スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のビックリ   『読売新聞社説』で 長谷部教授の見解に 「首をかしげたくなる。」と述べているが、 いつから よみうりは 「憲法学者」になったのか。

                                                        無外流の狼 ‏@miburou3
さすがは御用マスコミw憲法学者の意見は完全無視だもんね…こうやって政権の提灯記事を書いて歓心を買うのは、先の戦に突入した時となんら変わらない。政治家もマスコミもそれがまったく活かされていないよね…

     提灯記事を書いて歓心を買う

 読売新聞は いつから 『憲法学者』の上を行く 「憲法専門家」になったのか。 『首をかしげたくなる見解』 『政府見解で決着』 など、 どういう理論で そんなことが言えるのか、 安倍答弁同様、理解しがたい。 この社説は 「後世に残る」だろう。 

 まあ、「尖閣列島棚上げ論が 日中で紳士協定として存在し、 それは 守られるべきだ」と書いたのも 読売社説であったから、 昔から この新聞は 「巨人軍」以外では 必要とされない新聞だったのだろう。 国会で辻元議員は 中谷防衛相が8年前に書いた著書を引用し 「大臣はご著書の中で『私は現在の憲法の解釈変更はすべきでないと考えている…解釈の変更はもう限界にきており、これ以上解釈の幅を広げてしまうと、憲法の信頼性が問われることになる』と言っています。 もう、 弁解も限界的ですねーー         (写真文中の赤線は 当ブログにて)

                                                     内海真二 ‏@crosstownkids3
「昨年7月の政府見解で決着したはずの憲法問題」→数の力を背景に、閣議決定だけで憲法解釈を変えるようなやり方自体が憲法違反だと言うのが分からないのか?あれで解決したと思っているなら、読売の記者の頭の中には虫が湧いていることになる。

                                                          水尾 汲人 ‏@k5tz9
なるほど。こういう理由で日本のマスコミが世界のマスコミに小馬鹿にされるわけですね?

スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。