スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日の『官邸前の集会』を伝えたNHKニュースは、 政府の言う『公正中立』の意味を教えてくれる絶好の材料だ。  7万人が参加したデモは 過剰警備で身動きの取れず とても『デモ』と呼べないようなものだった。 

 これだけ反対派を後押しばかりする新聞だけど(特に毎日と朝日) こんな時にきちんと真実を報じることが出来る新聞がこの先生き残れると思います。 たまに見る勇気ある報道には感動しますね。 テレビも当たり前のことを報道してくれてる局を見るとホッとします。などというコメントが飛び交う中、 公正中立なNHKでは このように『法案に賛成する人たちと反対する人たちのそれぞれ集会』を伝えている。-- 官邸や国会議事堂近くに行けるのは 右翼のデモだけ --
 
 nhkのニュース
       ホント、公正中立なこと。 受信料を払う価値のある放送局ですなぁー
                                                           7月24日  NHK
安全保障関連法案の審議が来週から参議院で始まるのを前に、国会周辺では法案に賛成する人たちと反対する人たちがそれぞれ集会を開きました。

このうち、法案に賛成する人たちの集会には主催者の発表でおよそ1500人が参加し、「日本の安全保障政策は穴だらけだ」とか「平和安全法制を推進すべきだ」などと訴えました。参加した70歳の男性は「日本は経済大国なのだからアメリカとともに世界の平和に積極的に貢献すべきだ。憲法には実行力がなく国民を守るためには安全保障関連法が必要だ」と話しました。また、19歳の男子大学生は「中国や北朝鮮など、日本を取り巻く環境が変化し、平和が脅かされる今、万全の備えが大切だ」と話しました。

また、法案に反対する学生グループなども24日夜、集会を開き、国会周辺でプラカードを掲げながらラップ調のリズムに乗せて「戦争法案、絶対反対」とか「憲法を守れ」などと訴えました。初めて集会に参加したという19歳の女性は「これまで政治には興味がありませんでしたが、友人がSNSで反対の声を挙げているのを知り参加しました。私たちの子どもの世代が戦争に行くようなことになってはならないと思います」と話しました。また25歳の大学院生は「解釈で集団的自衛権を認めるのは立憲主義を無視している。必要があるなら憲法改正の手続きを踏むべきだ」と話しました。                                                              (引用終り)

 NHKは この反対集会について ほとんどスルーしてきている。 今回は取り上げたが、 全く文章量的に公平にとりあげ、 賛成派は 主催者発表で1500人と言い、 反対派は ラップ調のリズムに乗せて「戦争法案、絶対反対」とか「憲法を守れ」などと叫んだと言う。 何も予備知識なしで このニュースを見た人々は どう思うだろう。 考えるまでもない。 これが我が国の『公共放送の姿』なのである。 賛成派の皆さんは 感謝せねばならない。 政府の要望する 『公平中立』を守っているのだ。

 逆に 政府の言う『公正中立』を守ると、 こういうニュアンスになるという格好の材料を提供してくれている。 真実は 「闇の中」、 70000人対1500人の扱いがこうなるというのだ。 まさか 『国会周辺では法案に賛成する人たちと反対する人たちがそれぞれ集会を開きました。』 で済むわけがないではないか。 これが『公平』な扱いなのか、 そして、こういう報道しかできない『マスコミ』しかない日本が戦争をして、その情報も日本びいきにならなくとも この程度になる、 ましてや『大本営発表』ともなれば どうなるか 考えずともわかるだろう。

 法案賛成派の皆さんには 特に評判の悪い 「朝日」「毎日」であるが、 そこのニュースを見てみても 特に 中国が絡むと 報道内容がおかしくなる。 
                                                      (07/25   テレ朝news) 
中国による東シナ海のガス田開発を巡り、日本政府が新たな写真などを公開して開発中止を求めたことを受け、中国政府は「開発は正当で合法なものだ」と改めて反論しました。

 24日、中国外務省は、東シナ海で進めているガス田開発について「正当で合法なものだ」とするコメントを発表しました。このなかで、開発海域については「主権と管轄権の範囲内で、2004年から日本側が急に騒ぎ始めた」としています。また、中断している共同開発交渉にも触れ、「協議再開に向けて良好な条件と雰囲気を整えてもらいたい」と日本側に注文を付けました。
 一方、フィリピンのマニラでは、中国による南シナ海の埋め立てに反発する市民らが大規模なデモを行いました。約300人が参加し、「中国は出ていけ」などと叫びながら練り歩きました。                    (引用終り)
    マニラ 反中国デモ

 テレビ朝日は 300人で 『大規模デモ』という認識らしい。 すると、 ずいぶんと SEALDsのデモは無視されていたことになる。 これも納得できるニュースではない。 南沙諸島が 『領有権』でもめているということだけを報じればよく、 修飾語句に問題がある。 ミスリードを誘うような 表現が多い。

なかなか前に行けない。
SEALDsのデモは前に進むことができず、高温と熱気で 大変な状態になってしまった。 『給水所』に人が集まる。
スポンサーサイト

COMMENT - 1

何事も不誠実な政府だから  2015, 07. 25 [Sat] 23:59

戦後60年過ぎて、まだ賠償問題、
もう、いい加減にしてほしい
日本政府が、潔く、ぶれず 誠実に謝罪していたら
こんな風に、いまだにもめることはなかったろう、

戦争の傷口を逆なでするようなことばかりして、
きちんと反省も謝罪もできない日本政府に対して
世界の視線は冷ややかで、どの国も庇ってくれない

それに 日本政府は、国民の命と暮らしを見捨てている
と思う


Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。