スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『北朝鮮』と『韓国』が 一触即発のような報道があるけれど …  本当かな、と疑ってみる必要がある。

 この米韓合同軍事訓練は あまりに挑発的だ、と私は考えている。 この時期に いろいろな事件が過去にも起きている。 今年の軍事訓練は 今までのような 北朝鮮との国境のすぐ近くではないのだが、 例年は 目と鼻の先、 北朝鮮を肉眼で確認できるような場所で行ったこともある。 わざわざ反発を招くように仕掛けられた演習だと思われる。

 日本国内では NHKのEテレで、 無知な女子高生に NHKのディレクターが 愛のむちをふるって彼女らに教えるという 『むちむち』なる番組を放送して 反発を招いているらしいのだが、 まさに『ノーテンキ全開』で、 世界を分析する能力などとても期待できないようだ。 朴槿恵大統領も 支持率が低下している。 経済政策がうまくいかない日本同様 外に国民の目を向けたい思いがある。 しかし、 北朝鮮から見て、こういう光景を目の前に見せられるのは 決して愉快なことではない。 戦車も同様に 北朝鮮国境にズラリ勢ぞろいする。

韓国人が米韓合同軍事演習に抗議3

                                                       読売新聞 8月17日(月)
 【ソウル=吉田敏行】米韓連合司令部によると、朝鮮半島有事に備えた定例の米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」が17日午前、韓国各地で始まった。  28日までの予定で、米軍約3万人、韓国軍約5万人が参加し、机上演習を中心に指揮命令系統の確認などを行う。

 北朝鮮は演習の中止を要求し、実施された場合は「軍事的対応も激しくなる」と反発しており、短距離ミサイル発射などの挑発を行う可能性も指摘されている。

                                                          8月17日  NHK
アメリカ軍と韓国軍は朝鮮半島の有事に備えた合同軍事演習を17日から韓国で開始し、今月、南北の間の非武装地帯で北朝鮮が埋めた地雷が爆発して韓国軍の兵士らが大けがをするという緊張が高まったなかでの訓練となりました。
   米韓合同軍事演習

この合同軍事演習はアメリカ軍と韓国軍が毎年、韓国で行っているもので、ことしは17日から28日までの日程で始まりました。演習にはアメリカ軍からおよそ3万人、韓国軍からおよそ5万人が参加し、北朝鮮からの攻撃を想定して指揮命令系統の確認などが行われます。また、これに合わせて自治体や企業でも避難訓練などが行われることになっています。
今回の訓練について、北朝鮮は15日、国防委員会の声明を発表し、「侵略的な軍事演習を直ちに中止すべきだ」としたうえで、「訓練が行われれば、われわれの軍事的対応も最大限に激しくなる」と警告しています。
南北を巡っては今月4日、北朝鮮が非武装地帯に埋めた地雷が爆発して韓国軍の兵士2人が大けがをし、これを受けて韓国軍は先週、北朝鮮に向け、大音量のスピーカーを使って体制を非難する放送を11年ぶりに再開しました。緊張が高まったなかでの訓練開始となり、北朝鮮の反発は必至とみられます。           (引用終り)

米韓合同訓練
  朝鮮有事となれば 日本はこういう状態になる。   韓国内でも、 この演習を疑問視(反対)する人々がいる。

                                                  [ジュネーブ 15日 ロイター]
- 北朝鮮の徐世平・ジュネーブ国連代表部大使は15日、今週行われた米韓合同軍事演習について、朝鮮半島の緊張緩和を求める自国に対する「公然たる挑戦」だと指摘した。 また、徐大使は記者会見で、北朝鮮と米韓との対立が続けば「第2次朝鮮戦争」に至る可能性があると警告した。

北朝鮮は10日、米国が韓国との合同軍事演習をやめれば、核実験を一時的に中止すると表明した。 ただ、米国はこの要求を拒否。国務省のハーフ報道官は15日、北朝鮮が国際的な義務を無視し続ける一方、米韓合同軍事演習は透明性のある形で定期的に実施しているものであり、北朝鮮の要求は不当だとの認識を示した。   (引用終り)

