スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旗色鮮明」にする外交の不利益も考えた 中東外交だったのか。 出来合いレース説すらある 人質ビデオ。  日本の国民生活だけが 没落の一途という 世界の「家計貯蓄率」

 福島原発で 貯水タンクから作業員が落ちて その死亡が確認されたニュースが流れたとき、 原発作業員「ハッピー氏」が 機械に頭部を挟まれて 意識不明になる事故が起きているとも ツィートされていた。 その作業員の方も 亡くなられたのだそうだ。 多分に 「イスラム国 日本人人質事件」のせいもあろうが、 こんなことも ツィートされている。

                                                 ハッピー @Happy11311 · 1月20日
2Fの事故、先ほど作業員の方が亡くなりました。ご冥福をお祈り致します。

                                                 ハッピー @Happy11311 · 1月20日
これから「昔の日本は平和だったよね」なんて事に絶対ならないようにしないと…。集団的自衛権や武器輸出も見直さないと国内の原発だって、いつテロの標的になるかわからないし。

 今度の「総理の中東訪問」は、 日本がはじめて 「旗色を鮮明」にした 外交である。 それまでは 中東に関して 日本は 「深入り」をさけた。 それが、 相手側にとって 「日本は敵ではない。」という 認識を与えていたが、 今度は はっきり 「イスラム国の敵」として 名乗りを上げた。 2億ドルの資金援助を 意気揚々と申し出た。

 そのタイミングに併せるように、 イスラム国が 「人質の殺害予告」のビデオを流した。 もちろん、 いろいろな見方がある。 一般的には 「軽率な外交」として 今回の訪問地の設定を非難するものが多い。 これに対し この政権の不思議な特徴だが 「安倍総理の擁護論調」が 湧き上がってくる。 そして彼等は こんな風に言う。 

 外務省のHPにも、紛争地域、危険エリアに渡航して命の危険に見舞われても 国家はお金では救済しないむね、明記すべきです。  また日の丸や国家否定論者は、こういう時にも海外の日の丸を翻した大使館や領事館に駆け込まぬ覚悟をつけてから、国旗国歌に反対なさい。

 「日の丸」は 単に国のシンボルである。 大使館が 「日の三角」や「日の四角」を掲げていても、 それが「国旗」であるなら そこに駆け込むだろう。 国旗、国歌といっても 彼等は「日の丸」「君が代」のことを言っているのであって、 国旗、国歌をどうするのか、 それを決める権利は 国民にある、という論に対して こういう言い方では全くかみ合わない。

 ましてや 「国旗」「国歌」など 明治以後 ある日突然決まったものだ、ということなど 少し歴史を知っていれば わかるはず。 「水戸黄門」のテレビを見ても どこにも日の丸はないし、 君が代もない (笑)。 これは 国民全体で 決められるものなのだ … そう考える人々がいても おかしくはない。

 「自己責任」という言葉も手垢が付いているかもしれませんが、 そのとおりでしょう。 日本政府が国民の血税を投じて救う必要はないし、また救ってはならないケースだと思います。 テロリズムとの対決を世界に表明した直後、人命第一を口実にお金を出すのはテロへの屈服なのですから。

 今回も「自己責任」を叫ぶ大勢の方がいる。 責任はあるだろう。 それは否定しないが、救ってはならないケースではない。 身代金を支払うことはなくとも、 救う努力を政府関係者はするべきだろう。 身代金目的とは とても思えない。 政府関係者でもない、社会的身分のある者でもないのだから … 国家とは そうあるべきであって、 すくってはならないケースなど 1例もないと思う。

     中村哲氏 「私は九条で守られている…自衛隊来るほうが危険」

 日本は イスラム社会や中東に対して 憲法9条を盾に 煮え切らない姿勢 (アメリカから見れば)を通してきた。 それが、 逆に 現地から見れば、「少なくとも 敵ではない」という認識を植えつけた。 今度は 「旗色鮮明」な外交に 切り替えた。 ひょっとすれば NATOの一員として 「空爆」参加もあるかもしれない。 まさかと思うだろう …

 イスラム国自体が どんなものなのか、 (テレビやマスコミから知らされる以外) 全くわからない。 が、 支配地域は 急速に広がっている。 確かに 新たな領土としているところは 「軍事力」と「恐怖政治」で支配しているかもしれないが、 軍事力の中心は 侵攻地域に移っているはずで 元のところは手薄になる。 そこでの反乱は なぜ起きないのか、 そんなことも全くわからない。

 人によっては、 「サウジアラビア」と「アメリカ」が イスラム国の後ろ盾という人々もいる。 アメリカの空爆も その「情報」が 筒抜けで 空爆前に 「イスラム国幹部」は 避難してしまうという。 「イラク」「シリア」という アメリカにとって 都合の悪い国に 広大な領土を広げていることも そんな観測を生むのだろう。 だから、 今回の人質事件も ビデオの公開 → 世論の硬化 → 斬首 → 世論の硬化 → 戦闘参加 と 後ろで 安倍ブレーンが糸を引いているという説もある。 ビデオの合成といい、 身代金の額といい、 とんでもない「事件」である。

 「中村哲」さんではないが、 「憲法9条」は 利用の仕方では 「日本の地位」を高めてくれる。 右翼の言う 「こんなクソ憲法」とは 思えない捨てがたいところがある。 

 安倍内閣になって、国民が期待したことは

        北方領土が返ってくるかもしれない。               プーチンとの親密外交
        北朝鮮の拉致被害者が 帰ってくるかもしれない。      北朝鮮への強硬姿勢
        中国や韓国が 日本との国交がないことに困って 「跪 ( ひざまづ ) いて」 国交再開を願うかもしれない。
             中国、韓国への強気外交  この場合 政府間交流を 国交として表現

 これらのことが 実現できるとは 今は誰一人思わないだろう。 もう、 (大本営発表の) マスコミすら 何も伝えない。
 唯一残された、 国民が期待するものは 

        景気がよくなって 今より生活が楽になる。
   だけだろう。  それすら もう期待はもてそうにない。

 世界も不景気だから、 貯蓄率は下がっているだろう、 そう思いたいのだが、 マイナスに移行したのは日本くらいのものだが、 これは ニュースとして 伝えられなかった。

           「家計の貯蓄率」

 世界の国々を見ても、 日本の異様さが (黒線) 際立っている。 ルーピーといわれた 「鳩山内閣」のころの方がよかったなど、 笑うに笑えない話である。

      日本が貯蓄大国というのは過去の話



スポンサーサイト

COMMENT - 2

ニャン子太郎  2015, 01. 22 [Thu] 20:40

“罪と罰”

御上(権力)には寛容、
下々(弱者)には厳格。

今の日本人の正義です。

Edit | Reply | 

通りすがりのリカオン  2015, 01. 24 [Sat] 06:01

>御上(権力)には寛容

強い者に何をされてもヘラヘラペコペコ

>下々(弱者)には厳格。

大勢で弱いものイジメするのが大好き

こうですねわかります

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。