スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIIB に オーストラリアが署名し、ヒィリビンは 署名しなかった。 微妙に 日本との関係が変わってきた両国。 物の見方は いろんな方向で見ることが必要。  

 トニー・アボット 豪州首相は 前のラッド政権下において捕鯨問題などでぎくしゃくしがちだった日豪関係の修復・強化を打ち出している。 日本との関係を「アジアにおける最良の友」「世界史の中で最もお互いに恩恵を受けてきた二国間関係の1つ」と評価している。 もちろん、安倍首相も 「日、豪、米の3か国で 対中包囲網」を完成させようと 意気込んでいる。 最近 「ヒィリビン」が そこに1枚かんできた。…

 ところが、 ご存知のように 「オーストラリア」は AIIB(中国主導の投資銀行)に 突如参加を表明し、 昨日行われた 署名式において 財務相が 署名した。 フィリピンは 署名をしなかった。 どうも 『日豪米』の関係から 『日比米』になりそうだ。

 世の見方は その見る方向によって 違って見える。 最もかたくなに 一定方向の見方に固執しているのが 「安倍政権と その背後の人々」だろう。 どちらの言い分が正しいのか、 判断することは それほど簡単ではない。

           お前ら何時帰るの?-1-
                                             話題のツイート   @twi_pop_ さんから

            オーストラリア首相      「不法移民には断固として対処する、帰れ!」
            アボリジニ           「え、マジで? お前ら何時帰るの?」
スポンサーサイト

COMMENT - 1

-  2016, 09. 01 [Thu] 16:40

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。