スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米中、軍事衝突一歩手前…… 余り 挑発をしてしまうと 「アメリカ」自体が大変な事になる可能性がある南シナ海、 その時日本は 「捨て駒」になる。

 ロシアの「スプートニク (ロシアの声)」が 22日6時の記事で 「昨日、 米中は戦争状態になる一歩手前までいった。」と 伝えた。 アメリカの挑発は いつものことで、 北朝鮮に対する軍事演習など 格好の例である。 あんな場所で 「軍事演習」をすれば、 相手が何らかの抵抗を示して 当然といえる場所で行う。 中国も 「軍」は 政府に対し やや独立しているようなので 余り挑発すると、 戦闘が起きるかもしれないが 「スプートニク」によれば、 この地域の国々が  アメリカと共に戦うことは 「日本」を除いて ないのだそうだ。 アメリカも 始めの挑発さえうまくやれば、 「後は日本が勝手にやるだろう」と踏んでいるから とても危険な状況である。

          米中、軍事衝突一歩手前でとどまる
                                                 2015年05月22日   スプートニク
木曜、南シナ海で、非常に深刻な事態があった。米国の偵察機が中国海軍の警告を無視して係争を抱える領水上にある中国の人工島Fiery Cross Reef上空を通過した。

米海軍機P-8 Poseidonが、中国が空港その他施設を建設中の島嶼上空を飛行した。米国の報道によると、中国海軍は8度にわたって退去勧告を行った。

先に米国の高官は、空および海からの警備隊による監視が、中国が建設を進める島嶼の暗礁から12マイルのところで行われる、と発表していた。

CNNによれば、しかし今、「米国は偵察飛行をより島に近いところで行う可能性、米国の軍艦が島からわずか数kmのところを通過する可能性を検討している」。「国防総省による、米国は中国の領土要求を認めない、との、新たな、より鮮明なシグナルとなる」。タスが伝えた。

力の誇示にともなって、米国務省の強硬な声明が出された。アンソニー・ブリンケン国務次官は木曜、ジャカールで、「中国が南シナ海の係争暗礁で行っている作業は地域の自由と安定を損ない緊張を加速させるのみか、紛争の火種となりかねないものだ」と述べた。

「事態そのものが非常に不快なものだ。いずれにせよ中国は自らの国益と権利を守る。そこには疑いがない。潜在的には、このことは深刻な紛争の火種となりうる。当事者らが両国間の緊張の軽減につとめているにもかかわらず、である」。新聞「ヴズグリャド(視点)」に対し雑誌「ナツィオナリナヤ・オボロナ(国家防衛)」編集長イーゴリ・コロチェンコ氏はこう語っている。

「他面、地域のどの国も、日本を除けば、米国のために火中の栗を拾う気はないらしい。それは誰にも必要ではないのだ。東南アジアでは、それぞれの国に、それぞれの国益がある。全てはプラクティカルな政策によって決まるのだ。中国は強大な軍事国家である。情勢は緊迫化するだろう。しかしながら米国は、中国に対して公然たる紛争に踏み切ることはないだろう」と同氏。                                               (引用終り)

 前に書いたように アメリカが 「南ベトナム」を支援し、 「ベトナム戦争」を行った事で ここに「中国」が介入し、 その領土を得たという経緯がある。 歴史は 「前後」があるのであって、 今の時点だけで とやかく言うのは「ネトウヨ」と呼ばれる 「低レベルの議論」を行う人々に任せておけばよい。 そういう観点から見ると、 「中国の主権の主張」は 収まるはずもなく、 過大な軍事基地にならぬよう 要請するくらいが アメリカにできる最大の行為だろう。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。