スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府機関紙 「産経」では、 日中首脳会談の あの 「習近平の握手」を 『安倍外交の勝利』と伝える。 日米首脳会談はないが、 米韓、米中の首脳会談が行われることは 何も言及しない姑息さ。

 海外の通信社が 「この握手」を どう伝えるのか 知りたいのだが、 なかなか記事が上がってこない。 日本国内は どこも一様な ニュアンスで 政府発表と大差なく 「両国は対話路線へと一歩を踏み出した。」と伝えている。 さらに 下のニュースにあるように 韓国が 「首脳会談」に応じない点については、 韓国外交の失敗であるかのように 「韓国マスコミ」の報道を引用して伝えている。

 しかし、 ニュースで流れる 「日中首脳会談の握手」の様子を見て、 とても、 下のニュースのような 楽観的な見方は (日本を除き) 世界のどの報道機関もしないのではないか、と私は思っている。

                                                      2014/11/10 J castニュース
日中首脳会談がようやく実現し、両国は対話路線へと一歩を踏み出した。この動きを複雑な思いで見つめているのが韓国だろう。 朴槿恵大統領は、いまだに安倍晋三首相と1対1でのトップ会談を開こうとしない。日中が関係改善の方向へと進み始めたが、韓国マスコミは朴政権の「行き詰まり感」を、焦りを持って伝えた。

  習主席の表情に笑った

中国・北京で行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)には、ホスト国・中国の習近平国家主席はもちろん、安倍首相や朴大統領らが顔をそろえた。安倍首相と習主席は2014年11月10日、約2年ぶりに日中首脳会談を行った。一方、日韓首脳会談の開催は今のところ聞こえてこない。

中国と韓国は安倍政権に対して、「正しい歴史認識」の要求を軸に共闘してきた。1909年に伊藤博文を暗殺した安重根の記念館を中国・ハルビンに開館するよう朴大統領が習主席に要請し、2014年1月にこれが実現。従軍慰安婦問題や安倍首相の靖国神社参拝についても、共に日本批判を続けてきた。 中韓首脳会談は1年間で5回も開かれ、「蜜月ぶり」は明らかだった。

ところが、ここに来て中国が日本との関係改善を目指し、首脳会談を開いた。朴大統領は、米オバマ大統領を交えての日米韓首脳会談を2014年3月に行ったものの、安倍首相との単独会談にはいまだに応じていない。対日強硬路線を貫いてきた2国のうち中国が「降りた」格好だが、それでも韓国はこのまま「歴史問題」における要求が通るまで、態度を軟化させないつもりだろうか。

韓国の主要紙、朝鮮日報日本語電子版は11月10日、社説で「姿の見えない韓国外交」と指摘した。日中が「互いに競争し協力する新たな段階に一歩前進」した半面、日本は韓国に対して首脳会談開催の熱意が冷めてしまったようだとみる。これは韓国政府が、「中国は安倍首相とのトップ会談の要請に簡単には応じないだろう」と都合よく解釈してきたためだと手厳しい。

慰安婦問題は「先に日本が真の反省と謝罪を行うべき」という点に国民は異議を唱えないとしつつも、これをどう実現するかが問題で、現状では「前後が完全に行き詰まり打つ手を失った状態といっても過言ではない」と結論付けた。歴史認識の主張は続けていくべきだが、かと言って日本にそっぽを向き続ける朴政権の対日政策は機能不全と言いたいようだ。                                                            (引用終り)

 安倍総理と 喜んで会ってくれるのは 「プーチン大統領」くらいだろうが、 それとても 「北方領土返還」は 絶対に妥協しないであろう。 ロシアの 「エネルギー」を購入してくれる 「良いお客さん」 として 歓迎しているわけだから … 

 韓国は 「中韓」「米韓」の首脳会談を行う。 中韓首脳会談は すでに行われていて その際の 習近平・中国国家主席は 安倍総理との握手のときとは全く異なり、 笑顔で握手したらしい。 -- その写真は 今のところ見つけられない。-- あれほど 「したくない握手」という表情をすれば、 世界で 「中日間」のわだかまりは 全く解けていないと見られて当然だろう。 外務省などは 「今回は 握手できれば良い」などと ほざいているが、 あれでは 却って 会談が無かったほうがよかったような印象すら持ってしまう。 あんな会談しか設定できないのなら、 外務官僚は クビだろう。

