スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理や竹中平蔵氏が引っ張る日本は 世界から見ると「極東の異端の島国」としか 理解されないだろう。

 1400人定員である 国連総会での『安倍演説』の視聴者は 200人程度であったと言われる。 聴衆の多寡は問題でない。 感動や共鳴を覚えるなら スピーチの後に 拍手や握手を求める人々が出るだろうし、 その後必ず話題として取り上げられる。 残念ながら今回の国連での「安倍首相」の活躍は、日本の (安倍内閣) 支持層には受けたかもしれないが、 世界的に見れば 「興味」も「共感」も呼ばなかったようだ。 「安倍首相」に関する海外の報道も ほとんどない。

世界の中心で1

 いや、 1つだけあった。 海外の記者との会見で「難民の扱いをどうするのか。」と聞かれて、 「それ以前に 日本の課題をやらねばならない。」と安倍首相が答えたことだけが 大きく報じられている。

     シリア難民受け入れ1
           ロイター、WP、ガーディアン「安倍は難民を受け入れない、国内問題を優先」

 国連総会への出席の後 「安倍総理」は カリブ海諸国を回って、『日本の常任理事国入り』の 票固めをしているのだそうだ。 その後は 中央アジアを歴訪し 票固めをするらしいのだが、国連加盟国の3分の2の賛成を得ることは困難な状況である。世界で最も近畿綱課題とされている『シリアの難民問題』の解決に 全く関心のない国が 「常任理事国」になって 何の意味があるのだか、 途上国の代表はそう考えるだろう。 

 日本では 『難民』にたいして ある特殊な考え方が流布され、 それを検証もせずに『信じている国民 (ネトウヨ的) 』が 3分の1ていどいる、と海外の報道機関が伝えている。 --もちろん、難民問題だけではないが-- ここの記事のコメントに こんな意見が寄せられている。 こういう意見を述べて「普通」だという感覚が日本社会にある。

偽善だと思います。あなたの考えは。  経済的に恵まれている上流階層が国を捨てる。どうして戦わないんだ?  戦わずして、自分たちだけはお金を払って国を脱出。腐っているとしか思えない。  難民ってのは、政治的に迫害されている人間を認定するものです。それは日本もやっている。

朝鮮戦争のおり、沢山の不法移民が来ました。それを受け入れて、今の日本はどうなってますか?感謝もされず、生活保護費を払い続け、凶悪な犯罪を起こされ。 たまったものではない。

本来 EUがしなければならないのは、何 100万人と来た難民達に、武器を渡して母国に返すことです自分の国の問題は自分たちで解決する。この当たり前のことが出来ない人々を啓蒙してこそ、偽善ではない人間の振る舞いだと思いますけどね。


 シリアから逃れられるのは、『中産階級以上の 社会的地位を持った人々』である。 一般の下層市民は 脱出の費用がなく、 国内の難民キャンプにとどまっている。 では、 彼らの難民はどうやって渡航費を工面しているのだろう。 国内にある財産を処分して 育った土地を捨て コミュニティを捨て 親せきや友人の繋がり、社会的地位を捨てて、 はっきり言えば「命からがら」逃げ出してきている。 「武器を渡して、かえって戦え」と言うのが 人間の行為だとはとても思えない。 --日本社会だけが こういう『自己責任』という世界に類のない言葉を多用する。--

 「在日の問題」と「難民問題」を 混同して考えたりするから、 日本の論調は 海外から全く理解されないし、 「在日問題」も 一般に「植民地」と「宗主国」の問題であり、 植民地を持った国の宿命であろう。 それが嫌なら「植民地」を持たねば良かっただけの話で、 世界から見て 日本が「不服を言うこと」自体理解されまい。 -- 今日の本題ではないから この程度にしておくが… -- 日本社会では 下のような難民像を勝手に作っている。

         そうだ、難民しよう
                                                      はすみとしこの世界
.        . ってか、あのシリア難民?ほとんど「移民」だろw
          不幸にも溺死してしまった自称シリア難民のお子さん一家は、実はトルコ在住家族で、トルコ政府
          から無償援助を受け取っていた。パパは船には乗っていずトルコに残り、ママと子どもだけが乗船。
          先に母子家庭を装って難民申請→定住GETし、後からパパを呼び寄せる手筈だったのではないか、
          との疑い。
           

 世界の潮流が ここへきてずいぶんと変わってきた。 イギリスでは 社会主義的政策を主張する「コービン」が 労働党の党首となった。 アメリカの大統領選では 民主党のクリントン候補の人気が落ち、 社会主義者のサンダース氏が有力になってきている。 今までの「新自由主義 … 弱肉強食を是とする考え方」の考え方から 貧しいもの、力のないものを助けようという 社会主義的な考え方に 変わろうとしている。 既得権益者が 猛然と抵抗するだろうから一気にはいかないかもしれないが、 それに全く無頓着な日本社会は 世界から見ると『極東の離れ小島』としか映らないだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。