スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終的に 国会を 50万、100万人規模のデモで 包囲できるかにかかっている。 全国に メラメラと燎原の火のごとく広がる 反対運動。

                                                    2015年6月22日  琉球新報
 沖縄戦で大本営がゲリラ戦を目的として、やんばる地域の十代の少年らを集めて組織した「護郷隊」の一部で、上官の命令により少年同士による制裁が行われていた実態があったことが分かった。

 護郷隊は、米軍の沖縄上陸を見据え、1944年秋から召集が始まった。 少年らは幼なじみの5、6人のグループに分けられ、在郷軍人が上官として訓練指導に当たったとされる。 爆弾を持っての体当たりや背後からの急襲といったゲリラ戦の訓練が昼夜問わず実施される一方、山や谷、民家があってもひたすら直進するといった訓練も課された。 その課程で上官への服従や全体責任を押し付ける軍事論理の浸透も図られたとみられる。

 川満さんや元隊員の証言によると、少年らは地域の幼なじみだったため、結束が固かったという。 しかし、上官が同じグループの別の少年を殴るよう指示し、少年が従ったケースもあった。 結果として少年が少年を制裁し合う構図が生まれていったという。
 その中にはスパイ嫌疑がかけられた少年の射殺も含まれており、上官の命令により複数の少年が目隠しをされた仲間に対して一斉に銃を発射。 犠牲になった少年は集合時間に遅れただけだったという         (引用終り)

神戸でパレード
 確かに 流れが変わった、 そういう兆候はある。 神戸で行われた 「戦争法案反対デモ」に 9000人が参加

 私が学生の頃 『良心的兵役の拒否』関係の本をだいぶ読んだ経験がある。 『良心的兵役の拒否』とは 宗教上の関係で 欧米諸国で認められている 『兵役拒否の制度』である。 一度、徴兵制が敷かれてしまえば、 今は 「そういう時は 逃げます。」などと言っている人々も、 絶対そんなことは「国家」として認めないわけだから、 警察権力を使ってでも 徴兵されてしまう。 だから、 世界で認められている仕組みなるものを 読んでみたわけだ。

 沖縄の学徒動員では 世に知られた「白百合部隊」ではなく、 男子生徒や学童の 「戦争」は あまり知られていない。 特に 幼い学童の 「ランドセル爆弾」を背負って 戦車のキャタピラーの間をくぐり (もちろん、動いている戦車、 大人では隙間が小さすぎて無理だったらしい) 自爆攻撃をして 戦車を止める、など およそ考えられないような作戦もあった。 それが、 「日本の戦争の実態」である。 決して誇れるようなものではない。

 アメリカが 選挙権を「18歳」に引き下げたのは、 ベトナム戦争で 「18歳までが兵役」についたため、 選挙権もないものまで、なぜ戦争に行かねばならないのか、 という批判があったためだという。 これは、 のちの「イラク戦争」で 生かされた。 18歳までの 兵役義務となった。 

                                                        京丸奇談 ‏@doederleini
やはり、もう勘弁してくれ、と心底思った。夕食時「18歳選挙権は18歳徴兵の布石よ」と私が言い、息子が「俺、本当に徴兵されそうになったら自殺するかも、嫌だよ。」これを聞いたパートナーは、「お国のために働くのは大事なことなんだぞ」とぬかしおった。ならばお前が行け。 関係を清算したい。

                                                  キジトラニャンコ ‏@kijitora0510
私は京都で数学研究会があって参加できなかったが、兵庫県の戦争法案反対パレードには何と9000人が集結した。流れは変わってきている。普段は政治の話をしない数学研究会仲間の間で「安倍さんは危険すぎる」という会話が当たり前のように出ていた。

    yai ‏@picoyai
       福島県中県南集会、650人が集まりました。戦争法案を廃案に! 画像はyai ‏@picoyaiから

 病院でも …  
 次第に全国へ広がっていく …
          赤田佳奈絵 ‏@knp_Uw51 ·
                                            赤田佳奈絵 ‏@knp_Uw51 のツイートから
スポンサーサイト

COMMENT - 1

進ちゃんのブログ(アメーバ)  2015, 07. 03 [Fri] 10:15

憲法に基づいて政治が行われるべきものを、解釈で憲法を変えての法案づくり。
どこに正義があるのか!
戦争した国にしたいなら、堂々と憲法改定の選挙をしろ、と言いたい。
民意が無視され、マスコミは恐喝され、まるで北朝鮮国家が日本の現状だ。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。