スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと 更新しました。 学者とSEALDsの共闘デモで 国会前で訴えた。 安倍政権の早期退陣こそ、 憲法に沿う道、 「安倍政権から、日本を取り戻せ。」 

 正直 急激な暑さ、 プラス 朝6時起きは いかに『夏期講習』という特殊な時期であっても つらい。 九州は 梅雨明けが遅かった分 雲にさえぎられて 気温上昇が他の地域より緩やかだったのだろうが、 ここ2,3日は 「雲1つ無い日本晴れ」が続いている。 ようやく、明日くらいから また 更新できるようになると思うのだが  ヘェヘェヘェ 「あじーー」のである。

      全国8割で真夏日

 こんな暑さの中、 国会への 「戦争法案反対」のデモを繰り広げているSEALDsや 学者の皆さんには 本当に感心する。 PCの前で 「ウダウダ言っていてはダメ」という言葉は 身につまされますねぇ、みなさん。 

 このデモに 「なぜ、日本国旗がないのか」などというコメントがあるが、 「日の丸」「君が代」「旭日旗」が どんな団体が使い、 どんなデモで使われているのかを少し振り返ればわかるだろう。 そういう意味でしか、 今日本では使われていない。 こういう使われ方ばかりであるなら、一般国民から それらに対する「愛情」は さらに去っていくだろう。 もちろん、 国旗、国歌の決定に 「国民」が 関与したことがないのが一番の問題であって、 今一度 国民に『問うべき』事柄の一つだと思う。

                                                     SEALDs ‏@SEALDs_jpn
慶應義塾大学3年 松島京太「自民党の人、聞いてください。あなたがた何のために政治家になったんですか。いま声をあげてくださいよ!国民はそこまでバカじゃないんです!あとメディアの人も『ラップ調の楽しげでオシャレなデモ』って言いますけど 若者はそんなことで、金曜の夜に足を棒にしてこんなとこに来ないですからね!?僕らは本当に怒ってるんです!最後まで頑張りましょう!」                           (写真SEALDsさん)

    火事と戦争一緒にするな

                                                      KaSuehiro ‏@KaSuehiro
憲法守れ!国会前、明後日デモをする高校生の方のスピーチ!腐った政府に未来を壊されたくないです!って。

   高校生の方のスピーチ1
                                                       Masa Kid ‏@kida_777
@SEALDs_jpn @inabatsuyoshi 頑張れ高校生。大人面した連中のデマや脅しに負けず、堂々と政治的権利を主張してください。おっさんは応援しています。

                                                     SEALDs ‏@SEALDs_jpn
『政治がタブーなんて時代、ここで終わらせたい。高校生だって自分の未来は自分で選びたいし、自分の未来を考えたい。大人の人、応援してるって呟いてる時間あったら来てください!私たちを応援してください』

高校生主催の渋谷デモ!!  8/2(日)15:30 代々木公園けやき並木道集合です!

                                                    T-ns Sowl ‏@teensSowl
政治がタブーなんて時代はこの時代で終わらせたいよ。  戦争法案に反対する高校生渋谷デモ

8/2(日)15:30   代々木公園けやき並木道集合
高校生の制服参加、大人の参加をお待ちしていています。一緒に歩きましょう。
    T-ns Sowl 1


                                                       SEALDs ‏@SEALDs_jpn
鷲谷いづみ中央大学教授「暑いなかお疲れさまです、皆さんあちらを向いてください、美しい月ですね。国民の過半数が反対し、憲法学者の皆さんが反対されている法案を数をたのみに通してしまう。そういう現状に危機感をもって、こういうことは初めてなんですけれど立っています。美しい自然を壊してしまう辺野古の新基地建設でも、原発再稼働でも、国民の声に耳を傾けないままどんどん進めてしまうそんな政権には退場していただかなくてはなりません。見えますでしょうか、ここにね『安倍バスターズ』と書いてあるんですけど」

 法学者や 文化人という人々が 全く声を上げない時期が ずいぶん続いた。 声を上げるのは 「マスコミ」で出ている極右の言論人、 桜チャンネルや雑誌「正論」などの 産経系のオピニオン誌の執筆陣だけだった。 それが、 本当に SEALDsと 「3人の憲法学者の発言」で がらりと様相が変わった。 ただ、 大手のマスコミが 『政権に寄り添い』、 これらを十分に伝えていないことは 残念だが、 こういう行為は のちに 『政権交代』が あった時に 厳しく指弾されるだろう。 次の政権交代も 今回同様 「振り子が大きく振れる」 そういう『政権交代』になるだろう。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。