スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本外国特派員協会(FCCJ)が選んだ「報道の自由推進賞」に見られる 日本国内の評価と世界の評価の違い。 優れた調査報道に 「東京新聞」、  大手は壊滅なの …

 山崎 雅弘氏が 次のように 日本の報道について語っている。
                                                     山崎 雅弘 @mas__yamazaki
日本外国特派員協会(FCCJ)が選んだ「報道の自由推進賞」  今現在、大手紙四紙では毎日新聞のみがこの件を報道。それもきわめて小さい。 日本外国特派員協会(FCCJ)が選んだ「報道の自由推進賞」の内容を見れば、現在の日本が外国人記者の目にどう映っているのか、外国のジャーナリズムが日本国内の「報道」に携わる人々をどんな基準で評価しているのかがよくわかる。日本国内で叩かれる人が「報道の自由」という基準では評価される。 (引用終り) 

 先に 安倍首相とオバマ大統領の共同記者会見の様子を伝えた 「日本のマスコミ」すべてと 「ロシアの声 (今はスプートニクと言うが) 」の内容の余りの違いをお伝えした。 まあ、 私は昔から 「ロシアの声」を伝えてきたわけだが、 -- コメントに 『ロシアの声ですか   (笑) 』 と言われる程度の、 時にそういわれてもおかしくない「ニュース」もあったりしたわけだが -- そんな通信社の「ニュース」が 正しく、 『産経』『読売』はともかく NHK、日本経済新聞、 朝日新聞、毎日新聞と 日本のマスコミすべてが 「同じ誤報」をしたのである。   -- 4月30日 「リュウマの独り言」 --

 『まさか』 と正直思ったので、 「今日のびっくり」ということで 書いたわけだが、 びっくりは 「逆の意味」になってしまった。 日本のすべてのマスコミが 同じ「誤報」をすることなど、 随行記者もいるわけだし あり得ないと思うのは どうも我々「素人」だけなのだろう。 特に NHKの同時通訳者が 『安倍首相の発言の前』に 翻訳するなどの指摘もあったように 何か根深いものを感じる。 -- 日本報道検証機構による 誤報レベル 6 (最大) --

 戦々恐々とする 「日本マスコミ界」では 山崎 雅弘氏が言うように この記事は伝えたくない記事かもしれない。 特に 『後藤健二さん』は 政府自体も非難したわけだし、 政権支持派の中には 「(日本)国に迷惑をかけるな。 潔く自決せよ。」などと言う発言に喝采が起こり、 「自己責任」と言う声が渦巻いたのだから …  それに 猛然と反発するマスコミもなかった …  猛烈に支持するマスコミは 当然であるが あったわけだ …

                                         2015年05月04日  The Huffington Post 引用
日本外国特派員協会(FCCJ)が選んだ「報道の自由推進賞」に、シリアで取材中に亡くなったジャーナリストの後藤健二さんらが選ばれた。「世界報道の自由の日」である5月3日に発表された。

この賞は、2015年発表の「国境なき記者団」の調査で、「日本の報道の自由度」が世界第61位へと後退したことを受けて設立された。報道の自由の推進に貢献した記者、メディアそして個人を表彰するのが趣旨。

後藤健二さんは「殉職した英雄賞」を受賞した。FCCJは発表文の中で、受賞理由を以下のように説明した。


シリアで取材中に ISIL(イスラム国)に拘束され、安倍首相が「ISIL と戦う国のために」数億ドルの支援を約束した数週間後の斬首されたフリーランスジャーナリストです。彼は戦争そのものを報じるのではなく、戦争の悲惨な側面を報じる人道ジャーナリストでした。彼は他のジャーナリストたちが行きたがらない危険な地域をあえて取材することで、中東や他の紛争地帯で何が起きているのかを世界に伝えました。

■調査報道賞    優れた調査報道を通じて、報道の自由の推進に貢献したジャーナリストもしくはメディアに贈られる。年一度の表彰。

• ファクタ
日大のスキャンダルやその他の金融スキャンダルに代表される、日本でタブーとされるテーマに関する継続的かつ質の高い調査報道に対する功績

• 朝日新聞「プロメテウスの罠」
原発の安全面や業界の隠蔽体質や腐敗に関する継続的かつ長期的な調査報道に対する功績

・ ジェイソン・クレンフィールドさん(ブルームバーグニュース)
KDDI の非正規の壁に挑む丸井美穂氏を取り上げた報道に対する功績。

■報道功労賞    報道の自由および言論の自由の促進に生涯を通じて貢献したジャーナリストまたは個人に贈られる。候補者は日本で活動していることを条件とし、該当者がある場合のみ表彰される。

・ジョン・ミッチェルさん (ジャパン・タイムズほか)
沖縄における枯れ葉剤問題やその他の米軍基地に関連した諸問題に関する一連の報道並びに著作に対して。

■報道の自由の友   日本を拠点として報道の自由を促進する運動に取り組む法律家、活動家、内部告発者などが対象。年一度の表彰。

・古賀茂明さん(元経産官僚)
表現の自由を抑圧しようとする政府に対する批判と、東京電力の問題を含む日本の政治や産業界に関する鋭い評論活動に対して。

・中野晃一さん(上智大学教授)
特定の勢力に阿ることなく、また恐れることなくタブーに踏み込み、日本の政治に関する鋭く有益な分析を継続的に行った功績に対して。

・マイケル・ウッドフォードさん(オリンパス前 CEO)
社の会計偽装を内部告発し、日本の企業統治により高度な透明性を促した功績に対して

■年間最優秀出版賞   出版あるいはウェブ上で公開された、優れた調査報道に対して贈られる。年一度の表彰。

・東京新聞
原発問題、政治スキャンダル、汚職、報道の自由に関わる継続的、かつ優れた調査報道に対して。  (引用終り)
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。