スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慰安婦像」訴訟者へ わが国の総領事館幹部を通じて緊密に連携を とることは 正しいのか。  産経が伝えない 「原告の正体」

 NHKの ニュースに対する評判は 最近地に落ちている。 『わが国政府 (安倍政権) の立場やこれまでの取り組みと全く相いれないもの』 は どうも報道すらしないようである。 政府から 対立意見があるときは 「中立性」をもって報じるようにいわれ、 敢えて報じた場合は、 いずれかの側から 「中立でない」と指摘を受けるだろうから 初めから 放棄して報道しないのだろう。 今は政治に関与したくない、 が本音かもしれない。 ならばいっその事、 政治に関するニュースはいっさい流さないほうがよいかも知れぬ。 「時代劇チャンネル」にでも模様替えするしかあるまい。

                                                  深町秋生 @ash0966 · 2月24日
NHK9時のニュース、「運動会」→「日本企業の薬がエボラ出血熱を」→「中一殺人」→「広告最新事情」→「原発水漏れ」→「ウクライナ情勢」→「19年前の女子大生殺人が未解決」という流れ。30分経過したが永田町も官邸のニュースもまったくでてこない。昨日、大臣変わったんだぜ……。けっきょく40分経って、「その他ニュース」みたいな枠で、1分くらい放送されて終わった。NHK9時ニュースをじっくり見て、報道ランキング61位の実力を思い知った感じ。今さらだけど、腰が抜けた。


                                                 小田嶋隆 @tako_ashi · 2月24日
オレも、NHKのニュースウォッチ9見ようとして、トップが「UNDOKAI」の話だったんであきれてチャンネル替えた。おかげでBSテレ朝の素敵な紀行番組を見た。竹富島良かった。
                                               ナスカの痴情ェ @synfunk · 2月24日
「世界へ輸出 日本の“UNDOUKAI”」がトップニュースであるNHKは気が狂っているとしか思えない。


                                                         赤い豚 @cochonrouge
日本人すごい! 何がすごいって、臆面もなく 自らすごいって言えるとこだよ


 大分大勢の人が NHKのニュースのおかしさに 気がついてきだした。 「日本マンセー」も初めのころは 「そうだよな」と 同意していたものだが、 これだけやられると、赤い豚サンではないが、 いい加減飽きてくる。これに 「右翼」が絡んできて、 「中国」と「朝鮮」を さげすむ。 いい加減にしろ、といいたくなる。

 こんな中、 NHKは「菅官房長官」の談話として こんなニュースを伝えた。 立場によって 「慰安婦像」への認識は違うだろうが、 このニュースだけからなら この異様性はわかるまい。 まず、 NHKのニュースから見てみよう。

                                                             2月25日  NHK
菅官房長官は午前の記者会見で、アメリカに住む日本人らが、いわゆる従軍慰安婦の問題を象徴する銅像の撤去を裁判で求めていることについて、「像の設置はわが国の立場と相いれない」として、原告の関係者らと緊密に連携を取って対応していることを明らかにしました。

                慰安婦像相いれず原告と連携

この中で、菅官房長官は、アメリカ・ロサンゼルス近郊の市に住む日本人らが、公園に設置された、いわゆる従軍慰安婦の問題を象徴する銅像を撤去するよう裁判で求めていることについて、「政府として個別具体的なコメントは控えるべきだと思うが、慰安婦像などの設置は、わが国政府の立場やこれまでの取り組みと全く相いれないものであり、極めて残念なことと受け止めている」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「アメリカは多様な民族、文化的バックグラウンドを持った住民が平和と調和のなかで共生する社会になっており、そういうなかで慰安婦を巡るような出身国によって意見の全く異なる案件を持ち込むことは適切でない。原告の関係者を含む在留邦人とは、わが国の総領事館幹部を通じて緊密に連携を取っている」と述べました。
                                                                 (引用終り)

 この訴訟に関して 前回 2つの新聞記事を紹介した。 記憶に残られている方があるかもしれない。 「産経新聞」は 例によって 「一般の日本人」のように この訴訟を起こした 目良浩一氏を紹介しているが 彼は 生粋の右翼である。 
「日本再生研究会(南カリフォルニア) 」と称する事実上の極右団体の理事長が目良浩一氏であり、彼らは「マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人」という極右プロパガンダ本を出版している活動家である。 同書は桜井よしこ氏が推薦をしている、という事は 安倍内閣の考えを実行しているのだろう。

