スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書が 危ない。 真実よりも 日本に誇り、自信を持たせる、を優先しているのではないのか、 特定勢力の教科書作りは問題が大きい。

 安倍内閣は 「政府」として やってはならないこと、 教育への介入と 報道への介入に熱心な とても「前近代的」な 内閣である。 さらに 自分たちの過ちを決して認めようともしない習癖がある。 先に ゴミ箱に移動しますか、という画像を紹介したくらいに、我々にとって 役立ちそうに無い内閣である。  今日は 中学校用教科書検定のニュースがあったが、 教科書が この内閣によって 様変わりしつつある現状を報告したいと思う。

                                                 国立国会図書館 のホームページには
 平成26年11月末現在、道徳は国語や算数のような「教科」となっていないため、検定教科書はありません。 小学校や中学校の道徳の授業では、文部科学省や地方公共団体、出版社から発行されている「副読本」が使用されています。 と書かれているが、 実際は 文部科学省が発行している副読本が 大半の学校で使用されている。 その中に 「江戸しぐさ」なるものが 記述されており、 これに基づいて 「小学校」では史実として教えられている。 

江戸しぐさ 小学校道徳
                     文科省発行 私たちの道徳 5・6年(54ページ~71ページ)

 もし、 教科書にこのように書かれていて、 これを史実だと思わない小学生が居たとするなら、 そのほうが問題になる記述である。 これについて 文科省の教育課程課・美濃亮課長補佐は 「道徳教材はNPO法人の主張を参考にしていない。江戸しぐさが歴史的な事実だとは言っていない」と強弁する。 どう読んだらそうなるのか、 日本の教科書は 文末に一々 これは史実である、と書いていないものは 適当なのか、 そうとしか思えない。 

 最初に提唱したのは企業コンサルタント芝三光氏という人物で、70年代半ばに「江戸の良さを見直す会」をつくった。 芝氏は1980年前後から 「江戸しぐさ」 という言葉を使い始めたという。 文科省の道徳教材で描かれる江戸しぐさは、芝氏の「研究」に沿っている。自治体の講座では、NPO法人の関係者が講師を務めるケースが多い。道徳教材の編集は、文科省の有識者会議の下に設置された作業部会の小学校高学年用チームが担当した。 

 主査を務めた馬場喜久雄・元総合初等教育研究所室長は「NPO法人江戸しぐさのホームページなどを参考にした」と証言する。では、芝氏らの「研究」は信頼できるのか。 江戸しぐさの存在を裏付ける史料はない。 江戸時代の 「浮世絵」にも、 そのような風景は描かれていない。 江戸しぐさは江戸商人の間で語り継がれた「口伝」だという 彼らの主張はまことにいい加減なものだ。

 なぜ、 芝氏より以前に これを主張する者がいなかったかというと、 幕末・明治維新期に 薩摩・長州勢力による「江戸っ子狩り」が行われ、町人が各地に逃げ隠れた。 だから伝統が途絶えてしまったのだと言う。 『江戸しぐさの正体』(星海社新書)の原田実氏は「江戸っ子狩りとは、薩長の子孫からすればぬれぎぬもいいところだ。あり得ないとし、そこに書かれていることを、 江戸時代の風俗から ほとんど でたらめだと結論ずけている。

 なぜ検証ないまま拡散したのか⁉︎ 「芝氏から伝え聞いたこと以外に客観的な証拠がないゆえに、一定の説得力が出てくる。 未確認飛行物体(UFO)を信じるカルトや 一部偽史とも類似する構造だ」 「日本の歴史や伝統を過剰に賛美する書籍やテレビ番組が氾濫するなど、自国の伝統を褒められたいと願う欲望が渦巻いている。文科省が歴史的な事実をろくに調べずに道徳教材で江戸しぐさの記述を許した背景には、日本の伝統のように見えれば何でも良いという軽率な考えあったのではないか」。 

 皇国史観が たった一人の高校教師 名越二荒之助が書いた 『大東亜戦争を見直そう』が 出発点であることも 同じであると思える。 -- ネトウヨの 各国著名人の「大日本帝国賛美の発言」は 大半がこの本の引用である。 -- 

     江戸しぐさ

 今回は 「中学校教科書」の検定結果が ニュースになっている。 その中に 「育鵬社」の 『新しいみんなの公民』には 上のように 「江戸しぐさ」が 書かれている。 コラムの記述は、江戸しぐさという名称自体は最近のものというが、しぐさの名称と絵付きの説明がある。

 この記述が教科書検定を通ったことが驚きである。 教科書検定は検閲であり、そのような言論の制限には高度の公正性が求められる。江戸しぐさのような、道徳的価値のために事実をねじ曲げる動きを、提唱者の言い分をほぼ丸呑みする形で教科書に載せることを許すことは、検定制度の信用低下につながりかねない。

 江戸しぐさは【単なるマナーではなく、人を思いやり、ともに暮らしていこうという生き方の知恵】というものだが、些細な道徳的価値を称揚する言葉としては大げさすぎる。 生活の隅々まで知恵をめぐらす日本民族とか、日本国民のように、 日本人の優位性と結び付けられる恐れのある言葉である。

育鵬社公民0

 特に 「育鵬社」の教科書の執筆人、推薦人 (金美齢、 櫻井よしこ、渡部昇一とくれば 何おか言わんやである。) として載っている顔ぶれがすごい。 どこぞのテレビ局の番組 (〇〇委員会) の コメンテーターと紹介しても 皆さん納得するだろうメンバーである。 また「育鵬社」の バックは 「フジ、産経グループ」であり 必ず フジテレビの「ロゴ」が入っている。 ご家族で 小中学生をお持ちなら 社会科の教科書を そっと覗いて見られるとよい。 -- 4.1%のシェアーで 今までの 10倍以上の採択率になっている。 -- 文字が小さいので読みにくいが 学んだ後 日本に誇りと自信を持つような 教科書らしい。 世の中の 日本「バンザイ」の風潮を見ていると、 単なる 「選民思想」ではないか、と思えるのだが-- 
 このメンバーなら 次にいうこういうだろうと YUTAKAが いってくれている。
                                                   YUTAKA  ‏@yutakatheblues
「頑張って本当の日本人になれ」  「それでもお前は日本人か
そうやってけしかけられ、人は利用される。今も昔も。 気を付けて。特に純粋な若い方は。


     サムシンググレイト

 時代は進んでいるので 私の知らないことばかりだが、 こんなものも 教科書に書かれている。 『サムシンググレイト』なる言葉は 何を意味するのか、 『ある宗教』の応援ではないのか という指摘もある。 「何か偉大な存在」、 そんなものがあると教えてよいのか。 この後には 「曾野綾子の 夫婦口論」が コラムとして引用されている。 

 本当に特定グループで造っているという 印象を受ける。 この教科書は沖縄の竹富町で 採択拒否が起こり 『育鵬社でないと無償配布をしないと 文科省が圧力をかけて』 と問題になったものである。

                 なぜ、 フジ産経グループが 教科書を作るのだろう。
    育鵬社公民01

スポンサーサイト

COMMENT - 1

ローレライ  2015, 04. 09 [Thu] 09:42

こんな『植民地奴隷状況』に誇りはあるのか!

日本の状況は『阿Q正伝』の書かれた当時の中国そっくりなのは中国人によくわかると思います!これから革命戦争と文革が起きるのでしょうから『見納め』に観光に来るのでしょう。
浅田次郎さんの中国小説などにも日本の現状の意識がありますね。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。