スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権に 『追随、迎合』した組織は、 政権交代があった時 どうするのだろう。 素朴な疑問なのだが …

 安倍内閣が終わったら NHKの職員はどうするのだろう。 籾井会長は 「高額の退職金」を手にしてトンズラすればいいのだが、 他の制作局長などの役職者から ディレクター、アナウンサーに至るまで、 今回の 『安倍政権に迎合』したことの説明をせねばなるまい。 

 『NHK』とよく比較されるイギリスの『BBC』の場合、 過去幾度となく政権と対立して 「自らの正義」を貫いてきた。 その歴史が イギリスだけではなく 多くの英語圏の読者 (ニュースサイトを運営) からの信頼となっている。 日本の朝日新聞の記事が 世界に影響を与えるかのように言う 「安倍政権やその取り巻き」の言い分は妄想の世界であって、 まだ 日本にはそれほど信頼されている報道機関はない。

                                               --小林恭子の英国メディア・ウオッチ--
  BBCが政権批判を堂々と行えるのは、報道の不偏不党が法律で規定されている上に、新聞、ネットも含めたメディア及び社会全体で報道組織の独立性を重要視する認識が確立しているためだ。BBC自身の過去の報道の積み重ねがこうした認識に貢献してきた。

BBCは戦時でも中立を守る報道を行うのか、それとも英国側に立つべきなのか?一つの答えを出したのが、アルゼンチンとのフォーククランド戦争(1982年)の報道である。

 大衆紙が愛国主義的報道を行う中、BBCのニュース番組「ニューズナイト」の司会者は国防省の情報を「英国側(の情報)を信頼するとすればだが」と表現。「我軍」ではなく「英国軍」と呼ぶなど、距離を置く言葉を使った。大衆紙サンは政府の情報を信じない司会者がいるBBCを「裏切り者」と呼び逆風を吹かせたが、BBCは方針を変えなかった。

 近年のBBCと政府の戦いで記憶に新しいのは、イラク戦争(2003年)の開戦理由を巡る、ブレア政権とBBCとの争いである。「情報を誇張して、英国を戦争に向かわせた」とするBBCの報道とこれを否定する政府側との大きな対立は、報道の情報源となった人物が自殺したことで急展開した。

 死の状況を解明するために立ち上げられたハットン調査委員会は、04年報告書を出し、BBCの報道を批判した。経営委員長と会長が引責辞任という結末となったが、後の調査で、BBCの報道が真実を突いていたことがほぼ証明されている。

 独立した報道を行った結果、経営陣の首が飛ぶこともあるし、報道が正しかったかどうかの判定には年月がかかることもある。BBCはこれまでに相当の犠牲を払いながら、政権批判を辞さない報道を続けてきた
  (引用終り)

 こういう社会から見れば、「政府が右というものを 左と言えますか。」などという人物を 公共放送のトップに据え、 それに対して たいして批判も起こらない日本社会は、 『自爆攻撃の特攻隊員の父母』が 『お国のために立派に死んで来なさい、』というあの日本の再来と危惧することは 理解できるだろう。 これは イギリスに限った話ではなく、 ヨーロッパやアメリカでは 「報道機関が 権力から独立し、 権力に対して批判的な論調」 を 掲げるのは 当然のことと考えられている。 『中立、公正』ではなく、 「批判的」であるべきなのだ。 -- 中立公正の判断をだれがするのか、 その言葉によって 『権力側』が何を期待しているのか、 を考えれば だれでも分かることだが … --

 「日本政府と その支持者たち」が 一様に悪く言う 『韓国』の公共放送、KBSですら こんな風に戦ったのだ。 日本の報道の自由度は去年が61位、 今年は 70位にも届かないだろうが、 その大きな要素としてのNHKがある。

2014年5月  韓国の公共放送KBSで「報道への政府の介入を許した」として、報道局幹部や記者らがキル・ファニョン社長の解任を求めストライキを実施。抗議の声はさらに広がり、制作部門のプロデューサーやディレクター達がストライキの準備に入った。

KBSの職員でつくる二つの労働組合は「政権批判を自制するようにという大統領府からの要請をキル社長が受け入れ現場に指示したことは公共放送の役割に反する」として、社長の解任と朴大統領の謝罪を求め抗議を続けている。

 日銀も、内閣法制局も … この政権によって 『つくりかえられた組織、法律、政令』を 検証することを目的とした内閣が 出来ることこそが急務である。 野党が 「小異」にこだわるのでなく 「安倍政治検証」を 共有することで、 いったん 国民の理解と支援を取り付けるという方向性が出てきてほしい。

           NHKニュース9
               アナウンサー、解説者含めて 責任がないとはとても言えない。 
                                                        ぴの ‏@ppuripha
NHKニュース9 --  安保法案を強行採決した理由について、安倍がアメリカ議会で今国会で成立させると演説したことが「いわば公約であると言える」と説明?!   なんで、アメリカ議会での演説が公約なんだよ。

スポンサーサイト

COMMENT - 1

-  2016, 09. 02 [Fri] 19:35

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。