter から 転載
 ようするに、保守系メディアはこうした事実を知っていながらそれをネグり、あらかじめ強制連行の定義を「軍が銃剣を慰安婦に直接突きつけて連行した」という非常に狭いものに限定し、それを否定することで、巧妙に情報を誘導してきたのである。朝日が歴史を捏造したというなら、産経をはじめとする保守メディアもまったく同罪なのだ。
 しかも、中曽根首相、今回の鹿内信隆フジサンケイグループ元議長の発言でもうひとつはっきりしたことがある。それは、彼らが従軍慰安婦に対していささかも自責の念を抱いていない事だ。それどころか、まるで笑い話のように、「慰安所をつくってやった」「女の耐久度とか消耗度、それにどこの女がいいとか悪いとかまで決めなきゃならない」と語っている。

 狂気のるつぼだった戦中ならともかく、戦後20年以上たってもこんな発言を嬉々としてできるというのは、そのベースに「女性はセックスのための使い捨ての道具」という差別意識が横たわっているという事に他ならない。そして、このメンタリティは、従軍慰安婦像に紙袋をかぶせるような性差別ギャグを嬉々としてほめたたえる今の右派メディアや嫌韓本、百田尚樹などの右派言論人にもしっかりと引き継がれている。
 
 彼らの姿が今の日本人を代表するものだと思われているとしたら、
          それこそが「日本の恥」ではないか。 
  (引用終り)

スポンサーサイト

COMMENT - 1

かえるママ21  2014, 09. 09 [Tue] 12:45

今日も大変読みごたえありました。
仰る通りですね。
「日本の恥」そう思いました。

リュウマのパパさんの歌も楽しみにしてます。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。