スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理のポスターに 「ヒゲ」、 便所に政権批判が テレビニュースになる日本社会で 奥田愛基君への「殺人予告」は どう扱われるのだろう。 日本社会がどういうものかを 世界に知らせることになる。

 ああ、 何十年か前に 「下級兵士」たちが 『死ぬ前に 本当のことを話そう』と 証言を始めだしたころと全く同じ手口で 「反政府運動」を抑え込もうとしている。 当時も 「昼夜の別なく」電話がかかり--今だとメールかな--、 寝られないほどで、神経的にも参る。 それでも発言しようとすると、「なぜ、 日本の恥をいまさら話す。 そんなものは 墓場まで持って行け。 お前には 娘も孫もいないのか。 そいつらがどうなってもよいのか」というような 手紙や電話が来るようになる。 とうとう 警察に相談すると、『民事不介入の原則』とかで、 実際に事件にならないと動けない、と言われ、 この機運は急速にしぼんでしまった。 今、「愛国や、日本の正義」が主張できるのは、この時 「彼らの口を封じた成果」があるからである。

 総理のポスターに髭を書いた、 便所の壁に政権の悪口を書いた事が テレビのニュースで報じられ『大事件』として扱われる。 髭を書いた犯人 (きっと非国民) は 捕まったらしいが、 さて 『殺人予告』は どう扱われているのだろう。 テレビは見ないので知らないのだが …  外国では 「警察官」「消防士」ですら、 デモもストライキもする。 日本政府によって巧みに国民に植え付けてきた『デモやストライキは 危険思想』という考えが それらを行動に起こすものへの「憎悪」に代わる。

                                                       奥田愛基  ‏@aki21st
学校の方に、僕と家族に対する殺害予告が来ました。なんか、僕だけならまだしも、なんで家族に対してもそうなるのか…。何か意見を言うだけで、殺されたりするのは嫌なので、一応身の回りに用心して、学校行ったりしてます。被害届等、適切に対応してます。      

                                              ペトリオットセイ ‏@kenshiro1229912
表だって政治活動をするなら、それくらいの覚悟があって当たり前だろwwwやっぱりただのヘタレ学生集団だな。 しかもテレビにまで露出してるのに。そこまで想定して覚悟できてないんなら、デモもテレビ露出もするな。

                                                   奥田知志 ‏@tomoshiokuda
用心はする。だが、怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。皆様には、ご心配いただき申し訳ない。オヤジ

 お父さんの奥田知志氏に関して こんな話が2015年9月28日のダイヤモンドに載っているので紹介しよう。 このお父さんあって奥田愛基あり、 「愛基」という意味も分かる。

                                           2015年9月28日  ダイヤモンドon line
 奥田の父親の知志は北九州で貧困者やホームレスの支援をしている有名な牧師である。でなければ、愛を基になどという名前を息子につけないだろう。しかし、奥田にとって、このことはけっこう重かった。 たとえば放火で服役していて出所して、また放火した人を親は引き受けるという。 緊急家族会議が開かれ、 「うちが火つけられない?大丈夫?」といった話になる。

 結局、引き受けたのだが、朝起きると、知らないおじさんがいるのも日常茶飯事だった。  「この人は新しい家族だから」と父親は平気な顔で言う。

「すごい教育受けてるね」と高橋も合いの手を入れているが、奥田は小学校まではそれが普通だと思っていた。他の家とは違うことがわかっていなかったのである。

 酔っぱらった勢いで、一度、父親に「なんでそんなことやってんの?」と尋ねた。 返ってきた答は、「僕な、人間が好きなんよな」だった。自分の父親は「ヤバいぞ」と奥田は思ったという。  「いいお父さんだね」と言われて、奥田は胸の中で呟く。「よく想像してみてくださいよ。家にマザー・テレサがいたらウザくないですか?」     -- 中略 --

 そんな奥田も、自民党を離党せざるをえなくなった武藤貴也が、シールズの主張は「だって戦争に行きたくないじゃん」という利己的な考えに基づくと発言し、「どう思いますか」と何度も訊かれた時は辛かったという。 

バカな発言をまともに取り上げるメディアにうんざりしたのだろう。

 しかし、そんな大人ばかりではなかった。自発的に慶大名誉教授の小林節がやって来たのである。マイクを渡すと小林は口を開いた。
 「こんなひどい雨の中で集団的自衛権に反対していると聞いて多少なりとも応援にと来ました」

「小林節さん片手が少し不自由だから、マイク持ったら傘持てないんだよね。 それ初め分からなくて、マイク持ってもらったらめっちゃ濡れちゃって。

          けど全く動じず話し出して、スピーチして。超堂々としてた。 

動画見たら分かるけど、メガネに水滴が垂れるぐらい雨降ってた中でだよ」

生まれつき左手の指がない小林は、いじめられ、したたかに孤独を味わってきた。

 『君たちはひとりじゃない。エネルギーは正しい方向に向かっているよ、と励ましたかった。
  僕がひとりで闘ってきたから、余計にそう思うのかな』

            先生、俺マジで頑張ります              (引用終り)

 ほかのデモ参加者に対しても 今度の運動は「素顔」で行っているので その攻撃は大変なものらしい。 ポスターに髭を書くことを 「重大ニュース」と考える国なら、 こういう事件もしっかり捜査をし、 犯人を検挙して見せることは 国民の安心にもつながる。 いや、 それどころではない。 こんな事件を「英語」で発信されたら それこそ また「日本の国際的評価」は 地に落ちる。 今でこそ、地に落ちているから、 地下に潜ってしまうかもしれない。 この「奥田君と それを批判したツイートに」 …

                                                  三浪亭(まさき) ‏@zhengmu21
こういう社会だよ。うんざりだ

                                             十全外人大庭亀夫 ‏@gamayauber01
見るに堪えない。  
これほどの内容に2時間経って、たった1300RTかいな。みなが共通に知っている善意の若い人間が「殺害予告」をもらって「僕だけならまだしも」と言ってしまうほど気持が弱っている。政治的立場がなんでも好きでも嫌いでもRTしたらんかい!




 保守系のファンが多いともいえる『石川さゆり』さんですら、 こんな声を上げている。 芸能人としては 大変なことだろう。

                                                   石川さゆり オフィシャルサイト
昨夜から世の中、安保法案のニュース。 若者たちも、この度は国会前や日本のいろいろなところで平和な日本を願い声をあげています。 同時に国会の中の様子もテレビに映し出されると、雨の中、声をあげている人々の声が少しでも届いているのだろうか???と思います。

強行採決! 信じられないような、混乱した国会の様子です。 もう一度白紙にもどし、皆に理解できる議論を国会でやってほしいと、一人の国民として願います。

明日も、博多座の舞台に立ちます。 日本が平和でありますよう。民主主義の国でありますよう。 皆さんのお心が元気になりますよう、精一杯舞台をつとめます。                                     (引用終り)


        私がとやかく結論を述べなくとも、 皆さんはわかっておられる。 
               こんな輪を広げたい。
  
追記  明治学院大学は 当たり前の反応をした。 これがわざわざニュースになることがおかしい。

明治学院大学の対応

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。