スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産登録決定後の政府の対応は 『非難されるべき』ではないのか、と思える 「英語解釈の変更」、 閣議決定でなんでも決まるとお思いか。

 世界遺産登録決定後の日本の佐藤地ユネスコ政府代表部大使は、「1940年代にいくつかの施設で、意思に反して連れてこられ(brought against their will)、厳しい環境の下で働かされた(forced to work under harsh conditions)」多くの朝鮮半島出身者がいたことと、 第2次大戦中に日本政府も徴用政策を行っていたことを理解できるような広報施設を設けるなどの取り組みを行うことを表明した。

 この直後の会見で、岸田文雄外相は、 「我が国代表の発言における『forced to work』との表現等は、『強制労働』を意味するものではない」 と明言したが、韓国側は全くそう受け止めていない。 -- 韓国側と書くからおかしくなる。 -- この文を読めば どこの国の人でも、『強制労働』を意味するととらえる。 日本のユネスコ政府代表部大使が 英語を理解していないはずはない。 だから 彼は『一般が理解すると同じように理解して、この発言をした』と考えられる。 ところが、 現場と違う考えを 『政府中枢』が持っているので、 この件はなかなかスムースに運ばない。

 前回も書いたが、「ごねている」のは 日本ではないのか、という疑問がわく。 まず、 韓国の外相が来日した際の 「合意事項」は何であったのか。 その合意は 「文書化」されているのか、 何語でなされたのか、 その辺がよくわからない。 政府の言うように 「外相会談での合意を反故にした」のであれば、 その合意事項を公表して、韓国政府を追及すべきだろう。 当初から 『玉虫色の決着』だったのか、 日本の理解が 『間違っていたのか』 (あるいは韓国の場合もある。)、 その辺を全く書かずに いたずらに 「反韓感情」をあおる マスコミと政府がいる。

 午後の会見では、 「(国民総動員法に基づいて定められた)国民徴用令に基づく朝鮮半島出身者の徴用が行われたことを記述したということ。 強制労働を意味するものではないということを、かねてより申し上げている」 と述べた、と言うのだが、 この日本政府の発言は 世界では 「理解されない」だろう。 真意を隠している、真意とは何か、 「補償問題にしたくない」と言うことらしいが、 それをはっきり言えば「なるほど」と納得できないこともない。 

 日本側が「強制労働」を否定する背景には、2012年5月に韓国の最高裁が下した判決がある。のだそうだ。 『判決は、戦時徴用に対する個人の補償請求を認める判断を示している。この最高裁判決を背景に、韓国国内では戦時賠償をめぐる議論が再燃している。今回の発言で日本政府が「強制労働」を認めたと解釈されてしまうと、こういった議論をさらに勢いづかせる可能性がある。』

                                                         2015.7.8   産経新聞 
 外務省が「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録をめぐり、一部施設で働いていた朝鮮半島出身者への「強制労働」がなかった経緯を英語で説明するなど、対外発信強化を検討していることが7日、分かった。韓国が日韓外相会談での合意を反故(ほご)にしたことへの対抗措置という面もありそうだ。

 両国の対立点は、世界遺産委員会の審議で日本側が英語で表明した「forced to work」の解釈。日本側が「働かされた」と翻訳する一方で、韓国側は「強制されて労役をした」と訳し、日韓間で解釈の相違が起きている。このため政府は、第二次世界大戦中に自国民を徴用し働かせた労働者の中に、朝鮮半島出身者もいたという事実を発信。特別に強制労働させていたものではないことなどを説明する方針だ。                        (引用終り)


強制連行-1-
 小学館百科全書によると、 朝鮮人は1939年に3万9000人、40年に5万5000人、41年に12万人、42年に24万8000人、43年に36万人、44年に38万人、45年に33万人、合計150余万人が連行された。 また重筋労働力不足を補うため、政府はまず朝鮮人強制連行を、ついで中国人強制連行を行った。1942年(昭和17)11月の閣議決定「華人労務者内地移入に関する件」により、約4万人が日本全国の鉱山、土建現場、港湾荷役などに投入され、6830人が死亡した。戦後、まもなく、ほとんどの中国人は帰還したが、戦犯裁判の証人として少数は残留を命ぜられた。

                                                   山崎 雅弘 ‏@mas__yamazaki
差別や人権侵害の歴史、他国への軍事侵攻と資源搾取と強制労働の歴史を子供に教えず、過去の良いことだけ子供に教えれば「自国に誇りと希望を持つ人間に育つ」と考える人間は、国政の中枢にも地方首長にも大勢いるが、人間の知性を著しく低く認識している。傲慢な人間ばかりを増やす結果になっている。

過去の負の歴史を、内輪のサークルでしか通用しない詭弁で否認・正当化し、過去の良いことだけしか見ないことが「自国に誇りと希望を持つ人間のあり方」だと考える人間は、他人の人権を踏みにじるような言葉を平気で吐く。歴史修正の思考と人権侵害への鈍感さは、コインの裏表のようにリンクしている。               (引用終り)

