スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争法案、『反対』『慎重に』と 多くの地方議会が 決議。 守るべき国とは 何なのかを問いかける「河北新報」

 10年程前と今とでは 「論調」が 様変わりしている。 近年では、「東京大空襲」や「原爆投下」を 「日本」に忠告する米国政府への非難の材料にする。 以前は これらは 『帝国政府』への非難材料だった。 知識を吸収する努力もせず、 「コピペ」ばかりで暮らしていると、全く自分の主張が 「天に唾する」ことが わからないようになる。まあ、 それが望みなら それでいいのだけれど …

   集団的自衛権の行使容認

 
 安全保障法制や集団的自衛権の行使容認をめぐり、全国で少なくとも331の地方議会が国会や政府への意見書を可決していることがわかった。「反対」の立場が144議会、「賛成」が6議会、「慎重」は181議会だった。 このうち 「賛成 6」は すべて東京。 さすが 『極右の人種差別主義者』として海外で知られる人物を 12年間も都知事に選んだだけのことはある。 まあ、 皆さん、今回も 「焼け死ぬこと」を選択するようです。 
 
                                                河北新報 2015.7.6 河北春秋より
 「あなたは自分や親兄弟友達の命を助けようとは思いませんか 助けたければこのビラをよく読んで下さい」。1945(昭和20)年7月20日ごろから27日にかけて、青森市の上空からこんな文章のビラが大量にまかれた

▼米軍の「警告」だった。数日中に青森を含む11都市のうち、四つか五つの都市にある軍事施設を爆撃すると予告し、市民に避難するよう呼び掛ける内容が書き込まれていた

▼ビラを読むことは禁止され、軍の命令で回収された。14、15日には艦載機による空襲で青函連絡船12隻が全滅していた。危険を感じて疎開する市民に対し、県や市は防空法を盾に28日までに各戸1人は家に戻らなければ配給を停止すると通達した

▼市がB29爆撃機による大空襲を受けたのは28日夜半。市街地の大半が焼失し、自宅に戻った市民ら1000人以上が犠牲になったとされる。落とされた焼夷(しょうい)弾は日本家屋の屋根を突き破るよう頭部を重く、燃えやすくした新型。消火などできるはずもなかった

▼遠い歴史の中ではない、父母や祖父母、曽祖父母の代の出来事だ。国家が戦争に突き進み、日々暮らしている町はいとも簡単に戦場になった。有事の名の下、国民は財産や生命を奪われた守るべき国とは何なのか。70年前の過ちを忘れてはならない。                            (引用終り)

 日本での都市空襲の被害が『甚大』になったのは、 何もアメリカのせいばかりではない。 信じられないことだが、 空襲からの避難を国民に認めなかった 「大日本帝国」のせいでもある。 上のコラム中の 『防空法』とは どんなものなのか、

 、「戦時中の“防空法制”によって避難は禁止された」,「御国のために命を捨てて消火せよと強制された」、「徹底した情報統制と安全神話で、空襲は怖くないと宣伝されていた」。
                   -- いま これと同様に 『お国のため』と叫ぶ輩がいる。 --


    「空襲の安全神話」―1-
どこかの国の総理も「パネル」を使ってありえない話で国民を納得させようとしている。同じ手を2度も食らうとは…

                              「検証 防空法 … 空襲下で禁じられた避難」 (法律文化社) より
昭和18年2月に、アメリカ製の焼夷弾(中国に投下された不発弾)を入手して爆発させる演習を行い、約100メートル四方に火焔を噴射する焼夷弾の威を政府は確認している。(本書p.101)  さらに科学者は、焼夷弾の消火はほぼ不可能だと指摘していたが(本書p.90) 政府は科学者の指摘も無視して、「空襲など怖くない。逃げずに火を消せ」と国民に指示した。 -- どこかの国の官房長官は 国民の命と財産を守るのは 学者でなく 政治家だ、というようなことを言っているそうだ。 --

 一晩で10万人の死者を出した東京大空襲(昭和20.3.10)。その被害を目の当たりにしながらも、政府は「都市からの退去禁止」の方針を変更しなかった。 大空襲の4日後、貴族院議員・大河内輝耕は「火は消さなくてよいから逃げろ、と言っていただきたい」と帝国議会の質疑で政府に求めたが、内務大臣は最後まで避難や退去を認めなかった(本書p.202)。

 その翌月、政府は、今後の疎開方針として、老幼病者、学童の集団疎開、建物疎開による立退き者だけは疎開を認めるが、それ以外の者の疎開は認めないことを閣議決定した (本書p.78)。 終戦2週間前の青森空襲の際も、県知事・市長が「避難するな」「防空法で処罰する」と通告した(本書p.12)。 -- どこかの国でも、 「閣議決定」を連発して、「憲法違反の法律」を 作り上げているらしい。--

