スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紛糾する 『世界遺産登録』で最も恐れるのは 考えのない 「ナショナリズムの沸騰」。 全国18か所に 今提案されている 20か所以上の地域が 本当に「世界の人々」と 共有する価値はあるのだろうか。

                                                  知足的隠遁者 ‏@SukiyakiSong
明治富国強兵の人権侵害工場を世界遺産に登録する事務局長で安倍晋三と昵懇の加藤康子とは?・・・報道弾圧の若手議員会議を開かせた内閣官房副長官の加藤勝信は加藤康子の妹の夫で養子。康子は加藤六月(陸軍士官学校卒で中曽根系)の長女。都市経済評論家というが、正体不明。安倍嫁と昵懇

明治富国強兵鉱山と工場を世界遺産に申請した安倍の盟友加藤康子は、外務省に韓国政府との交渉をさせた。そこで遺産登録後に朝鮮人の強制労働があったと書く約束をしたらしいが、韓国側はナチスドイツの強制労働工場の表示パネル写真を示して、その具体的内容を継続議論することで一旦は妥協した。

ところが加藤康子側が強制労働証拠の展示コーナーの設置を拒否し、入場券に付随して配布する施設案内に「朝鮮半島からの労働者が居た」としか記述しないと言い出し、韓国側はいつものようにまた安倍に騙されたと気付いた。

韓国政府は外務副大臣をボンのユネスコ会議場に派遣し、ユネスコや外郭団体の一次審査組織とコンタクトし、今回の全委員国とも接触。またユネスコ審査会場に韓国ブースを開設し猛烈な反対運動を再開させて、今夜に至っている。

明治の富国強兵は安倍晋三の理想らしいが、韓国からは非常に恐れられ嫌われているだけでなく、何十万もの犠牲者遺族が恨みを抱いて生きている。そんな現実を知らしめてくれる現代日本人にとって二度とない貴重な経験だろうが、それを理解し認識する知識も論理性もすでに欠落しきっている。                     (引用終り)

 知足的隠遁者 さんは 上のように述べている。 少なくとも『朝鮮人の強制労働の記載』で一致を見たわけだが、 韓国側は 『ドイツ並み』を求めていたのだが、 日本側は 「ドイツのように 展示スペースの 3分の1以上」を それに充てることはもちろん、 強制労働の記載など、 とんでもない、と どこからか圧力がかかったのだろう。 前言を翻した、 韓国側は そう思っている。 多分に 日本側は 「そんなことは言っていない。 文書合意がない。」などと言っているのではないだろうか。

 強制労働を書きさえすれば、『協力する』ということなのだが、 現在の政権の立ち位置が 「大日本帝国は 正義の国」という立場であるから、 そのような無法なことをしたとは同意できない、 まあ、 そういうことだ。 今の報道を見ると、韓国が 自分の登録ができたら 『急に寝返って』 、 ことさら日本の妨害をしているように伝えられている。 報道した当時、 どのような合意があったのか、それこそが問題であろう。 昨日 書いたように 『韓国外相が 来日』したのは、 事務方でおよその合意 (メンツが卓立つ合意がなければ、いかに弱小国でも 外相が来日するはずがない。) ができていたからであり、 一部の方が言っているように、 『韓国が安倍政権に屈服』したわけではない。

 こういう報道を繰り返すことによる、国内の 「ナショナリズム沸騰」を 恐れる声がある。
                                     全文リンクは →  Everyone says I love you !
                                              Everyone says I love you ! 引用
これで日本の産業革命遺産が世界遺産に登録されなかったら、日本のテレビとネットは、韓国許すまじ!で沸騰しそうでしょ?  末尾に掲載した記事にあるように、日本列島の8つの地域で、今か今かと世界遺産に登録されたという吉報を皆さん待っておられるので、本当に怖いです。。。。

 というわけで、当ブログ始まって以来の、一日4つ目の記事更新です。

 確かに、一緒に協力して、両国とも世界遺産認定を勝ち取ろうという落としどころは、日韓友好的で素晴らしかったのに、韓国が日本を裏切って邪魔してると捉えると、ネトウヨ激昂というか、普通の日本の人も怒りそうです。

 でもそうじゃなくて、もともと、韓国は、日本が申請したうちで強制徴用のあった7施設の登録申請を撤回するよう要求していたのを変更して、対象施設の説明に強制徴用の歴史を含めようと妥協案を提案していたんです。

