スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「身代金の支払いは 本当に世界の物笑いの種か。」を考えようとしたら、 キャメロン首相から 「日本から身代金は支払わないと電話があった」と リークされた。 なんともお粗末な日本外交。  ロシアすら 「首脳外交凍結」を宣言したのに それを伝えないマスコミ。 八方ふさがりになりそうだ

 3日連続となるが、 「イスラム国」の話題を 今日も続けよう。 昨日は これら人質に対して 右翼勢力を中心に 「自己責任論」が 盛んだ、ということを話したが、 日本国民の多くが、 西欧では 個人主義だから 当然 「自己責任」が 問われているだろうと 錯覚しているのではないか。 こんなばかげた論理を リーダーと称する人々が振り回して 平然としていられる国は 「日本」くらいなものだ、とは 思っていないのではないだろうか。

                                              白石草 @hamemen  2015年1月22日
昨日、ドイツ人留学生とフランスに留学していた日本学生の2人とブレストしていたんだけど、彼らによると、フランスでもドイツでも、「自己責任論」というのは日本独特のものということで、日本研究では必ず独立した項目として授業をやるらしい。非常に特異に感じるコンセプトのようです。

                                             がび @gaby6100  2015年1月22日
強姦被害者に「そんな格好でそんな所にいるのが悪い」犯罪者の親に「そんな子供を作ったのが悪い」日本人捕虜に「そんな危ない所に行くのが悪い」というのは、自分以外の「誰か」の責任のみを追求することで集団を浄化しようとする「和風個人主義」なのかもしれません。

                                          無空  @helicopter_muku  2015年1月22日
リバタリアニズムとも全く異なる日本の「自己責任論」の特殊性については、ヨーロッパで結構研究が進んでいるんではないかな。だからBBCでも即座に「人質救出へ世論の突き上げが高まることはないだろう」というコメントが出てくるんじゃないか。

テロ組織に支払われた身代金
                        アルカイダに対する 各国の身代金支払い

 日本で いろいろ聞いていると、いかにも 「世界は身代金の支払いを拒絶している。 そんな要求に応じる日本は 世界の物笑いの種だ … 」 そんな論調が多く見受けられる。 本当に 世界は 「身代金の支払い」を 拒絶しているのか、 アメリカが把握しているだけでも 上の表のように 各国がその場、その場で考えて それに応じている。 日本の知識人は 恣意的 (当然こういうデーターを承知していながら) 過ぎる発言が多い。 全く支払っていないわけではない。 そういう情報も隠さず流すべきだ。 そのため、 国民が適切に判断することができない。

 さて、 今回の「イスラム国」の行為は 非難されるべきだというのは 至極真っ当な意見だと思うが、 「日本の総理の行動が 至極真っ当」かといえば、 そうはいえない。 アメリカの空爆で イスラム国の「戦闘員」が 6000人死んだと アメリカは 発表した。 幹部の50パーセントを殺した、ともいっている。 逆に イスラム社会では それに巻き込まれ 死んだ「子どもや女性」の写真が これでもかというほど ネットにアップされているのだそうだ。 イスラム国の 非道さをいくら訴えても アメリカの非道さの前に それは霞んでしまう。 憎しみの連鎖が また 始まっている。

                                                       2015年1月23日 時事通信
 【ワシントン時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は22日、過激組織「イスラム国」に対する軍事作戦により、イスラム国の戦闘員約6000人が死亡したと報じた。作戦を統括する米中央軍の推計として伝えた。

 中央軍のオースティン司令官は同紙に対し、イスラム国は新たな戦闘員を思うように確保できていないもようだと指摘。また、イスラム国が制圧したイラク第2の都市である北部モスルの奪還作戦を今夏までに開始するため、米軍とイラク政府軍、クルド人治安部隊が準備を進めていると明らかにした。                          (引用終り)

   アメリカの肩代わりをする国
 オバマですら 「会談拒否」のネタニヤフ氏と にこやかに握手し、共闘を約束した。 アメリカの肩代わりをする日本

                                             山本宗補 ‏@asama888  2015年1月20日
ガザのパレスチナ人を無差別に攻撃し、女性や子どもを殺害し続けたイスラエル政府の国旗を背景に、2億ドルは「避難民を救うため食料や医療を提供するための人道支援だ」と述べても、イスラム教徒全般にさえ理解されないのではないか。
                                             直立演人@royterek 2015年1月20日
何よりも、イスラム国向けのメッセージでもある会見でイスラエル国旗を高々と掲げてたのは致命的だったと思う。これによって、単なる「テロとの闘いに屈しない」というメッセージではなく、「イスラエルとともにテロとの闘っていく」というメッセージになってしまったのだから。

                                  ユリイカ(色々、何とかしたい) @yuriKANKYOU · 1月20日
母が「見ててご覧なさい。3日後、政府は最大限手を尽くしたけれど日本人2人の命を助けられなかった…と言い、国民感情は「イスラム国許せない!」となる。こうしてひとつずつ事件を積み重ねて戦争になって行くの。戦争を経験したから経験でわかる。安倍さんは日本の未来に良くない存在。」と言った。


 私がとやかく言う前に 多くの皆さんが 真っ当な意見を述べられている。 そのとおりだと思う。 -- 本当は 長文を書いたのだが 保存をクリックすると 「このページは表示できません。」 … すべてが パー (笑) ちょっと ツイッターで お茶を濁します。 … --

