スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせる『国民会議』、 何十年と掛かって作られた 世論が 一瞬で SEALDsが 変えようとしている。 組織も金もない 単に若者の集まりなのに …

                                                 山崎 雅弘 ‏@mas__yamazaki
国会前で反対運動に参加する若者について田久保忠衛杏林大名誉教授が「もう少し勉強した方がいい。未熟な人たちだ」(毎日)  日本会議は、学生デモにかなり苛立っている様子。日本会議の母体の一つは「反左翼学生デモ」の民族派(右派)学生団体だった。 産経は「杏林大の田久保忠衛名誉教授」と書いているが、なぜ仲間なのに「日本会議第四代会長の田久保忠衛氏」と書かないのだろう。 産経はともかく、朝日も毎日も相変わらず「日本会議」には触れずにスルーする態度をとっているが、おそらく今年中には大手メディアも日本会議を取り上げざるを得ない状況になると思う。

     私たちが、戦争しない未来を作る

 SEALDsの動きに 『日本会議』はいらだっている、ということだが、 何の組織もない「若者たち」が、 自分たちが何十年の時間と 多額の金銭をぶち込んで作り上げてきた「世論」を いとも簡単に覆そうとしているのだから当然と言えば当然だろう。 しかし、 この動きも 海外では 「国内で感じる」ものより はるかに小さく見えていることは 間違いない。 それは、 何十年と掛かって作られた 『反政府運動を許さない社会の仕組み』から生まれている。

                                                     Syntax ‏@SyntaxUGS
これが公民権運動の象徴となったセルマのマーチ。  セルマも東京みたいにかなり小さい田舎町なんだ。  ただ、東京みたいな後進国の小さなみすぼらしいスラム都市と違って、道は広いね。  そこを埋め尽くすようなマーチは写真にとてもインパクトがあった。

東京の表参道のプロテストは、せっかくやってるのに、絵がガッカリって感じだね。 これじゃ見せても説得力を持たなさそう。 もうちょっと頑張ってほしいね。

     これが公民権運動の象徴となったセルマのマーチ。

 なかなか 日本のデモ風景を 外国の人々に説明するのは 難しいのではないか、と私がおそれているような受け取り方を Syntaxさんがしている。 これは、 ほんの小さな動きではないのか、と 思ってしまうことである。 どの国でも、 道いっぱいに広がって デモは行われる。 日本だけが 道の端を 2列、3列の縦隊を組んで、 さらに 小隊に分けられたうえ、 歩行者信号によって 分断されてのデモとなる。 そして、 それに納得する国民がいる。 どう理解してもらうかだが …

     歩道橋も人が埋め尽くしてて壮観

 関心が高いことは、 沿道の人々の様子でわかってもらえたとしても …

     とにかく長い!1

 この様子を何と説明するのか、 英語圏の人にお願いするしかないのかもしれない。 私が生きているうちに 道いっぱいのデモが許される社会は来るだろうか。 主権者の示威運動は 憲法が定めた大切な国民の権利である。
スポンサーサイト

COMMENT - 1

まさかの松田!修正案とは・・あんたが一番最低だ。  2015, 08. 25 [Tue] 07:52

松田公太、こういう軟弱者とは知らなかった。・・・元気が出るかい!出るわきゃないよ。日本の元気を潰す会に直したら?戦争で自分は向こう側に立って得したいのか?今回の安保法案、あんたが一番最低だ。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。