スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私が素人なら、その証言で作られた特定秘密保護法は 廃止すべきだろう。」とまで怒った 長谷部教授。  対応次第では もっと大きな 『反政府運動』に 発展する。

 怒らせる必要のない人をここまで 『怒らせて』、 後始末が大変だろうな … 政府のことだからほっとけばよいのだが

                                          長谷部、 小林両教授の 記者会見の発言から
長谷部教授が本気でブチギレた

 この両教授が 国会で「憲法違反」し発言したことは 多くの国民に衝撃的であったが、 そのあと 数度の記者会見に臨み 「堂々と」違憲発言を続けたことは さらに 「国民」を目覚めさせた。 特に 長谷部氏は (お会いしたことはないが) このように激怒される方のようには感じられず、 「この方が あそこまで怒っているのだから…」 そういう方向に世論を大きく導いたことは確かだろう。  

 政府はどのように後処理をするのだろうか。 向かうところ敵なし … の「日本会議」が 初めて 『強敵』とであったようである。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。