 オバマ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相の間は うまく行っていないらしい。 最も親密な間柄と 世界で認識されている二国であるが 「会談拒否」なのだそうだ。 そこに 日本の首相が訪問し、 しきりと 「協調」を謳いあげている。

 また、 帰国して 「イギリスキャメロン首相」と電話会談をして、 「身代金の支払いは行わないこと」を 日本国内では伝えないのにイギリスから発表されてしまった。 イスラム国への交渉の手段を 自ら放棄したようなものだ。 -- TBSは「日本側では外務省が電話会談の概要を発表しましたが、そうした内容は含まれていません」と報じている。つまり日本政府はこれが公になるのは想定外だったわけで、この程度の危機管理でやってるわけだ。 (晴耕雨読 引用) --

 さらに、 岸田外相が 北方領土についての (安倍政権とその取り巻きの) 日頃の考えを述べた件で ロシアは 首脳交流を以後行わないと宣言した。 もちろん、 国内では そのような報道は無い。 国内では 「違った意味で」報道される。 これでは、 国民は 判断できない。 たまりたまって、 ダム決壊のような動きになって 安倍政権は崩壊するのだろう。

                                                       産経新聞 1月22日 引用
 岸田文雄外相が20日にベルギー・ブリュッセルの講演で、「ウクライナで起きていることも力による現状変更だが、北方領土問題も力による現状変更だ」と述べたことに対し、ロシア外務省は21日、談話を発表し、「軍国主義の日本」こそが第二次大戦前に「多くの国々を占領した」と指摘し、岸田氏の発言は「歴史を逆さまに捉えるものだ」と主張した。

 談話は「日本政府は残念ながら、これまでどおり歴史の教訓を学ぶことを望んでいない」とし、戦後70年の佳節に「許し難い歴史の記憶の崩壊だ」と指摘した

                                                    2015/1/21  日本経済新聞
 【モスクワ=田中孝幸】ロシアのラブロフ外相は21日、モスクワで年頭の記者会見を開いた。年内で調整しているプーチン大統領の訪日について「(実現の)条件は招待だけだ。大統領は(訪日を)原則的に受け入れた」と述べ、日本による対ロ制裁が解除されなくても実現する可能性に含みをもたせた。

 日ロ両国は昨年11月の首脳会談で昨年秋を想定していたプーチン大統領の訪日を仕切り直し、2015年中に実現することで一致した。ただ、その後も大統領訪日を巡る具体的な準備は進んでいない。             (引用終り)

 この記事に対する 現地報道は 次のようなものである。 主文を飛ばし、この後の部分だけを 日経は報じている。
MOSCOW, January 21 (Sputnik) — Mutual visits by Russian and Japanese leaders were suspended because Tokyo had been forced to impose sanctions against Moscow, Russian Foreign Minister Sergei Lavrov said Wednesday.

"It is sad that last year these relations froze, primarily due to the fact that Japan was forced to follow the anti-Russian sanctions, although perhaps not in such an aggressive form, like some other members of the Western world," Lavrov said at a press conference in Moscow.

                                                     2015年01月23日 共同通信
 【ワシントン共同】米国家安全保障会議のミーハン報道官は22日、共和党のベイナー下院議長がイスラエルのネタニヤフ首相にイラン核問題について議会演説を要請したことに関し、オバマ大統領はネタニヤフ氏と訪米中の会談に応じない意向だと表明した。米メディアが22日報じた。

 米国の最も緊密な国の一つであるイスラエルの首相が訪米時に、米大統領が会談を拒否すれば極めて異例イラン核問題への対応などをめぐり意見が食い違い、ぎくしゃくしているオバマ、ネタニヤフ両氏の関係がさらに悪化する恐れもある。                       (引用終り)

 さて、 最後に 「イスラム諸国」で 今回の外遊は どのように受け取られているか、 以前 トルコに住んでいたという 黒田さんが 次のようにツイートしている。 しかし、 「拳銃を持ってシリアに入国するには、 日本政府の許可がいる」という点は 今後も話題になるだろう。

                                        S ・Kuroda @kuroda06sayuri 2015年1月22日
今回、安倍ちゃんは26社の軍事関連企業の幹部を引き連れて中東へ乗り込んだよ。連日この幹部達はイスラエルで商談をしていた、このことは地元紙やサウジ紙で報道されているね。こんな実情を隠して、「人道支援」という報道は日本だけだよ今回の訪問はまさに中東での戦争参加の表明だね。


                                        S ・Kuroda @kuroda06sayuri 2015年1月22日
欧州・中東のメディアの電子版をざっくり読んだ。安倍ちゃんの外遊を「人道支援」と記しているのは1社のみ、10社以上は「軍事商訪」「挑発外交」「銃と金融セールス」stc.‥と記しているよ。


                                        S ・Kuroda @kuroda06sayuri 2015年1月21日
私はトルコでも暮らしていた。トルコからシリアへ銃を持って入国できるのは (日本) 政府関係の許可証が必要だよ。トルコは外国人に対して日本よりもはるかに厳しいチェックがホテルでも道路・駅・空港でされているよ。



スポンサーサイト

COMMENT - 1

リュウマのパパ  2015, 01. 24 [Sat] 10:59

Re: タイトルなし

> >長文を書いたのだが 保存をクリックすると 「このページは表示できません。」 … すべてが パー 

なるほど、 そういうやりかたがあるのですね。 参考にします。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。