 戦争をすることの 『重大さ』を 日本国民も日本政府もわかっていない。 第2次大戦で アメリカや ヨーロッパ、オーストラリアなどは 賠償の権利を放棄している。 中国も 「毛沢東や周恩来」の考えで 放棄した。 韓国は 「微妙な立場」であり、 北朝鮮は いまだ国交がなく、 この件での話し合いすら持たれていない。 こういう国々では 「日本から賠償金をしっかりとれ」と思う 『国粋主義者 (右翼) 』は 大勢いるはずである。  短期間で終わった、それも 「他国の地が戦場となった」日清戦争ですら、 国家予算の3倍の賠償金と、台湾、ポンプー諸島、遼東半島を取り上げた『日本』が、 また「戦争ができる普通の国」になりたいと言い出した。 「あの時、二度と立ち上がれぬほど、賠償金をとっておくべきだった」と考える人々がいてもおかしくはない。

 もし仮に 「強制連行した 中国人や韓国人」に対して 補償すべきであるなら、 国立競技場に「2500億円」を投じる肝っ玉の太い政府ならば 何らかの形で補償を考えていくのが筋であろう。 -- 公共工事では 予算に収まったなどという話を聞いたことがない。 2倍なら良いうちで、 3倍、4倍で普通であろう。 予算は問題になるが、 その後は問題化にしない。 (六ヶ所村の 再処理工場を例にすれば、当初発表されていた建設費用は7600億円、2011年2月まで2兆1930億円、 2010年完成予定だったが、 現在言われているのは 2016年3月、11年以降に いくら使われたか 私は知らない。)  官僚も変わってはいないので、 国立競技場と 「伊勢志摩サミット」の2つ合わせて『1兆円』の支出を国民は 許容しているのだろう。 

                                              十全外人大庭亀夫 ‏@gamayauber01
えらそーw
日本の「新聞記者」や「放送マン」は2010年には11位と評価された報道の自由を、権力に頼まれもせんのに、政府への自発的な阿諛・追従と怠惰への耽溺(例:記者クラブ)を繰り返して、準戦時統制ジャーナリズムの韓国より低い61位にランクされたことをどう思っているのだろう?


 以前からお越しの皆さんは 追記がなにか ご存じでしようからいいのですが、 「リュウマのパパ」の 勝手な (自己満足) の部分ですので、 一般の方は スルーしてください。

 突然 『トワ・エ・モワ』の  今はもう秋 … 夏なのに… を思い出してしまった。 最近の ぎすぎすした世の論調を見ると、 こんな歌を歌っていた頃が懐かしいですね。

         今はもう秋 誰もいない海         今はもう秋 誰もいない海  
         知らん顔して 人がゆき過ぎても     たったひとつの 夢がやぶれても
         私は忘れない 海に約束したから     私は忘れない 砂に約束したから
         つらくても つらくても             淋しくても 淋しくても
         死にはしないと                死にはしないと
                                            1分25秒 → ブログ用 今はもう秋
スポンサーサイト

COMMENT - 2

ローレライ  2015, 07. 09 [Thu] 17:30

『外交的パールハーバー』

日本十八番の『騙し打ち』で韓国視点だと『外交的パールハーバー』ですね。

Edit | Reply | 

山形明郷  2015, 07. 09 [Thu] 20:22

「古代史犯罪」

我が国に、とくに我々日本民族の歴史というものは厳密に言って存在いたし
ません。

  一般に言われているように「日本書紀・古事記」をもって日本の史書として
いますが、これらの中の「神代の巻」という伝承神話は、旧満州及び今日の韓
半島方面における史実の断片の神話伝承化であります。

  高天原(こま)= 後の高句麗の蓋馬(こま)大山(大古馬嶺山)

   蒼みが原   = 黄海(古名が蒼海、前漢が滄海郡をおいた所の南海に
           存在する海)

スサノウノミコトの大蛇退治の伝承
          = 鴨緑江流域に於ける檀君王倹の邑樓(おろ・うむる)
八部族の平定が日本に伝えられ、スサノウノミコトの
ヤマタノオロチ退治と寓話化されたもの

 数えあげたらきりがない程、満州及び韓半島との係わりあいが多く、書記・
古事記を全て今日の日本列島に位置づけて語ることには無理が出てきます。

 なお、日本書紀そのものが百済本紀の引き写しとも言われる故、或いは、神
武東遷の伝承そのものが百済の始祖・尉仇台の遼西方面からの東遷の史実が色
濃く投影されている可能性があります。

  又、我が天武朝が楽浪朝鮮(馬韓)の後身であったこと、先の天智朝とは何
の繋がりもないことなども、日本の歴史家達は口をつぐんでいます。

近代的国家行政区分などによって歴史を解釈することはとんでもない間違い
を犯しているのであり、いたずらに偏狭なナショナリズムや偏見・独善に陥り
易い傾向にあること、先に小生が物事の真実も見えてこないとした所以です。

  かつて、日本がその偏見と独善的な歴史解釈から誤った指導理念を生み出し、
近隣アジア諸国なかんずく御国・韓国に対し、いかなる結果をもたらしたか、
小生は、過去の歴史が雄弁に物語っていることを知る一人の日本人であります。

 日韓は同祖であり、我が国の古代史を語る上に於いて垣根を作ってしまって
は、いたずらに混乱をきたし、ますます日韓の感情的軋轢をつのらせるのみ…
と思惟しております。

 このように考えている民間無名の存在も居ることを何卒ご理解下さい。

                                 

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。