今日の1枚  英国 『エコノミスト』誌に載った日の丸の挿絵は 世界の人が日本をどう見ているかわかる。

     日の丸の本当の意味
 The Economist が 日本の亡命者の法律について 『入国不可』という見出しで記事を書いている。 なるほど、 日の丸の意味が 世界の人々によく伝わる的確な挿絵だと思う。 このように批判されても、 国内から大きな不満は出るまい。 現政権に賛同する知識人たちの考えそのものなのだから …
スポンサーサイト

COMMENT 3

やっぱりね・・・恥ずかしいでは済まないんだよね  2015, 09. 11 [Fri] 16:45

今日も国会討論、討論してるんですかね。
言い逃れ、言い訳、論点ずらし、・・惨めじゃないのだろうか
みっとない答弁?はずかしい

「問いには答えよ」
 
日本男児がこそこそ、おろおろ、みえみえのごまかしと、ごますり・・・
脅されたらすぐ自分だけ屈服、理のない所に屁をたてて・・・

怒りが止まらない。

Edit | Reply | 

ワタン  2015, 09. 11 [Fri] 16:59

魂のなかの嘘

米・英・イスラエルは、アフリカ、中東に関して、大なる責任がある。
「エコノミスト」には、お前ら「よくいふよ!」と言つておけばよい。

欧米人の<魂のなかの嘘>、これを自覚しな! と。

Edit | Reply | 

Ladybird  2015, 09. 12 [Sat] 06:31

 日本は米国やイスラエルと同じお仲間なんですよ.そのことを堂々と看板に出すのが安保法制.

Edit | Reply |