スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪  真田山陸軍墓地にみる 「戦没者の慰霊の仕方」は 靖国神社より まだ「まし」な方法である。

 靖国神社のあり方について話すと 必ず 「国のために死んだ人々」を 祀るのは 日本人として当然だ、というような 論調の方が湧いてくる。 台湾から来て テレビで そんなことを叫ぶ 「おばあさん」もいる。 どんなに偉い人も、 一兵卒も 平等に祀っているなどと 言う人もいるが …  本当にそうだろうか。

 大阪に 真田山陸軍墓地というのが ある。 「大阪市内で戦争と平和を考える」さんが 次のように その墓地についてレポートしている。

                                         大阪市内で戦争と平和を考える (佐藤泰正) 引用
 ミニ・オベリスクが一面に整然と並んでいる。印象的といったらよいのか、無気味といったらよいのか。私が始めてここを訪れたのは今から40年程前。今のように木々が茂っておらず、全面見回せ、奇怪な感を持ったのを憶えている。

 この墓地についていろいろと調べた。この墓地のまん中にあるこの墓地を守ってくださっているのであろうおばさんに尋ねたところ、 「戦争に負けたやろ、兵隊さんが(書類を)燃やしてしまいはった。この建物(納骨堂)にはお骨がぎっしりや。墓もなんぼあんのか、知らんワ」 という調子。

 自衛隊に問い合わせてもわからない。ピース大阪にたずねても資料を持ってないとのこと。西成図書館でみつけた「大阪と八連隊-大阪師団抄史」(関係者が思い出の文をのせたものだが)にお二人の方がこの墓地について書いておられ、それから推察すると次のようである。

墓碑の総数は5299基以上
 ※ 注 墓碑の総数は5299基以上、 日清、日露戦争のころは このように個人個人の墓石が立てられていたが、 第二次大戦の末期になると、 あまりの人数で敷地が足りなくなり 合同葬になっていく。 遺骨を収集することもできず、 遺髪や少量の土などが入った 骨壷がぎっしり並ぶ。 なお、「佐藤氏」は 生兵とは何かわからないと書かれて いるが、 入営して半年間は生兵(せいへい)と呼ばれたので訓練途上に死んだ兵のことだと思われる。 兵隊になる
ことが「つらかった」のではないだろうか。



 真田山陸軍墓地は昔、真田幸村が大坂の陣の時に大坂城の出丸として陣地をつくり、徳川の大軍を迎え撃った古戦場跡に西南戦争、日清、日露戦争から、この太平洋戦争に至るまでの戦没者将兵を埋葬したり、お骨を預かっている。 この墓地の霊堂(納骨堂)の遺骨は約4万3000余柱、墓標は4800柱と清国とドイツ戦病没者10柱が建立されている。  終戦までは陸軍の管理に属し、衛兵が配置されて、遺族または特別な関係者だけが出入りを許されるほど、管理が厳重であり、整備も清掃も行き届いて荘厳であったとのことである。

 戦後は新憲法により、国家が祭祀や維持をすることができなくなり、そのため、納骨堂は修復されず米軍の焼夷弾で穴があいたままで、雨漏りがひどく、骨壺がならぶ棚のあたりはネズミが走っている有様だった。一方、墓石は倒れたままで、昔の聖地の面影は全くなく荒廃しきっていた。(下見に来たときに花の世話をしている人に聞くと、戦後墓石はほとんど倒されていて、今見るのは後に整備したとのことだった。)

 その上、夜盗の集合所みたいになり、治安が悪く自由参拝する遺族さえも近寄れないばかりでなく、近所の住民もその無軌道ぶりに困ったということである。

  この墓地へは北側の宰相山公園(高射砲陣地の跡だと言われている)の間の坂道を上るのだが、入ってすぐ左側の一群の墓は日清戦争の頃の主として民間人の墓地である。軍役人夫、馬丁、軍役石工、職工、陸軍看護人、酒保請負人、通信員、小蒸気船乗員、台湾鹿港兵站倉庫付雇員、陸軍省雇員、○○丸舵取、○○丸火夫、○○丸水夫など亡くなった時、どのような仕事をしていたのかがよくわかる。

 一番多いのが軍役夫である。軍役夫とは、兵器、食料などを戦地で運ぶのに、一般の人を当時としては高給で雇った。仕事場はもちろん中国大陸であったため、武器を持たせた。高給のため、かなりのならず者的な人が雇われ、現地の中国人とのトラブルも絶えなかったとのことである。(日露戦争以後は廃止された)    --  中略  --

 この墓地について、もう一つ重要なことは昭和10年代に入り、大陸への侵略が拡大した時代には労働組合などに「真田山陸軍墓地参拝」が強制され、「聖戦」遂行のため精神的支柱として軍部に最大限利用されたことである。 やがてこれらの労働組合も順次つぶされ「産業報国会」にくりこまれていく。 この墓地は繰り返されてはならぬ歴史の教訓的な「史跡」といえる。                                              (引用終り)
 
 ここ何年かは 「愛国ブーム」で この陸軍墓地も以前と違って知られてきて、「大阪市内で戦争と平和を考える」さんのような 繰り返されてはならぬ歴史の教訓という平和主義的な利用よりも、 「英霊信仰」のような利用のされ方が 多くなっている。 まあ、 靖国神社とは違って、 戦いそのもので死んだ兵士だけではなく、 車夫や役夫、生兵、 訓練中の事故死などの人々も祀ってある こちらの方が まだ 慰霊碑に近い。 さらに付け加えるならば 「戦火に巻き込まれて命をなくした一般国民」まで 広く祀った慰霊施設を作ることが一番ではないかと思っている。

 もし本気で 「安倍総理」が日頃 口にするような 「平和を願う」なら、 靖国神社ではなく こういう場所に参拝すべきなのではないだろうか。

スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。