政党別支持率で 「共産党」が 「公明党」の2倍以上理支持を集めた。 民主党も10%を超えた。 無名の国民が「おかしい」と 考え込んだ結果である。 皆が 「意見を言える」自由主義、そして戦争法案反対の声

 世論調査での 『支持政党』の変化が面白い。 特に『共産党』の伸びと 『公明党』の凹みに目を奪われる。 劇的な変化が始まろうとしている。 「共産党」は 主張がはっきりしている。 民主党の場合、 下手をすると 一部に 『自民党応援団』のような言動をはくものがいる。 民主が 野党第一党としての座を守りたいのであれば、 彼らと縁を切って 『はっきりした政党』に生まれ変わったほうがよい。 それも面白いことだが、 共産党が 「野党第一党」になる可能性すらある。 こうなると、 経団連や右翼団体も 「これ以上の伸び」を抑えるために 国民の意見を聞くようになるだろう。 

 本当に 共産党との連立政権ができるような事態になれば、 自分たちの存立の危機、 言い換えると今まで 「共産党に対して行った数々の (違法行為を含めた) 行為」が 白日の下にさらされるのだから … まあ、 それは面白いことでもある。

        7/13NHK    7/18共同
      自民   34.7     31.9%
      民主    7.7    11.2
      共産    3.3     7.3
      維新    2.5     3.6
      公明    4.2     2.9
      社民    0.7     2.1
      生活    0.4     0.7
      次世    0.1     0.4
      無党   39.3    36.8

                                                          nakas ‏@nakas16
 支持率急減のうえに、その残った数少ない支持者ですら「説明は十分」ゼロなのですから、要するに元々の公明支持層は戦争法案に関しては100%離反したということです。公明党というより、創価学会の存立基盤を脅かしかねない、衝撃的数字ですよ。

       盛田隆二
                                                     盛田隆二のツイートから

                                                ラサール石井  ‏@lasar141
国会前に行っただけで「あっちの人か」「サヨクか」「組織と繋がってるのか」とかうるせえわ。報道見てじっとしていられず自分の意志で一人で行った人は沢山いるはず。演劇仲間はみんな行った。悪いけどスマホの前でウダウダしてるあんたらと違って俺達世代は身体の芯から人間の作りが違うんだ!

 それに対し中丸 啓氏 ( 日本の政治家。次世代の党所属の前衆議院議員 )のような 右翼がかった人々が 次のように言う。 そして、 実際に 「公安」に対して そのようなことを要望しているのだろう。 日本の公安が マスク、サングラスで顔を隠し、 デモ参加者を撮影しているのは 周知の事実である。 こんな行為は 「自由主義諸国」では見られないだろう。 主権者の主張を なぜ 「政府」が見張らねばならないのか。 
                                                中丸 啓 ‏@maruchan777jp
その仕組みを過激派陣営が作っている。だがこれに加わると公安の監視対象団体への参加者として写真も撮られその記録は一生残ることを知っているのだろうか?                                 (引用終り)

 私は度々このブログでも 日本で行われている『デモ』に対して 苦言を呈している。 こんな馬鹿げた「規制」されてものは、 デモと呼べないと …  賛同意見も少ないので 「私の意見」は 極少数派なのだろうと思っていた。 私が 若い学者の中で とびぬけて論理がしっかりしていると 評価している『山崎 雅弘氏』でさえ、 こんなツイートをするくらいだから、 一般国民においておや である。  
                                                山崎 雅弘 ‏@mas__yamazaki
1980年代に十代だった私は、社会的な抗議デモというのは「特殊な過激思想を持つ人間がやるもの」という先入観を植え付けられていた。近現代史を勉強して世界各地の社会の内容がどう変化したのかを知り、そんな先入観には根拠が無いことを理解した。

もし近現代史を勉強しなかったら、社会的な抗議デモは「特殊な過激思想を持つ人間がやるもの」という先入観や偏見に今も囚われたままだったかもしれない。デモに対する偏見や先入観を流布する人間は、自分が「歴史を知らない」と告白している。若い人には特に、世界の近現代史を勉強することを勧める。           (引用終り)

 日本で行われた 「自虐教育」なるものがどんなものか知らぬが、 『基本的人権』『国民主権』の在り方すら 教えていないことになる。 そういう環境下で育った 『SEALDs』の考え抜かれた行動は 立派である。 しかし、 いつかある時からは 『主権者らしい』デモになるだろうことを期待する。

 大阪にも 行動的で立派な若者がいる。 8000人を超える「デモ」が 団体旗もなく行われたのは 初めてだそうだ。 そして、 この 「反骨精神」こそ、 大阪に求められていたものではないかと思う。

       82b70c690405be2aa045519c5355c127.jpg



スポンサーサイト

COMMENT 1

マサ@  2015, 09. 23 [Wed] 14:22

日本共産党は堂々と日本の政治を動かし始めているのを感じます。安倍自公政権を倒す一点で野党が結集しなければ、日本は変わらない。ますます政治不信を高まらせて、自公政権の思うつぼです。国民の大多数の意見が反映させるために共産党の真摯な働きかけに他党は応えてほしい。

Edit | Reply |