 さらに、そもそも、私は日本が明治の産業革命の工場跡などを世界遺産に登録申請したときから、これ、間違いだと思っていたんですよ。 第一に、明治の産業革命遺産って、例の富国強兵の遺産ですよ。 それって、日本人にとっても光の部分と影の部分があります。

 朝鮮人の方々の強制連行以前に、日本人が「女工哀史」的な「ああ野麦峠」の世界で、過酷な条件で働かされ、しかも、国力を付けた日本は日清・日露、そして日中十五年戦争、アジア太平洋戦争に進み、これらの施設の多くが軍需工場になったわけで、工場跡のある日本各地の方々には申し訳ないのですが、とてもじゃないけど世界遺産として記念すべき場所じゃありません。

 これを地元山口県萩の遺跡を含めて強力に推したのが、ほかならぬあの安倍首相だというのですから、なにをかいわんや。  おまけに、何万人もの強制徴用された朝鮮人・中国人の方々が無理矢理働かされ、多数の人が死んでいるわけです。

 これらを世界遺産に登録申請した日本政府は、「あくまでも明治の産業革命遺産として申請するのであり、強制徴用とは分けて考えられる」 「登録を目指す施設は1910年までの歴史を対象としており、強制徴用が行われた1940年代とは時代が異なる」と言っていますが、同じ施設なんですから、そんな、分けて考えるなんて無理筋です。

 韓国側は先に述べたように、7施設の登録撤回ではなく、対象施設の説明に強制徴用の歴史を反映させよと言っているだけなのに、それを拒否する日本側にむしろ問題があります。 だから、韓国は強制徴用があった歴史について話させろと言っているわけです。

 まとめると、日本が世界遺産にしたい工場は、確かに日本を勃興させた産業革命の遺産と言う光の部分もあるけれども、後に戦争につながる富国強兵の名目で、日本人も過酷な条件で働き、朝鮮人・中国人も無理やり連れてこられて多数が亡くなった陰の部分が非常に大きい。

 それがトータルなこれらの遺産の歴史であって、それら全部ひっくるめて、ユネスコの世界遺産にふさわしいかというと、もとから全然ダメです。

 なので、明日、世界遺産になったらそれはそれで仕方ないんですが、 もし日本だけ世界遺産になれなくても、百済の遺産と違って闇の部分が大きいということで、ナショナリズムに走らないでくださいませ 
                        日本に暮らすすべての皆々様。             (引用終り)

 現在わが国にある 『世界遺産』は 右下の地図のように 18の地域がある。 この中でも 先の「富岡製糸場」は それが「世界遺産」と決まった時に 疑問を投げかけたように それほどの価値はないと思われる。 冷静に 「日本人」として考えて 今回登録を予定している 「明治の産業革命の一群」は 日本としての価値はあるかもしれないが、 世界と共有する価値があるのかどうか、 冷静に判断してもらいたい。 

日本の産業革命遺産

 負の歴史を含めて 「人類としての記憶」として必要だ、というなら まだしも …
スポンサーサイト

COMMENT - 1

ステレオ  2016, 01. 19 [Tue] 09:34

安倍政権は『富国強兵』を目指していない。振りだけ。

安倍政権支持派も反対派も、「安倍政権は『富国強兵』を目指している」としています。

ところが、安倍政権は『富国強兵』を目指してはいません。
3年連続の史上最大の貿易赤字。
「不動産市場における国際展開戦略」という政策では、「日本の不動産を外国人に売ること」を促進しています。
実際、台湾人・中国人が日本の不動産を買い漁っています。
安全保障上の規制もなく、自由に台湾人・中国人が日本の不動産を買い漁っています。

支持派も反対派もTPPなど「あれ、これ、富国強兵になるの?」と思うような政策を、安倍政権は進めています。
ところが、「安倍政権は『富国強兵』を目指している」と思い込んでいるので、そういった政策を過小評価したりしています。

「安倍政権は『富国強兵』を目指している」のでなければ、安倍政権は何を目指しているのか?
安倍政権は「軍需産業を含むグローバルな企業・グローバルな投資家の利益」を目的にしている。
そう考えると、TPPも「不動産市場における国際展開戦略」も史上最大の貿易赤字も、再軍備も納得できる。
軍需産業の脅威は、アイゼンハワー大統領が退任のあいさつで「軍産複合体」として警告している。

「不動産市場における国際展開戦略」で検索していただければ、安倍政権の売国ぶりが分かると思います。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。