スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ 「ねつ造 字幕」で 「本人が別のところで同じようなことを言っています。」とお詫び文  第三者機関が 前後の質問と その答えを詳細に調べ、 単なるミスか、 故意のねつ造かを検証するしかないはずだ。

 フジテレビのHPに こんなお詫びの文が載った。 『いいね』が 5000程度ついているのだが、 全く意味不明である。 まず、 インタビューの相手方の発言の映像と字幕を それぞれ2か所も 偶然に取り違えるということが 一般に考えられないが、 最終チェックで 2か所もろとも見落とすというのも どうかなぁと思う。 初めから台本があって、 字幕通りの演出が行われた、 と考えられても致し方あるまい。 この「言い訳」を信用せよ、というのなら どういう質問に答えて言ったのか、 その前後を含めた テープの公表があってしかるべきだろう。

 本人が ほかの部分て 「こういっています。」など言われたところで これに疑問を持った人、誰一人として 納得しないだろう。第三者を立てて 検証し、 その結果を公表すべきで、 「二度としません。」 など言われても、疑惑が解けるものでもない。

                                  お詫び

6月5日に放送した金曜プレミアム「池上彰 緊急スペシャル!」において、韓国の方に日本についてインタビューしているVTRで、2カ所合わせて約10秒、翻訳テロップ並びに日本語吹き替えナレーションの内容と異なる映像を、誤って使用していたことが分かりました。

(1)女性がインタビューに答えるシーン
「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と、答えている部分で、誤って、韓国を好きな理由について話している、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」という映像部分を使用していました。この女性は、インタビューの別の部分で、実際に「日本が嫌いです」と答えています
(2)男性がインタビューに答えるシーン
「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」と、答えている部分で、誤って、「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと…」と話している映像部分を使用していましたこの男性も、別の部分で実際にこのように発言しています。

いずれも、編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であったため、誤った映像を放送してしまいました。 視聴者の皆様、インタビューにご協力いただいた方々、並びに関係者の皆様にお詫び申し上げます。今後はこのようなことがないよう再発防止に努めてまいります。        (引用終り)
スポンサーサイト

COMMENT - 2

恥の上塗り  2015, 06. 30 [Tue] 21:05

みっともない、いいわけだ。しかもその事実を明示もせずに。
こういう不誠実な職場で働く若い人が気の毒だ。

Edit | Reply | 

ローレライ  2015, 07. 01 [Wed] 11:30

傷つけられた『池上彰ブランド』

『池上彰ブランド』に傷つけられた池上彰氏のフジテレビへの抗議がないのが不思議な事件である。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。