     国交を結んだ国は162カ国
     緑 … 国交のある国 (162か国)   赤 … 国交を断絶した国  灰色 … 国交がない国 を示す。

 上の地図は 北朝鮮と国交のある国を示している。 一般に 日本では 北朝鮮は 『中国』『ロシア』は ともかくも 他の国は相手にしていない国のような扱いをする。 しかし、 こうしてみてみると、 日本、アメリカ、韓国が例外的存在であり、 けっして世界が受け入れていないような国ではないことがわかるだろう。 お互いに大使館を置いている国もある。 もちろん、国連にも加盟している。 話し合いができる環境がある、そういう国がけっこう多い。 日本の情報だけでは とても考えられないだろうと思う。
 
 今回の一連の騒動もそうであって、 少ない情報、それも 日本、韓国、アメリカの政府 ('言い換えると、 世界の中で特殊な立場の政府) のフィルターがかかった情報しか知らない我々にとって 早計な判断は過ちの元になる。 余程の徴発や、先制攻撃でもしない限り 戦争には ならないだろうし、 危険性が高まったとも思えない。 北朝鮮からの砲撃も 「拡声器」を狙ったものであったという。 逆に特殊な3か国の方が 「戦争をしたがっている」のかもしれない。
スポンサーサイト

COMMENT - 3

ローレライ  2015, 08. 22 [Sat] 11:33

『挑発に乗りやすい北朝鮮』も戦争屋の仲間?

『挑発に乗りやすい北朝鮮』もアメリカ戦争屋の仲間とも言われてますね。アルカイダやナチスと同じかも知れない。

Edit | Reply | 

いつも北朝鮮はタイミングよく安倍政権に利するトラブルを起こす  2015, 08. 23 [Sun] 11:19

やっぱり、安倍政権が土壇場になると、軍事的緊張感が毎回起こりますね

それから、今の安保法案は、安倍政権でなく、誰が・・誰かが作っていると感じます。

Edit | Reply | 

田原総一朗:安保関連法案は「第3次アーミテージ・ナイレポート」の要望通り?  2015, 08. 23 [Sun] 11:28

<こんな記事がありました>
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100463/061100016/

田原総一朗の政財界「ここだけの話」
安保関連法案は「第3次アーミテージ・ナイレポート」の要望通り?
2015.06.11

 今国会の焦点となっている安全保障関連法案について、安倍内閣は審議を早く進めようと必死になっている。

 ところが6月4日、衆院憲法審査会に識者として呼ばれた憲法学者3人が全員、「集団的自衛権は違憲だ」としてノーを突きつけたため、政府は違憲論を封じるため躍起になっている。

安保関連法案は「これまでの定義を踏み越え、憲法違反」

 自民党、公明党、次世代の党が推薦した早稲田大学法学学術院教授の長谷部恭男氏は、「集団的自衛権の行使が許されることは、従来の政府見解の基本的論理の枠内では説明がつかず、法的安定性を大きく揺るがすもので憲法違反だ」と述べた。

 民主党が推薦した慶応義塾大学名誉教授で改憲論者として知られる小林節氏は、「仲間の国を助けるため海外に戦争に行くことは、憲法9条に明確に違反している」と述べた。また、小林氏は戦争を強盗にたとえて、「長谷部先生が銀行強盗して、僕が車で送迎すれば、一緒に強盗したことになる。露骨な戦争参加法案だ」と批判した。

 さらに維新の党が推薦した早稲田大学政治経済学術院教授の笹田栄司氏は、「内閣法制局は自民党政権と共に安全保障法制を作成し、ガラス細工と言えなくもないが、ギリギリのところで保ってきていた。しかし、今回の関連法案はこれまでの定義を踏み越えており、憲法違反だ」と述べた。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。