「アジア、アフリカ会議」での 「安倍原稿」 …  「英語版」だけが語る 日本の戦争責任への反省。

 テレビの番組などで、 現在の憲法から 「戦争ができる普通の国」に成るべく、 憲法改正を進める勢力 -- 安倍政権ともいうが -- よくこんな言葉を発する。 「 日本を守るために アメリカの若者が血を流しているのに、日本の若者が血を流さなくていいのか?」 まさに 「ハテナ」である。 日本を守るために 「アメリカの若者が血を流したことが さもあったかのように」 話す。 大勢の方が、 これを聞き、 それでは アメリカにすまないと思う。 そんなことはあったのか。 本当にこの内閣は 「言葉が信用できない」内閣である。

 先の 「アジアアフリカ会議」での 「安倍演説」に対する 諸外国の反応が 各紙で報道されたが、 いずれも 「反発」はなく、 どちらかいえば 高い評価のように 伝えられた。 「そんなはずはない …」 そういう感覚が国民に欲しいのだが、 どうだろう。 その辺のことを 中国の「環球時報」が 伝えている。

                                                      SukiyakiSongの日記 引用
                                                          2015-04-24 (環球時報)  
 【环球网综合报道】据日本《读卖新闻》4月24日报道,有关日本首相安倍晋三22日在纪念亚非会议(万隆会议)60周年的首脑会议上发表的演讲,日媒称该演讲稿的英语译文经过了精心处理,意图美化安倍在国际上的形象。

①読売に記事「バンドン会議安倍演説の英訳版は、安倍の“歴史修正主義者”のイメージの一切を洗い流すために全力が傾注された」
➁例えば、日本語原稿の、戦争に対する「深い反省」に、英語版では「deep remorse深刻なる良心の呵責」が当てられている。

日本語では「反省」の対象が「外交と軍事の戦略上の杜撰さの反省」であり、「積極的平和主義」とは、今後は『勝つ戦争をやる』宣言とも揶揄される

※日本の保守派には次の考え方が支配的;  「日本は日清戦争に勝ち、日中戦争も極めて優勢だった。日中戦争に専念していたら、満州に続いて黄河下流域から揚子江下流域までの沿海平野部が日本領になっていた。それなのに負けることが判りきっていた米国に宣戦した結果、中国にも負けたことにされた」。

故に、安倍の代弁をすると『私は米国とは親密な同盟国を選択する。日米同盟を利用すれば邪悪な憲法9条に制約された自衛隊でも中国に勝利できる。私は勝つ戦争だけをやる』・・・どうでしょうか?

自衛隊だけなら1ケ月で殲滅されます。米軍が参戦しても核戦争をしないのなら、互角で、米国財政は最終的な破産を迎えるでしょう。まあ、日本列島など仮に占領しても維持など不可能ですから、だれも攻めては来ないでしょう。どの国も専守防衛なのですよ。少なくとも対日では。

ところが英訳版では、そんな解釈は困難で、ひたすら平身低頭謝罪する語義の単語を使った。日本向けと米国向けでは異なる印象操作をしている。
⑤中国政府は日本語原稿の「反省」と、英訳原稿「“deep remorse”=深く陳謝」の使い分けを、安倍が得意とする二枚舌と理解しており、中国は「“deep remorse”」した安倍として日本政府に対応し始めている。日本報道だけしか知らぬととんでもない誤解と混乱が発生する。

なぜなら、「“deep remorse”=深く陳謝」はドイツの大統領と首相が戦争犯罪を謝罪するために跪いて宣言した謝罪文に使われ、全世界を感激させた根本単語なのだから。

⑦4月29日に安倍が米議会で演説する。内阁官房参事谷口智彦が訪米し米国政府とその英文原稿を調整している。米国政府は「歴代内閣の反省と謝罪を継承する証拠となる内容であるべきだ」と要求したという。  (引用終り)

 なかなか、知恵者の「官僚」が 関与しているようだが、 「策士、 策におぼれる。」こともある。 このような「姑息な方法」が いつまでも 世界で通用するとは なかなか考えにくいのだが …


スポンサーサイト

COMMENT 0