スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国での 「日中首脳会談」の報道 (あの会談の意味するものがわかる) を ようやく マスコミも報道を始めた。  【緊急拡散】 総選挙に立ち向かおう。 税率が上がって 約束されたような 何かよいことがあったか。 

 いやはや、 とんだ間違いであった。 APECの首脳会談の写真で、 「中韓首脳会談の写真が 見つからず … 」 と昨日書いたが、 小さく載せた あの写真が それだったようだ。 安倍、習近平の握手の背景が 「青いカーテン」の前だったものだから、 当然 「日本以外」も 青いカーテン前だろうと思って探したが 無いはずだ。 何と 他の国々は 「五星紅旗」と 「相手国の国旗」を並べて 握手したらしい。 

 日本との首脳会談は 日本側の 「尖閣諸島の領有権」 「靖国参拝」の確約がなく -- 右翼勢力は 喜ぶだろうが、-- 「正式のものではない」と、 日本国旗が飾られなかったようだ。 ようやく、 今日のニュースあたりから その点に触れだした。 それでも、 「安倍外交の勝利」、「日本の外交力」を 国民に伝え続けるのだろう。

                                                       TBS系(JNN) 11月11日
 日中首脳会談が2年半ぶりに行われたことは、中国のメディアでも報じられましたが、他の国々の会談との扱いの違いが目立ちました。

 「習近平国家主席は10日、人民大会堂で要請に応じ、APECに出席する日本の安倍首相と会見しました」(中国国営テレビ・10日午後7時)  中国国営テレビは、午後7時の全国ニュースで、日中首脳会談について報じました。しかし、「会談は日本側の要請に応じた『応約会見』だ」とした上で、映像は握手の場面を5秒ほど流すにとどまり、あとはキャスターが両首脳の発言を読み上げるだけの内容でした。

 その一方で、同じく10日、習近平主席と会談した韓国、ベトナムなど5か国については、実際の会談の映像も含めて詳しく報じました。握手の場面では、他の国々はすべて国旗を背にしていましたが、安倍総理の時だけ背景に国旗が無く、扱いの違いが際立っていました。                                            (引用終り)

 この記事では、まだ実情を知ることはできない。 東洋経済あたりまで 踏み込んだ報道が 必要だろう。

                                                     東洋経済  2014年11月11日
 当日夜のCCTV(中国国営中央テレビ)は、習主席と外国要人の会談の様子を延々と報じた。 安倍首相との会談が報じられたのはパプアニューギニアに続く7カ国目数秒間だけ握手の場面が放映されると、画面はすぐ男性アナウンサーが政府発表の会談内容を読み上げる姿に切り替えられた。 中国側がいかに国内の反発をおそれ、今回の会談の扱いに神経質になっているかがうかがえる。それは、日中間の信頼関係がいかに危ういものであるかを如実に示している。           (引用終り)

 中国がホスト国である以上、少なくとも両首脳の立ち話程度はできるというのが基本的な相場観だ。 しかし、正式な首脳会談を開くために中国側は、尖閣諸島をめぐって日中間に領土問題が存在することを日本側が認める、安倍首相が今後、靖国神社を参拝しないことを表明する、という2つを条件にしてきたとされる。 日本も国内の反発を恐れて --安倍首相は それが日本の世論だと思っている。-- この条件を飲まなかったようだ。 それでは 「会談はしない。」と 中国側は一旦 答えたのではないか。

 そこで 同日に谷内正太郎・国家安全保障局長と中国外交のトップである楊潔篪・国務委員(副首相級)が 「あいまい決着」で手を打った。 会談に先立つ7日に 両国政府が発表した4つの合意事項に、そのあたりの事情が反映されている。 その表現は極めてあいまいで、日中双方が自国民に対して「こちらは譲歩していない」と説明できるようにしてある。

しかし、報道が伝えているような「一歩前進」して、 日中の関係が改善していくとは思えない。 国内には 現状を全く理解しない 「右翼」が 政権を支持しており、 中国としては、 日中の経済規模の逆転、13年で見れば 中国の名目GDP(国内総生産)は日本の2倍という 現実がある。 また、中国の輸出や輸入における日本の比重は どんどん低下している。 こうした変化は、中国側が 日本に頼る必要を感じさせない原因ともなっている。 「お花畑報道」 を鵜呑みにしていると、 
  「消費税 5兆円の税収は すべて社会保障に使われます。」
                    などという 政府広報を信じた人々と 同じ結果をもたらすだろう。 

             消費税の引き上げ分
このあと 「ゴルフ場税の廃止」「法人税の減税」と続く。 一体、 税率が上がって 社会保障のどこがよくなったのか。 年金の減額、 社会保険料の値上げ、 物価スライドの廃止 と 国民を狙い撃ちにする政策が続く。
   すべて社会保障に


 急遽 解散のニュースが流れ出した。 これだけ 「痛めつけられても」 自民党ですかね。 まずは、 「自公政権の議席」を 減らすこと。そのためには 一旦どこに投票すればよいのか。 「理想の政権作り」は その後で考えましょう。 

 解散総選挙目前
                                                 今日の物語Aのブログ さんより 借用
スポンサーサイト

COMMENT - 2

ぽんのんの  2014, 11. 12 [Wed] 23:18

すみません。「シェア」のやり方教えてください

とりあえず、掲載します

Edit | Reply | 

リュウマのパパ  2014, 11. 13 [Thu] 17:10

Re: タイトルなし

> すみません。「シェア」のやり方教えてください

お互い相応の年齢ですので、 PCは 苦手です。 四苦八苦でやっており まあ、うまくのせられれば それでいいのではないですか。 ぽんのんの さんでしたら、 わざわざご連絡も不要なくらいです。 ありがとうございました。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。