スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民は 明日から仕事をやめて 株にのめりこんだほうがいい。 国民年金だけでなく、 共済 簡保 郵貯 日銀 のすべてを使って株価を操作。  政治家も 「マネーロンダリング (?)できる 」  もう分け分かりません。

                                            お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々 さん引用
こういう情報は、テレビではあまり流されないし、国民にはよく理解されない。それだけに怖い。いつまでも買い支えられるわけではないしね。 支えられなかったら株価は下がるし、そうなって売ったら結果は「大損」 こんな博打みたいな方法を、国がやるというのは「完全」に間違ってますよ。

クジラたちが買い支えしていたんです

                                                  テレビ朝日系(ANN) 3月13日(金)
 1万9000円台に本格的に突入した平均株価ですが、これまでのアベノミクス相場では、円が安くなれば歩調を合わせるように株高になりました。しかし、今年に入ってから、為替相場とは関係なく株高の局面が続いています。海外投資家に加えて、国内では年金資金を扱うGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、日銀など公的マネーが買い支えているからです。

 (経済部・新谷時子記者報告)
 平均株価は13日も大きく値上がりし、午前の終値もほぼ15年ぶりの高値となる1万9200円台まで上昇しています。今年1月から2カ月間の東証1部の売買代金では、株取引の7割を占める海外投資家は差し引き約7000億円の売り越しでした。一方、それに代わって買い支えたのは、137兆円の資産を持つGPIFなどの年金マネーです。それらを含む信託銀行が約8000億円の買い越しでした。また、株価が下がれば日銀が株価に連動する金融商品を買い入れるなど、公的マネーが存在感を増しています。こうした国内での下支えを見て、海外勢が今月に入って再び買いを強め、株価を押し上げていて、株価と為替との連動性は薄れるという構図となっています。ただ、いわゆる「官製相場」に副作用はないのか懸念も出ています。.                                                (引用終り)

 株価が 新たな段階に入ったのは ご承知と思う。 先に 「国民年金積立金」を 日本株にぶち込むことで 18000円はいくだろうと 予想したが、 それだけでは持ちそうに無いと思ったのかどうか知らないが、 公務員共済などのあらゆる年金、 郵貯、 簡保なども 国内株式を買うのだそうだ。 その原資は 各所が保有していた 「日本国債」。 それを 無尽蔵に 日銀が買い受ける。 こうして作った余裕資金が 株式市場に どっと入ってきた。

 こうなれば、 しばらくは 「値上がり」しかないわけで、 金のない国民は 「指をくわえてみている」だけだが、 少しでも金があれば、 政府が 『 「リスクなし」で 儲けてください、』 というのだから こんなおいしい話に乗らない手はない。 と言っても、 すべての株が 連日値上がりするわけではない。 下がるものもある、 では何が安全に儲かるのだろうか。 と、 考えてみた。

 国家ぐるみの 「インサイダー取引」であるのだから、 国務大臣が所有している株は 値を下げることはなかろう。 と 勝手に考えて、 その関連を書くことにしよう。

 第3次安倍内閣   ▽安倍総理大臣           6銘柄、    5万8000株
              ▽麻生副総理兼財務大臣    16銘柄、   32万5000株
              ▽高市総務大臣            なし
              ▽上川法務大臣           1銘柄、         21株
              ▽岸田外務大臣            なし
              ▽下村文部科学大臣         なし
              ▽塩崎厚生労働大臣       26銘柄、    8万9000株
              ▽西川農林水産大臣        1銘柄、         26株
              ▽宮沢経済産業大臣       15銘柄、    3万6000株
              ▽太田国土交通大臣         なし
              ▽望月環境大臣            なし
              ▽中谷防衛大臣           4銘柄、    1万3000株
              ▽菅官房長官              なし
              ▽竹下復興大臣           6銘柄、   72万    株
              ▽甘利経済再生担当大臣     4銘柄、       2400株
              ▽石破地方創生担当大臣     7銘柄、    5万6000株          出典   NHK

 この銘柄が何であるか、 NHKではわからないので、 そこは 困ったときの「赤旗」かな。 といっても それほど詳しくはないが、 この機に及んでいたし方がない。 最近のデーターはないが 2014/11/14 くらいで見てみると … 

             塩崎恭久厚生労働相      武田薬品工業、新日鉄住金、帝人、全日空、東京電力など
             竹下亘復興相          「福田組」、トヨタ自動車、三菱倉庫など
             山谷えり子国家公安委員長  三菱電機、三菱商事、住友不動産、富士通、関西電力

 と まあ、 これくらいしか分からぬ。 それでも この辺を買っておけば それほど間違いはないのかも知れぬ。 他人事なので適当だが … 発展途上国ならいざ知らず、 先進国で こんな事やっている国は 他にあるのだろうか …

 なに、 日本は 「先進国」では なかったのか …

 そういえば 総理の国会答弁を聞いていても 先進国とは とても思えないものナァ


>安倍「テレビの前で堂々と言ってるんだから圧力じゃないですよ。よろしいですか!?
>    だいたい文句があるならその時反論すれば良いんですよ!
>    どうせ私に論破されるのが怖くて何も言えなかったんじゃないですか?
>    もしくは権力を恐れて何も言い返せないならそれはテレビ局の人間が臆病なだけです(笑)
>    だいたい私が何言おうとそれは言論の自由です。」

 このせりふには 次のような脚注がついていました。

      お前らが勝手に ワシらを 怖がってるだけやろ?    ワシら なんも怖ないがな?
      君ら臆病すぎるんちゃうか?   という意味だそうです。

 こんな答弁もありました。

 安倍 「民主党政権は信頼できなかったから国会承認が必要ということ。
      我々はしっかりやっているから (国会承認は) 必要ない」       まあ、 何と素晴らしい答弁でしょう。

 これを聞いている 野党も 国民も もう私の理解を超える 「宇宙人」です。  鳩山さんだけではありません。

スポンサーサイト

COMMENT - 1

竹林泉水  2015, 03. 15 [Sun] 13:32

そらー株を持っていたらら、その配当を沢山もらえるように、投資先の会社が儲けるような政策を考えて打ち出そうするだろう。
国会議員になると、特に閣僚ポストに就いた人は、持っている株の配当は全額国庫に納めるような制度にしたら少しはましになるかもしれない。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。