 昭和18年から昭和19年にかけての閣議決定で、疎開の対象者を老幼病者や建物疎開に伴う立退き者などに限定(本書p.72)。 さらに、東京大空襲の直前、昭和20年1月には、防空実施のため必要な人員が地方へ転出しないよう国家総動員法の発動を含めた強力な指導をする方針が閣議決定された(本書p.75~76)。 -- 万能の力を持つ『閣議決定』。 どこかの国では、 憲法に決められた事柄を 次々と 『閣議決定』で ないものにしているそうだ。--

 防空法8条ノ3は、退去を「禁止できる」と定めるだけだが、真珠湾攻撃の前日、昭和16年12月7日に内務大臣が発した通達には、国民を退去させないという指導方針が明記された(本書p.54~57)。  法律と政令と大臣通達(通牒)。この3つの法規を通じて、国民は都市からの退去を禁止された。

 こうした法規だけでなく、空襲は怖くないという情報操作(本書p.110)と、隣組を通じた相互監視(本書p.153) によって、国民が「逃げたいと思わない」または「逃げたくても逃げられない」という体制を作り上げた。

 政府は大空襲に備えた十分な消防車やポンプ設備を整備しなかった(本書 p.122)。 国民は、効果のない「バケツリレー」などの防空訓練をさせられ、命がけで消火活動をさせられた(本書 p.86)。 さらに政府は、「長さ1mのハタキで火を消せる」(本書p.93)、「手袋をはめれば焼夷弾を手でつかんで投げだせる」(本書p.98)など非科学的な宣伝を繰り返し、市民が空襲の猛火に飛び込んで消火活動に敢闘するよう指示しました。

 政府自身が「命を投げ出して国を守れ」という防空精神を国民に流布したように(本書p.50)、およそ防空法制は市民の生命を守るものではなく、生命を犠牲にさせるものだった。

 もともと政府は、防空壕を掘る場所は庭や空き地にせよ、堅固な材料を用いて強度を確保せよと指示していた。ところが昭和16年の防空法改正と日米開戦と同時期に、政府は方針を変更して、「防空壕は簡易なものでよい、床下に穴を掘りなさい」と国民に指示した(本書p.136)。   政府刊行書には「防空壕は床下に作った方が、焼夷弾の落下がすぐ分かり、直ちに消火出動できる」などと記載されていた(本書p.142)。 こうした政府方針のもと、大型の公共防空壕の建設は不十分のまま、各家庭に危険な防空壕が作られてゆき、家屋の崩壊による生き埋めや窒息による膨大な犠牲者が生じた。                                  (引用終り)

守るべき国とは何なのか。70年前の過ちを忘れてはならない。 と 河北新報は言う。
スポンサーサイト

COMMENT - 1

山形明郷  2015, 07. 10 [Fri] 18:25

「古代史犯罪について」

『朝鮮』― 朝鮮民族よ、今こそ覚醒せよ!―


 この「朝鮮」と呼称される国号と、その民族の淵源(えんげん=ルーツ)に
ついて、ここに少々私見を述べてみたい。そもそも、この「朝鮮」という国号
の濫觴(らんしょう=起源)をかんがみるに、近・現代史では大変な誤断を冒
している。

 李氏朝鮮(李朝)以来、「朝鮮」という国号に改変されたため、所謂「古代
朝鮮」そのものが、今日の韓半島内における存在であったという矮小なる国家
観が定着し、それは誰もが疑義視せざる一大「定説」と化してしまった。

 かてて加えて、ある世紀の歴史のページにおいては、「朝鮮」という言葉そ
のものを、蔑如(べつじょ)・偏見・差別として見下してきた時代が存在した。
だが、それは歴史を知らなすぎる無知がなさしめた結果の弊害であり、又、そ
の様な扱い方で教育してきた過去の日・中国の学者達の怠慢と驕り以外の何も
のでもなかったと言えよう。

 さて、それでは旧来の「朝鮮」と言われる国号とその民族の淵源は如何にと
言うと、多分に伝説神話の域と思惟されるが、『魏書・高麗史・三国遺事』な
どの記録から勘案してみるに、朝鮮開国の伝統は、神人・檀君王倹の降臨によ
って始まるらしい。

 しかし、この伝承神話を比較文献史学の対象とし、それを歴史的事実と認知
するためには、余りにも校合すべき文献類が欠如している。あまつさえ『三国
遺事』は、中国の『魏書』の引き写しであり、又、今日においては『魏書』そ
のものの中では抹殺されており、中国開闢(かいびゃく)伝承の盤古(ばんこ)
氏の条も抹殺されている状態である。

 故に、先に言い置いた如く、あくまでも私見であり、憶測の域たるをまぬが
れないが、多分に「檀君降臨伝承」はインド・アーリア民族のバラモンの聖典
ヴェーダー中に現れる「インドラ神」の転訛ではなかったかと按ぜられる。こ
の神話が東遷するうちに「インダナ神」となり、又、「ナンダナ神」と転訛し、
これが中国大陸に伝わり「南檀」と漢訳されたものではなかったか?勿論、今
日の中国史書中において「檀君」は、その記録の片鱗すら認められていない。

