今日の画像  首都の一部が空白の地図を出している国が 世界にはあるらしい。 東京都港区六本木7丁目23は 実際は何なのか。

  〈空白の地域〉
                                              社会科学者の随想 さん から 部分引用
 東京都の中心市街地に「アメリカ・軍」が不法に占有し自由に使用しているこのヘリポート基地は,市販の地図の上から抹消されている。  世界のどこの民主,独立国家で外国軍隊を首都のど真ん中の一等地に抱えて平然としている国があるというのか。しかも不法占拠である。米軍のヘリコプターが飛来する危険な場所に今更公園を造ってどうするというのか。

 しかし大半の国民はそんなことを知らない。自分の生活とは関係ないからだ。六本木という東京のど真ん中に米軍基地があることさえ知らない。

 すべてはメディアの責任である。政府が隠そうとすることを報道し,「国民の知る権利」を確保することこそメディアの使命である。しかしそれを書かない。政府に嫌われるからである。中国には不必要に攻撃的な石原慎太郎も,米軍基地問題になるととたん黙り込む。それにしても在日米軍の非道を指摘するのが共産党だけというのはおかしい。 (引用終り)

                                                   全文リンク → 社会科学者の随想
スポンサーサイト

COMMENT 1

ローレライ  2015, 04. 20 [Mon] 16:04

『東京の普天間』

『東京の普天間』は無視されて来た日本!

Edit | Reply |