 日本側は 「日米首脳会談」も 要望したらしいが、 「中国」「韓国」とは 開催されるが 日本とは 例によって 時間がとれない … ということらしい。 この点 日本では 全く報道されないのも 全く不思議でならない。 韓国内で、「中国も手を差し出したのに、韓国はなぜこだわるのか」と 日本側からの 圧力がありそうだ、との報道もあるが、 中国の 両国への応対を冷静に見れば、 状況は全く進展していない、 「一歩前進」もない、 といえるのではないのか。

 「中国」も困らない、「日本」も困らないのなら、 この政権中は 中国とは政治的に疎遠であるべきだと思う。 余りに考えが違いすぎる。 韓国も同様である。 日本国内の 「歴史認識」が変わるまで 国交正常化は無理と思う。 安倍総理側からは 「村山談話を踏襲する」 との発言があったらしいが、 誰もそんなことは信じまい。 日頃の言動と余りにも違う。

 政府機関紙 「産経」「読売」のいうように 「安部外交の勝利」なのかどうかは、 後数日すればわかるだろう。 「9条信者」を お花畑とさげすむが、 こんな報道をするほうが 余程 「お花畑」では無いのか。 日本の一般国民は こんな情報ばかりに接しているので、 「日米首脳会談」がもてない意味すら よくわからない。

                                             2014.11.10  ZACZAC (産経新聞系列)
 アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が10日午後、中国・北京で開幕。安倍晋三首相と中国の習近平国家主席による日中首脳会談は同日、約2年半ぶりに実現した。習氏が9日の演説で突然、「すべての隣国と仲良くしたい」と歩み寄りを示した背景には、安倍首相の「対中牽制外交」があり、専門家は「(中国は)アジアでの孤立化を恐れ、折れるしかなかった」と習氏の“完敗”を指摘する。

 日中首脳会談をめぐり中国側は、尖閣諸島や靖国神社参拝をめぐる問題での歩み寄りを開催の“条件”として示してきたが、日本側は一切の譲歩を拒んだ。中国側が土壇場で折れたのは、安倍首相の「対中牽制外交」が奏功した結果といえる。

 「首脳会談開催をめぐり、中国は日本に譲歩を迫ったが効果はなかった。それでも、APEC首脳会議を成功させ国内外に存在感をアピールしたい習主席は、折れるほかなかった。『安倍外交』の勝利だ」

 シャングリラ対話での安倍首相への質疑の時間、中国人出席者から靖国参拝について「日本軍に中国人は殺された。その魂にどう説明するのか」との質問が出た。安倍首相が「国のために戦った方に手を合わせる、冥福を祈るのは世界共通のリーダーの姿勢だ」と答えると、会場から大きな拍手が湧き起こった。

 自国に対する国際社会の冷ややかな視線を目の当たりにした中国は、「日本と敵対しても得るものはないという判断」(石平氏)をせざるを得なかったようだ。                                 (引用終り)

 さて、 どちらの考えが 当たっているのか、 ここ2、3日の 「外電」に 注目しておこう。
スポンサーサイト

COMMENT - 1

あじさい  2014, 11. 12 [Wed] 02:54

国旗のなかった日中首脳会談

中央日報から引用です。LAタイムズも辛口。シェアさせていただきます。

「会談場所も意外だった。人民大会堂というのは格式を備えているが、日中会談は懇談会のようなものだった。通常の公式の首脳会談の場合、双方が両国の国旗が置かれたテーブルを間に置いて一列に向かい合って座って進める。普通、テーブルには花と参席者の名札が置かれる。

しかしこの日の日中首脳会談は、テーブルなしで馬蹄形に配置されたソファに座ったまま行われた。日本側の倍席者も3人に制限された。国旗も特になかった。隔意ない面会や面談で使われる方式だ。習主席が先に待って朴大統領を明るく笑って迎え、テーブルを間に置いて双方の参席者が向かい合って行われた韓中首脳会談とは対照的だ」 引用おわり

http://japanese.joins.com/article/499/192499.html?
servcode=A00§code=A00&cloc=jp|main|inside_left


http://www.latimes.com/world/asia/la-fg-japan-china-xi-abe-beijing-apec-20141110-story.html

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。