スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のの1枚   トルコの砂浜に打ち上げられた 『幼児』が住んでいたという シリアの街の状況

                                                 Mr Denmore ‏@MrDenmore
Why do refugees risk their lives on boats?    Here's the Syrian town of the boy who drowned trying to reach Europe.
 なぜ難民たちは ボートで命を危険にさらすのでしょうか。     ここが ヨーロッパにたどり着こうとして溺死した「あの少年」のシリアの街です。
          the Syrian town

 イスラム国に追われて 「難民」となったという論調が大半である日本国内の報道とは別に、 イスラム国を追撃する 『米軍』などの空爆の仕方に疑問を投げかける声がある。 これは、砂浜に流れ着いた少年の住む街だと紹介された写真。 確かにトラックに軽機関銃を積んだ「イスラム国」による破壊では説明がつかない。 戦争の論理、 政治家の言う『国益』。 多少の犠牲は致し方ないという「正義の言葉」の陰に その犠牲となる人々がいることを忘れてはならない。 日本も安倍総理が中東で イスラム国殲滅のために 資金援助を約束してきている。 その責任の一端がある。 遠い地域での出来事、 「難民問題」は日本のあずかり知らぬ出来ごとという態度で 責任回避はもうできない。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。