 以上の如くの推測が可能とすれば、「朝鮮」という国号の濫觴は、古代史ど
ころの話ではなく「太古史」の分野となり、一般的に言われる文献史学の範疇
外とならざるを得ない。

 従って、ここで「朝鮮」の国号と民族の濫觴を語るには、つまり、歴史的事
実として認知してゆくためには、やはり中国に現存する資料に依拠せざるを得
ない様である。周知の『戦国策・漢書・史記・国語』などの断片的記述から総
合して判断してみるに、「朝鮮」なる国号が現れてくるのは殷末の賢人・箕子
(実名は子胥余、子は殷の王姓)が興したと伝えられる「箕子朝鮮」をもって
嚆矢(こうし)と見なせる様である。

 しかし、これも「朝鮮」という国号の現れる段階からの話であり、唐突にこ
の「朝鮮」が勃興したのではなく、この国を興した民族達の歴史は更に古く遡
れる様である。

 周知の如く、世界の古代四大文明の一つに、いわゆる黄河流域に興った文明
が語られ、しかも、それはことごとく漢民族五千年の歴史として、当たり前の
定説となって罷り通っているが、この定説そのものが「朝鮮」をも含め、古代
東アジア史を語る上での蹴躓(けつまづき)の始まりとなってしまった。

中国五千年の歴史・伝統が云々と語ること、それが漢民族の独占的位置を占
めるものであると思わせること、これが大変な誤断であり謬説であることを、
一般には余りにも知らなすぎる。すなわち、「黄河文明」の始まりそのものは
漢民族に非ずであり、全てが、俗に言う「ツラン・ツングース」或いは「黄河
ツングース」と言われる民族の興した文明である。漢民族の歴史は、「唐・虞
(ぐ)・夏・商・周五代」の中、断絶しながらたかだか二千百余年足らずでし
かない。しかも、それは「周」を嚆矢とする。

 蛇足ながら、一般に「漢民族」と言うと、それは「ゲルマン民族」や「大和
民族」を単一無雑なる純粋種と言う矛盾に同じく、「漢」は「渾(ふん)」で
あり「渾(ふん)」は「混(こん)」である。つまり頭初から雑種民族であっ
たと言う事だ。この「漢民族」の淵源については、今日に至るまで確たる論証
は現れておらず、大雑把にみて多分「昆崙(こんろん)民種」か、或いは「バ
ビロン」出自説、突飛なところでは「アメリカ・インデアン」説すら存在する
と言われている。

 この出自について判然としない民族ではあるが、やはり「昆崙系」と見なし
東遷して黄河流域地帯に入り込み、「黄河ツングース」の興した文明を簒奪し、
新たな中原の支配者を詐称した事は間違いない様である。

 では、中原における存立競争に後れをとった『ツラン・ツングース「黄河ツ
ングース」族』はどうなったかと言うと、西暦前千二十五年ないしは千十五年
頃、西漸勢力の「漢族」と「ツングース系」の「殷」が激突し、「殷」の末王
・紂(ちゅう)の時に滅亡に至り歴史から消滅する事になる。

時に「殷」の取辛(しゅしん)王の母方の諸父(しょふ)で俗にいう「箕子」
が、「殷」の貴族や遺民を率い、「周」の勢力圏を脱出し、中国河北省北部・
灤河(らんが)流域に拠点を移し、「朝鮮」を号したのに始まる様だ。だが中
国本土も政局が不穏な時期に入ると、再度「漢族」の圧迫を受け、旧西部満州
に入り「医巫閭(いふろ)山」を拠点としたが、ややあって「秦」が中原を統
一するや、国境問題が発生し、遂に、「箕子」一門は大遼河以東地区へと徙遷
(しせん)し、西暦前百九十五年頃までに至るおおよそ八百余年の間、「朝鮮」
は繁栄を極めるに至る。

 すなわち、一般的に言う「古代朝鮮」とは「殷」の後身であり、黄河文明の
担い手であったわけであり、その興亡の舞台は、今日の韓半島内に限定された
ものではなく、それは遼河以東・旧南北満州に跨る広大無辺の天地であった。
この事実が忘れ去られ、極めて矮小な存在として誤り伝えられ今日に至ってい
るわけである。

 吾人は一無名の外史であるが、今、ここで声を大にして叫びたい事は、
「朝鮮民族」よ、今こそ覚醒せよ!である。

諸君達が古代東アジア史上、中国古王朝と拮抗し歴史上最も輝かしき足跡を
残した舞台は、黄河流域であり南北旧満州の地であった事を忘却してはならな
い。

 今日、既に博物館行きぐらいの価値しか認められない政治思想によって、南
北に分断され骨肉相剋の悲哀を呈しているが、それは西洋哲学の害毒に塗毒さ
れた一時的現象にしかすぎない。民族自らの歴史と自覚に立ち、来るべき二十
一世紀に東洋民族として警鐘を乱打するべきならずや。

鮮やかなる朝(あした)すなわち朝鮮という美しい音韻を蘇らせよ!



Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。