スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンネル桜に出演し 「基地反対派」の発言を 「ヘイトスピーチ」とした 米軍エルドリッジ政務外交部次長が 解任される。 「表向き」は 監視カメラの映像の流出の責任としているが…

 この記事の通りなら まことに歓迎すべきことだ。  「チャンネル桜」に出演すること自体に 問題があると米国政府が考えるなら、 安倍内閣の閣僚の多くが 『極右認定』されるのだし、問題があることになる。 「チャンネル桜」で 長谷川三千子 (NHK経営委員)のように 「日本国憲法は 恐ろしい概念で造られている。」「国民主権は 最も危険な思想で、 いったん天皇にそれらを返還すべし」のような発言を得々としている 今の政権の賛同者たちも ついでに更迭してくれるとよいのだが …
                                                    Feb 16, 2015   Japan times
  In appearance on far-right TV, U.S. official calls
      Okinawa base protests ‘hate speech’


                                                              by Jon Mitchell
In an appearance on a Japanese rightist TV network last month, a senior official with the U.S. military branded anti-base demonstrations in Okinawa as “hate speech.”

     チャンネル桜に自ら出演

Robert Eldridge, deputy assistant chief of staff of government and external affairs for the U.S. Marine Corps, made the comments in Japanese during a show on the Okinawa branch of Channel Sakura on Jan. 8. While discussing what he called the unpleasant experiences encountered by some Americans in Okinawa, he explained to the presenter, “As you know, near Futenma there are people (committing) many kinds of hate speech.”


 沖縄の 新基地建設反対運動は 「内地」での報道量が 極端に少ない。 報道管制がかかっているようなもので コメントしずらかった。 山城博治氏が 拘束されたときには いくらか報道されたのだろうが、 地元以外はほとんど話題にもならない。 ネットで 「反対運動の方」のツイートを見て いくらか実情がわかるくらいである。 その「ツイート」の中に 「チャンネル桜のクルマは 基地内に自由に出入りできる」、というものがあった。 日本政府との関係かと思ったが、 何と 米軍幹部が 「チャンネル桜」の御ひいきだったのだ。 「チャンネル桜」の番組内で 反対派の住民が 「ヘイトスピーチ」をしていると 主張している。 また、 基地内の防犯カメラ映像を 彼らに内密に渡したのだそうだ。

                                                    沖縄タイムス 2015年3月20日
 沖縄平和運動センターの山城博治議長が2月22日、米軍キャンプ・シュワブ内に侵入したとして米軍に拘束された場面が動画投稿サイトで公開された問題で、動画の流出元が在沖米海兵隊のロバート・エルドリッジ政務外交部次長だったことが分かった。19日、政府関係者が明らかにした。

 政府関係者によると、エルドリッジ氏は流出の責任を問われ更迭された。これまで、海兵隊報道部は本紙の取材に「(流出した者は)内部処分を既に取った」と説明しているが、国防総省の規則で個人名の公表などを禁じているため詳細は明らかにしていない。映像には抗議活動をする山城議長や、取材する記者らが映っており動画サイト「ユーチューブ」に投稿された。                                                      (引用終り)

     新基地阻止 21日
             新基地阻止の運動は 連日 多くの沖縄県民が参加して行われている。
   
 ロバート・エルドリッジ政務外交部次長は 本国でも 問題があると見ていたらしい。 この件だけでの更迭とは思えない。 これは、 あまり書かれていないのだが、 「極右支持」の思想の持ち主ではないかと思われる。 というのも、 世界日報 -- どうして「右翼勢力」は こういうたいそうな名前をつけたがるのか知らぬが … -- の 創刊40周年にお祝いの原稿を載せている。 まあ、 「左翼」に味方する必要はないにしても、 極端に偏った政治勢力とは 表向き関係するのは避けるのが一般的だろう。

                                                         世界日報 2015/1/02
 世界日報創刊40周年おめでとうございます。御社と読者のますますの発展を祈願します。
 この場を借りて、米国海兵隊が偉大な同盟国である日本の友人・隣人に報告できる機会を与えていただいたことに感謝いたします。
ロバート・エルドリッジ
       どうも 「お友達」が 一定方向の方ばかりのようなエルドリッジ氏なのだが …  世界日報
 何十年もの間、私どもは自然災害や自由・民主主義を脅かすさまざまな脅威に直面してきました。日米安全保障条約は、効果的な抑止力の礎となり、長きにわたる平和と相互繁栄の構築を可能にしました。在日米海兵隊は即応体制を備えており平和を妨げるどのような危機にも対応する用意ができています。                 (引用終り)

 まあ、 それでも 東京で「安倍退陣要求」のデモが それなりの大きさで行われたことは グッドニュースだろう。

国会包囲と請願デモへ-1-
                       忙しい中 参加された方々に 感謝します。

スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。