                                                          2015.2.24  産経新聞
       「米国に正義はないのか」米慰安婦像撤去訴訟敗訴の原告抗議文
 米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像の撤去を在米日本人らが市に求めた訴訟で、ロサンゼルスの州裁判所が23日に、原告の訴えを事実上退ける方針を明らかにしたことを受け、原告の1人、米国在住の目良浩一氏が「米国に正義はあるのか:グレンデール市に対する訴訟から」と題する抗議文を産経新聞に寄せた。       (引用終り)

                                                    2014年6月4日  日経ビジネス
        慰安婦像の撤去を求める米裁判に黄信号
           原告は四面楚歌、アジア系法曹界が挙って提訴に反対

 カリフォルニア州グレンデールに設置された従軍慰安婦像撤去を求めて在米邦人団体が提訴したのは今年2月20日。連邦地裁中央カリフォルニア支部はこれを受理したものの5月30日現在、公判日程は決まっていない。にもかかわらず、原告である「歴史の真実を求める世界連合会」(=GAHT、代表は目良浩一 元南カリフォルニア大学教授)は既に四面楚歌の状況に陥っている。 -- 日系を含む アジア太平洋地域の人々から 反対されている。 --   (引用終り)


 さて、 この訴訟費用は 話によると 「6億円」なのだという。 何も知らない 「心情右翼」を騙して 「尖閣の募金」のように集めているのか、 また、逆に「田母神閣下の選挙資金」のように 相手が勝手に贈ってくるのか知らぬが、 たいした金額である。 (余りに高額だから) 政府から 機密費の一部が流れている、などという話もあるが そこのところはわからない。

 ただ、「産経」は伝えていないが、 この訴訟は SLAPP訴訟だということで、 門前払いを喰らったのである。 SLAPP訴訟の概念は 日本にはないが 経済力のない一般市民を相手に 「大企業」や「団体」が 嫌がらせでする 訴訟のことを言う。 普通に考えれば この裁判の逆のようなものを想定したものだ。 

 アメリカは 財政赤字が大きい。 各地方自治体も 厳しい予算でやりくりしている。 そこに「日本の右翼」が 目をつけた。 この訴訟で勝たぬとも 裁判を長引かせ その費用が多額になるとわかれば 他の自治体は 「慰安婦像」を建てぬようになるだろうと … そういう 卑劣な行為だと思われている。

                               minourat  1976年より在米、 学位習得後大学教官を経て退職
 米国の弁護士たちは、この裁判でGAHT (原告である「歴史の真実を求める世界連合会」(=GAHT) が勝訴する可能性はないけれど、グレンデール市に多額の裁判費用を払わせることにより、他の市に同様なことをさせない、つまり憲法で保障された表現の自由を制限するための「胸糞の悪い悪質な」SLAPP訴訟だといった議論をしています。

SLAPP訴訟というのは、敗訴するとわかっていても裁判を長引かせることによって、資金力の弱い相手を痛めつける訴訟です。

米国の地方公共団体は、実効のある外交行為は禁止されているけれど、外交についての表現は自由だそうです。実際、トルコとの外交問題となっている、アルメニア人虐殺の記念碑は米国にいくつかあります。また、何十というホロコースト博物館があります。

グレンデール市のこの訴訟に関する3月1日の公聴会では、日系人2人を含む全員が慰安婦像の設置を支持する発言をしました。また、市の顧問弁護士は、グレンデール市による慰安婦像の設置は、「外交への越権介入」でないと断言し、議員の一人は、原告は米国人でありながら米国憲法を知らないのかといいました。

グレンデール市の慰安婦像は「在米邦人や日系人に対する誤解と偏見を生みだし、学校でのイジメを起こし、生活の安全まで脅かされていると」日本では騒がれています。

しかし、公聴会では、グレンデールに住む日系人が、そのようなことは自分は知らないし、他の参加者に知っている人はいるかとたずねましたが、誰も知っているとはいいませんでした。そこで、彼は、もし本当なら、市はこの問題に対処しなければならないし、そうでなければ悪質なデマだと述べました。もし本当なら、直ちに、グレンデール市に連絡してください。                                                                (引用終り)                 

スポンサーサイト

COMMENT - 1

通りすがりのリカオン  2015, 03. 07 [Sat] 08:49

アメリカ司法が真っ当な判断をしたことを嬉しく思います
この原告達がやってることは日本を貶めてるのにそれでも「連携」していくのだろうか?ねえ官房長官さん
安倍政権を見てるとネトウヨ理論が世界でも通用するって思ってるのかしら?と感じる
少なくとも一次政権の時はこんなではなかったと思う、ちゃんと慰安婦に謝罪もしたし(何故かアメリカ大統領にだが)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。