スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一言     今 大きなウネリが起ころうとしている。 そして潮の流れが逆を向いた。 自民党の街宣を「戦争反対」の声が かき消す勢いになってきた。  自民党= 在特会= 『帰れ』コール 見たことない風景だ

 大きな流れが生まれてきた。 普通の国民が 「憲法違反」という言葉に 「勇気」をもらった。 「戦争法案」に 正直に 「戦争はしたくない。」と言えるようになった。 あとは 「世界のマスコミ」から その「卑怯な姿勢」を指摘されている NHKをはじめとする日本のマスコミが 堂々と 政権批判ができるかどうかで、 この国の行き先が決まるだろう。 新宿西口でも 「戦争反対」、「帰れ」「帰れ」のコールに演説がかき消された。

                                                   2015年6月7日  日刊スポーツ
 自民党が7日昼、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅前で開いた街頭演説に、安倍政権が今夏の成立を目指す安全保障関連法案に反対する市民らが多数詰めかけ、抗議のプラカードを掲げられた。

 この日の街頭演説は、北朝鮮による拉致問題解決を訴える毎年恒例の行事。しかし、国民の反対も根強い法案審議が進むさなかだけに、開始前から「違憲の安保法制NO」「戦争させない」などのプラカードが並んだ。谷垣禎一幹事長も参加して、拉致問題解決を訴えるためマイクを握ったが、「戦争反対!」「帰れ!」などの怒号に、演説がかき消される場面もみられた。   (引用終り)

新宿西口前  逆風が吹きだした。
旭日旗と日の丸があふれる「自民党街宣」が様変わりした。「戦争しない」と国民が声を上げ始めた。--新宿西口--
スポンサーサイト

COMMENT - 1

からしだね  2015, 06. 08 [Mon] 08:03

「勇気」のリレー

このニュースは素晴らしいですね。勇気を頂きました。普通の人たちによる「勇気」のリレーを続けなければなりません。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。