スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『安倍談話』への各国政府の反応が厳しくないのは 信用してよいか否か、 しばらく総理の行動を見よう、 というのが 世界の現実。  敗戦を重く受け入れられない 「全体主義者」が 日本の信用と名誉を棄損していく。

 アッ この写真は何回も見ましたよ、という声が聞こえそうな気がする。 ところが なんです。 これは中国の新聞のものなんです。 注意してみると写真の右下に「中新網」 周り観衆は 東洋人 (中国人) 持っている小旗は 『五星紅旗』、 写真では分からないが モデルは中国人カップルなのだという。 今年は 70年という節目の年にあたるからかもしれぬが、 戦勝国の連帯感が溢れているような気がする。 日本人の多くが、 中国に対して 「戦勝国」という意識が低い。 前都知事の「石原氏」などは 代表だろう。 これだけの連帯感を持っている国々が 中国と日本の間に事があった時に 素直に 「日本の味方」になってくれると思える人々が存在することが不思議である。

The famous kiss

 翻 (ひるがえ) って、 日本を見ると、 その目の前には 「靖国神社」と そこにうごめく人々が映る。いまだ『大日本帝国 健在なり』とでも 言いたそうな人たちばかりである。 そういう日本の雰囲気を 世界が敏感に感じ取っているのかもしれない。 今年のVJデイは 特に盛大なような気がする。 靖国神社に続く道には、 右翼の象徴になってしまった「日の丸」を持った 数百人が列を作る。彼らの主張は 「八紘一宇」や「大東亜共栄圏」 さらには「植民地からの解放」という 西側諸国から見れば とんでもない主張である。 日本は 外国との戦いで 「敗戦」をしたことがない。 敗戦の意味を政府も国民も 終戦時においては理解したかに見えたが、本当の理解ができていない。 経済発展とともに 自分の『面子(めんつ)ばかり』を考えるようになった。 70年間作ってきた 『名誉』と『信用』を失ってまで …

きましたわ
                             写真は 早川タダノリ ‏@hayakawa2600さんのツイッターから

                                               モーリー・ロバートソン ‏@gjmorley
英語圏の報道は国際社会で最強です。そこに歪みがあるのなら、能動的な発信を通じて「考え方に他の選択肢もある」という説得を日常的に続けていく必要があります。正のプロパガンダ、PRと言い換えてもいいでしょう。アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、イラン、中国はみんなやっています。

だからこそ「BBCのバカが」「中国傀儡の反日ニューヨーク・タイムズが」という主語で反発するのは良くないのです。反論するなら、英文記事の全容を把握できていて、記事のトーンや文脈も理解できた上で、国際社会が納得する質の議論が求められます。やっつけの罵倒は日本にとって自傷行為。

中国・韓国からの声を無視するのではなく、流されるのでもない。中国・韓国の声はそもそも国際社会で大きなウェイトを占めていません。成熟した態度で世界に「engage=積極的に関わり続ければ」日本に関する報道のグレードが上がり、批判も賞賛もまっとうなものになります。以上です。                          (引用終り)

     頑張れ日本1000人が集結

 靖国神社へ向かう道には 何百本という 今や「右翼の象徴」となった日の丸を持った人々がいる。 普通の国民が日の丸を持つことに 疑問を持つようになる。 「私は右翼ではないのに、日の丸を持ったり掲げたりはできない」と… 私も 最近日の丸を「国旗」というより、 右翼の象徴と思ってきだした。 何か別の『印』にした方がよいのではないかと思える。 「対日戦勝記念日」を前に 各国が日本に興味を抱いているとき、 外国の報道機関が 「靖国神社」を積極的に報道しているときに、 『日の丸』が同時に映されれば、「日の丸」は 戦争のシンボルになってしまうだろう。

 イギリスの公共放送BBCは こんな番組を放送した。
How much remorse has Japan shown over WWII?
Japan says it has apologised dozens of times for atrocities it committed during World War Two. But why do China and South Korea say it hasn't gone far enough?And will the current government repeat the apologies on the 70th anniversary of Japan's surrender?
-- 大意 -- 日本は 第二次大戦中に対して どの程度の自責の念を示すのだろうか。
         日本は 大戦中の残虐行為に何十回も謝罪したという。 しかし、中国や韓国は 十分ではないという。
         そして、現在の政府は 「日本の降伏」70周年にあたり、謝罪を繰り返すだろうか。
                                  として、 田母神氏のインタビューを伝えた。

