スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の1枚   日本国首相と 国民の声   「日本会議」の価値観に染められている国 「日本の現状」

 今日の1枚   日本国首相と 国民の声 …  いろいろな国の情報を見るが、 日本のように 「警備を担当する 警察など」 が サングラスにマスク着用。  「抗議する 市民の側が 素顔」 こういう国は世界広しといえども日本だけだろう。 普通は逆だ。 よほど 「後ろめたいものを感じる」のだろうか。

戦争反対
             ネットの写真から 「世界が見ている 日本の現状」を 作ってみた。      

ようやく 「首都」が 動き出した。 東京在住の若者には ご苦労を掛けるが 首都が変わらなければ 日本は変わらない。 ヘイトスピーチばかりで有名な 「東京」では恥ずかしかろう。 例によって NHKは 全く報道しないが、 海外の報道機関が 必ず世界に発信してくれる。

ドイツ:反G7サミットでデモ
    警備が厳しくて当然である 「G7」でも 反対のデモは このように行われる。 右の東京でのデモの規制は
    常軌を逸する。  歩道の片隅を 歩行者信号に従い 行進する。 これをデモとは言うまい。 今はこれだけ
    しかできないのかもしれない。 が、渋谷のデモが国会まで広がった時、 国民は 主権者に戻るだろう。


 上の写真 (左)は 先ほど行われた 「ドイツでのG7反対のデモの様子」、 (右)は 日本での 参加者2万5千人と言われている 6月14日の国会前のデモの様子である。 『憲法で保障されて国民の権利』である 時の政権を『批判する権利』は 「左翼、反日」などという言葉でおさえつけられ、 国民のそれに対する抗議も あまりおこなわれてこなかった結果が この写真のようになっている。

 今の憲法の 「最後の象徴的 『9条』廃止」を 前にして ようやく動き出したが、 これまで黙っていたツケは 大きい。 何度も言うようだが、 外国の報道機関では、 これをデモとは言うまいと思う。 それほど 日本の「価値観」は、 他国と乖離 (かいり) していると言えよう。 しかし、 今からでも、一歩、一歩取り戻そう、 そういう「意識」が 「勇気」が 日本国民には必要なのだ。

   渋谷で戦争反対
                              渋谷で戦争反対デモ
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。