スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川新聞が 明日の社説をネットで公開 【速報社説】として 自民党の マスコミ介入に対して 厳しい論評。 日本の安全保障のためには 安保法案を審議するのでなく、この政権をつぶすしかない。

 昨日 「自民党の憲法改正研究会」での 百田氏らの発言を紹介したが、 生ぬるい反応しかできない「在京の大手マスコミ」と違って、 神奈川新聞が 明日予定分の社説を 【速報社説】として 発表した。 ようやく、 世界からの指摘にこたえようとしている。 これは、特定の社の問題ではない。 これに危機を抱かぬマスコミなど 断じて信用できない。


                                             神奈川新聞 6月26日(金)17時47分配信
   【速報社説】報道批判 加速する為政者の暴走報道批判
  一報道機関として、という以前に民主主義社会の一構成員として看過できない。

 自民党の勉強会でのことである。 出席した議員から、国会審議が続く安全保障関連法案を批判する報道に関し、 「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。 文化人が 経団連に働き掛けてほしい」という発言があった。 国家が都合の悪い情報を統制し、多様な意見が封じられ、破滅へと突き進んだ戦前・戦中の言論弾圧をほうふつとさせる。

 安倍政権を特徴付ける、異なる意見に耳を貸そうとしない傲慢(ごうまん)、独善、反民主主義性は極まれり、との感を抱かざるを得ない。 発言の背後にある発想は独裁国家そのものだということに どれだけ自覚的であろうか。  経団連がそのお先棒を担ぐ存在とみなされている点も興味深い。

 文化人代表として招かれたのであろう作家百田尚樹氏の発言が象徴的だ。 沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出ると 「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。 あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と語った。

 自民党が民放各局に「公平な報道」を要請し、自分たちが不利になるような報道をさせぬよう政治介入した先の参院選は記憶に新しいが、 さらに踏み込む「つぶさないといけない」。 「取られれば目を覚ます」の発言には 本土防衛の時間稼ぎに沖縄を捨て石にした差別意識が なお息づくのをみることができる。 自らはこらしめ、つぶす側に立っているというおごりが生んだ発言だろう。

 勉強会は安倍晋三首相に近い自民党の若手議員が開いたものだった。 憲法改正を推進する勉強会で「文化芸術懇話会」という。やはりというべきか、一連の言動は突き詰めれば憲法の軽視に行き着く。

 言論の自由への無理解だけでなく、立憲主義が求めるところを歯牙にもかけぬ。いや、首相からしてそうなのだ。安保法案に対して憲法学者がそろって「違憲」の声を上げても「合法性を確信している」と繰り返し、「決めるときは、決める」。

 おさらいをしておく。 権力はかくも暴走する。 そのためにできないこと、 国民の権利のためになすべきことを憲法に明記し、 縛っておく。 それが立憲主義の要諦である。

 民主主義に対する為政者の反逆は既に始まり、加速している。                      (引用終り)

 世界各国の報道と あまりに違いすぎる 「最近のニュースの現状」は 再三指摘してきた。 世界の人々から 「全体主義国家 日本」と みなされつつある状況も折に触れ 紹介した。 外交も停滞しており、 「世界遺産の韓国の反応」も 日本国内の報道のように 「韓国側の譲歩」とは 他の国では報道していない。 私が 再三指摘しているように、 この内閣と 「首脳会談を持つこと」に 世界の多くの国が 躊躇している。

 少なくとも、 諸外国で たとえロシアであっても、 「反政府的な新聞社を潰せ」などという発想はしない。 欧米や、 米国の報道機関でも この発言が 与党の それも「政権中枢寄りの議員」の集まりで言われたことを 見過ごすようなことはない。 反対意見を聞く耳を持たないどころか、それを潰せ、などという発想をする政権に 「自由主義社会の一員」とか「共通の価値観」などと言われても、 あなたとのおつきあいは遠慮させてください、と相手は言うしかない。

 特に、 日本国内で 外国からの日本に対する意見に対して 「内政干渉」などと 非難する一部勢力があるが、 中国ならともかく、 欧米との付き合いを大事にするなら その価値観を共有する気持ちがなくてはならない。 昨年、 自民党が圧勝したときに 『理由は何かわからないが、 この政権は 来年の6月につぶれる。』と 予想した期限まで、 あとわずかになったが、 ひょっとして 国民が目覚めて 一大行動を起こすのではないか、 『原油価格の40ドル』『1ドル 120円を突破』の 2つは当たったのだが … 政権交代が起これば その「振り子の振れ幅」は 想像を超えるものになるだろう。

                                           波山房@hazanbow ‏@Coco_Wave1
経団連がお追従するなら私たちは、その企業の商品にむかい不買運動をすればいいことだ。ホンマに国民を舐めきってるこんな連中を断じて許さず!!
                                                      北丸雄二 ‏@quitamarco
北朝鮮もソ連も、政権にとって都合の悪いものが写っている写真はその部分を削除加工して「なかったこと」にして新聞掲載やTV放送した。 NHKが政権への抗議を、沖縄式典でのヤジを報道しないのはそういう加工だ。 「政権に批判的な報道を規制すべき」という自民党若手は、そういう国を目指すわけだ。


スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。