航空自衛隊のトップであった田母神氏は最も雄弁な主張者だ。「残虐行為は全く行われず、朝鮮半島も侵略しなかった。 むしろ台湾と朝鮮と満州に投資をおこない文化を高めたのだ。南京虐殺は全くなかったと断言できる。中国の民間人を日本兵士が屠殺する目撃者が皆無だからだ。」 

 安倍晋三首相は戦場に朝鮮からの慰安婦が居たことは認めている。しかし安倍は繰り返し「強制連行した証拠は無い」と言い、また募集に応じた売春婦であったと主張する。これは歴史の非常な暗部である。売春婦制度が続いていたからと言って、日本軍の責任が免除されるわけではない。                           (引用終り)

 時事通信は 15日に イギリスの『タイムス紙 社説』について、 次のように伝えた。

 【ロンドン時事】15日付の英紙タイムズは第2次大戦終結70年に関し社説を掲載した。14日の安倍晋三首相の戦後70年談話などについて、「恥ずべきほどなまでに、(戦争中の)日本の罪ときちんと向き合わなかった」と論評した。

 社説は「原爆忌や終戦記念日で、日本は戦争の加害者というより、被害者であるという神話を維持している」と指摘。この「神話」が克服されなければ、周辺諸国との関係や日本の外交をゆがめると警告した。 一方、連合軍は「野蛮な体制」が勝利した場合にもたらされる恐ろしい結果を防ぐため戦ったと主張した。              (引用終り)

 聞いていて 主語が (だれのことを言っているのか ) はっきりしなかったのは 皆が認めるところであろう。 国際的な一般常識を言ったに過ぎない、と受け取る方もあろう。 どなたかが、 「レイプ犯が 『レイプのような非道なことがあってはいけない。 私が率先して そのようなことの無い社会を作ります。』といったようなものだ。」と述べていたが、 そのようにとられても仕方のない文であったことも確かだ。

 文部科学大臣を2期も務め、 衆院を7回も当選した 中山氏が ツイッターで その点をこういう風に述べている。 この手の人々が 『教科書の元締め』として ずうっと君臨しているのに、今までの教科書が 「育鵬社」ほど偏向していないのは、 教科書執筆陣の努力のおかげだと思う。

      中山なりあき

 各国政府の反応が それほど厳しいものでないことについて、ニューヨークタイムスが次のように伝えている。 -- 安倍総理の言動から 「談話内容」は 一概に信用されず、 彼の今後の言動を各国が見守っているのだはないかと …
                                             New York Times AUG. 15, 2015,
Japan Emperor Offers 'Remorse' on WWII Surrender Anniversary
天皇明仁はWWⅡ終戦記念日に「Deep Remorse深い自責の念」と異例の表明をしたが、安倍総理は昨日の談話に続いて彼個人の自責の念を表明しなかった。 代わりに アジアの膨大な被害者は無視し、代わりに日本兵が尊い犠牲になってくれたおかげで現代日本の繁栄があると言った。 安倍総理は、彼自身の言葉で日本の戦争犯罪を認め謝罪することはない。それに対して、天皇はそれがよくないのだと示唆したのだった。

Emperor Akihito expressed rare "deep remorse" over his country's wartime actions in an address Saturday marking the 70th anniversary of Japan's World War II surrender, a day after the prime minister fell short of apologizing in his own words to the victims of Japanese aggression.

His statement had been widely anticipated because of his past remarks on historical issues that suggested a revisionist stance. He has repeatedly said there is no clear definition of aggression, and has denied that Japan's wartime government coerced foreign women to become military prostitutes, citing lack of documentary evidence.

安倍総理は、何度も何度も、「侵略の明確な定義は無い」とか「証拠書類が発見されなかったから、南京虐殺も戦時性奴隷も無かった」と言い募ってきた。過去の談話を踏襲すると言うのなら、その前に彼自身の過去の言動の誤りを認め謝罪することが先だろう。                                    (引用終り)

                                                   toriiyoshiki ‏@toriiyoshiki
ぼくには「戦争責任」はない。しかし、「戦後責任」はあるし、それがいまなお問われ続けているということだ。

 
スポンサーサイト

COMMENT - 1

安倍首相の言葉は信用できない、と誰もが思っているのに  2015, 08. 17 [Mon] 08:49

 彼の恥を知らない二枚舌、言行不一致は、唖然とする。子供の教育に悪いし、日本の信用を落とす。なぜ私たちは、いつまでこんな首相をいただいていなければならないのだ。自民党諸氏も公明党諸氏もどうして、こんな人の下で従っていられるのか。私には理解できない 一緒に食事している評論家諸氏もも、他人事のように評論している場合じゃないのでは

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。