スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誹謗中傷・なりすまし対策を詠ったネット戦略アドバイザーが 「なりすまし」、ネット上の誹謗中傷を監視するネットメディア局長が「誹謗中傷を行う」安倍政権。 その上 総理は 「誠実さ」にかけている。 やはり、 「憲法を変えるより、 総理を変える」ほうが 正解のようだ。

                                             蕩尽伝説 @devenir21 · 2011年4月9日
戦争が終わったとき、国民は「だまされていた」と言った。それはウソだ。真実を告げる人たちが沢山いたのに、これを放逐し、排除し、抹殺してきた。喜んでだまされた。長いものに進んで巻かれた。今回もまったく同じだ。私たちはだまされたのではない。だまされるのを選んだのだ。

 何年か前の 蕩尽伝説 さんのツイートが (ご本人によると) 最近よく使われているそうだ。 私も全く同感で 国民の過半数が あの戦争に加担していたと思う。 隣組から、 町内会などの指導者もそうで、 彼等は 「騙された」と述べて 責任を回避した。 そして、 それを許した国民も 『 ふたたび だまされるのを選んだのだ。』

   「と、とりあえず謝ってごまかせ」-3-

 上の写真は もう皆さんもご存知だとは思うが、 安倍総理のツイートは 「実は 山本一太議員であった」ようだ。 議員側から、 総理が忙しいので、 私が総理の言葉を伝えている、という釈明が出ている。 どうも ご自分で書き込むことは苦手らしい。 ツイートしようとすると、「ニッキョーソ」になってしまうのかもしれない。

                                                日本人ジョーク(bot) @Japanese_Joke
2010年2月17日、自民・山本一太は、「誹謗中傷・なりすまし対策に関して」「虚偽記載等の防止・抑制のための規定の創設を提言」したと述べた。  2015年4月30日、山本一太 (ネット戦略アドバイザー) は安倍首相のtwitterアカウントで、代理とは一切告知せずに総理の振りをして自分の画像をアップした。

2013年の参議院選挙はネット選挙運動が解禁。自民党平井卓也ネットメディア局長はネット上の誹謗中傷を監視する「トゥルースチーム」を設立した。6月28日、ネットで党首討論会が開催された。平井局長は、社民党福島党首に「黙れ、ばばあ!」、安倍首相に「あべぴょん、がんばれ」と書き込んだ。                      (引用終り)

 この内閣は 情報機関に対して 特段に厚いシフトを強いている。 マスコミが 少しでも 「反政府的」な発言をすると 徹底してたたく、そんな内閣に見える。 国民の側も それに対抗できるような 『知恵者』が 現れだした。 すぐに monolight さんが 次のように切り返している。

                                                  monolight @monolight_alpha
                    「と、とりあえず謝ってごまかせ」
           「と、とりあえず謝ってごまかせ」

 余りに 熱烈な支持者が多い 『安倍政権』、 男前では 以前の「橋本総理」の方が上だと思うが、 熱烈支持者は ネットメディア局長や ネット戦略アドバイザーなる 肩書きを持つ これらの国会議員たちが 税金から「給与」をもらいながら 『日夜』 励んだ産物なのだろうか
                                            チャンシマ #ANTIFA @chanshimantifa
            山本一太、もしやこれも
                 「と、とりあえず謝ってごまかせ」-2-

 外面と内面が 全く違う 『安倍政権』。 今までも、 外遊先で発言したように 「国内」でも発言するなら、 ほとんど問題はないのだが、「二枚舌」といわれるほど、 その内容が違う。 

                   国民も 一度 騙されたのなら 『騙したほうが悪い。』
                   しかし、二度 騙されたのなら『騙されるほうも悪い。』
                   三度同じように騙されたのなら 『騙されるほうが悪い。』
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。