スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親密な関係にある 「ロシアと中国」をしっかり伝えないと、 ロシアに期待する妄想が 日本を危機に陥らせる。 少なくとも 関心を持ってみていることが必要な 沖縄問題。

 世界から不信の目で見られている日本のNHKと違って 英語圏には影響力のある 「イギリスBBC」が 世界のニュースの中で こんな「沖縄レポート」を放送した。 日本本土では 「福島」同様、 ほとんど『(意図的に)忘れ去られた』国土であるが、 日本人一般の「常識」と どの程度の開きがあるのだろう。

                                イギリスBBCが伝える 「沖縄辺野古基地問題」 (日本語版)
   

 全く関係の無い イギリスですら、 このように伝えるのであるから、 本当は もっと 「日本のマスコミ」が 問題にし、 第2次大戦との関係、 集団自決についての話題 (国や軍は関与していないだけでなく、 実際行われていないと主張する 一部勢力に遠慮することなく)、 特に 生き証人の声など やれることはいくらでもある。 軍事基地の密集度や それによってもたらされた 事件や事故、 一部に定説のようになっている 「沖縄への特別な補助金で 優遇しているのだから この程度の不利益は 黙って受け入れるべきだ」という主張の 真偽、 今回 すべての補助金は要らないから 沖縄の基地を全廃せよという 「知事の意見」や 沖縄独立論、特に 明治前後に どのようにして 「琉球処分」が 行われていったか、 こういうことを 国民に伝えるべきだろう。

 政権に 「にらまれること」を嫌って、 沈黙する … または、 政権の言い分を垂れ流すだけというのは 国民の判断を誤らせる。 「ルック・オブ・サイレンス」ではないが、 被害者側から視点だ、とはっきり断って 放送することは 許されるはずだ。 必ず 両論併記、 中立意見の必要はない。

 今のような 見せかけの「中立論」にしがみついていると、 現在行われている 『ロシアの対ドイツ戦勝70周年記念行事』で いかに 「ロシアと中国」が 結びついているか」 など 多くの国民は 知らぬままになっている。

プーチン大統領の隣が習近平国家主席
 プーチン大統領の隣はいつも習近平国家主席であり、 二人は対日戦争の結果に関しても共同歩調をとっている。
ロシアの対ドイツ戦勝記念式典
 国軍を持つという事は こういう軍隊を持つことだ。(下写真)  (上 右写真)国旗を掲げ赤の広場を行進する中国軍 
                      写真はいずれも朝日新聞ウラジオストク支局長 中川仁樹氏のツイッター から借用

                                               2015年5月10日  沖縄タイムス 社説
 中谷元・防衛相が就任後初めて沖縄を訪れ、翁長雄志知事と会談した。中谷氏が力説したのは、中国に対抗するための「沖縄要塞(ようさい)化計画」と呼ぶしかない基地強化策だった。   中谷氏は報道陣に公開された発言のかなりの時間を割いて、海洋進出を強める中国の脅威と、島嶼(とうしょ)防衛について話している。

 中国の活動が活発化する中、自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が5年間で5倍近くに増えていること、中国が東シナ海上空に防空識別圏を設けたため緊張感が高まっていること、尖閣諸島国有化後、領海侵入が激増していること、などを得々と説明した。

 さらに中谷氏は、陸上自衛隊沿岸監視部隊を与那国島に、警備部隊を宮古島市に配備する計画や、航空自衛隊那覇基地のF15戦闘機部隊を2個飛行隊にするなどの自衛隊増強策にも言及した。  普天間飛行場の辺野古移設に関しては、抑止力の維持と危険性の除去を繰り返し、「どう考えても、唯一の解決策と確信している」と強調した。   カメラの前で中国の脅威を訴えれば、世論を引き付けることができるという思惑があったのだろう。

 普天間問題の原点は基地の過重負担の解消である。しかし会談で明らかになったのは、米軍と自衛隊の一体化によって沖縄の軍事負担が増すという真逆の方向性だ。  普天間問題は1996年の返還合意時とは似ても似つかぬような「沖縄要塞化計画」に変質してしまった。これは看過できない重大な変化だ。

 少し前まで中谷氏は、新基地建設に反対する知事とは「会っても意味がない」という冷淡な態度だった。それが一転、対話に応じたのは、菅義偉官房長官や安倍晋三首相の時と同様、移設を強行する政権への批判と米国の視線を気にしてのことであろう。

 翁長氏から沖縄の民意を聞いた直後の日米首脳会談で安倍首相は、知事が辺野古移設に反対していることは伝えたものの、それを打ち消すように「辺野古移設を唯一の解決策とする立場は揺るぎない」と発言している。選挙で示された民意に寄り添う姿勢は全く見られない。  中谷氏は中谷氏で知事に会う前日に移設先の区長らと面談し振興策の話をしている。

 翁長氏が中谷氏を「高飛車」と批判したのは、辺野古以外の選択肢を本気になって見つける努力もせず、沖縄の反対を押さえつけようとする態度に我慢がならなかったからだ。 今回の会談で翁長氏は、2年前に国会議員と意見交換した際「本土が嫌だと言っているんだから、沖縄が受け入れるのは当たり前だろう」と言った自民党議員の話を持ち出し、安保の負担を押し付ける本土側を痛烈に批判した。

 翁長氏は中谷氏へ「品格ある日米同盟であってほしい」とも求めたが、日米同盟は沖縄の犠牲を当然の前提にするような「品格なき同盟」に成り下がっている。  米軍基地の建設は地元の合意が大前提である。それが民主国家の最低限のルールだ。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。