スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超格差社会と人種差別社会を 今の日本は許容しようとしている。 反政府的言動にも あらゆる攻撃が行われる。

  先日「テレビ」で 保護費の不正受給の話が出ていたが、 「180億円」もある、 そういうニュアンスで話されていた。 180億円と言われると 途方もない数字のように感じるが、 生活保護の国家予算は「3兆7千億円程度」である。 その点からすると 「0.5%」の不正である。 99.5%は 「必要とする人々」に支給されていることになるのだが、 180億円を唱えることで、 保護費全体を削る動きが加速する。 もちろん『戦争準備費用』をどこから捻出するのか、を考えると 最も反対の声を上げにくい「福祉分野」が 手っ取り早いということだろう。

 生活保護の補足率は、日本では20%に満たないと言われている。 ドイツやイギリスは85%を越えているのに比べ 格段に低い数字である。 生活保護に充てる予算はどのくらいか、GDPにしめる生活保護費の比率を見てみる。

OECD加盟国平均2.4%    アメリカ3.7%   イギリス4.1%   ドイツ2.0%   フランス2.0%
                     日本  0.3%

 安倍内閣が主張していることを スローガン的に言うならば 『世界で最も優れた民族の日本人を中心とした世界の構築』という 戦前の思想丸出しの主張になる。 だから、 上から目線で それも弱い階層をバッシングする、 そんな行動になってしまう。  -- 弱い階層など日本の恥なわけだ。-- 『ここ5年で 日本は別の国になった』と 外国人が語ることが多い。 日本国内に住んでいると気が付かないのだろうが、 外から見ると そう見えるようだ。  世界で最も 貧富の差がある社会を作り上げてしまった。


                                                  2015.10.08.  LITERA 引用
 恐れていたことが現実になってしまった。

 この間、安倍政権によるメチャクチャな安保法制強行に対し、これまで政治的発言を控えてきた芸能人たちが次々と声を上げたことが大きな話題になった。その一人が9月17日の国会前デモで壇上にあがり安保反対を訴えた石田純一だ。しかしその石田に対しデモ参加後、様々な“圧力”がなされていたことが明らかになった。

「テレビ番組を3つキャンセルされました。35年の芸能生活で、こんなのは初めてです。CMもひとつなくなったし、広告代理店を通して、厳重注意も2、3社から受けました。“二度と国会議事堂にデモに行くな”“メディアの前で政治的発言をするな”ってね」

 これは昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)10月15日号のワイド「『川島なお美』通夜でひんしゅくの『石田純一』が安保反対デモの後遺症」で、石田本人が語ったことだ。

 確かに石田の17日のデモ参加とそのスピーチは強烈なインパクトを与えたものだった。それまでも多くの芸能人が反安保を表明したが、これまで不倫や再婚などの私生活をウリにした“ナンパ男”と思われてきた石田がデモで壇上にあがり“戦争は文化ではない”と声を上げたのだ。
     石田純一、断固支持
                                  写真は 石田純一、断固支持  nuho ‏@nuhoさん引用

「絶対に、われわれは誇るべき平和を、ずーっと戦後70年、80年、100年、つづけていこうではありませんか!」
「われわれの子どもたち、孫たちがずっと平和に暮らしていけるように、この国を守るというのは、個別的自衛権でも守れるんです! なんでわざわざ、集団的自衛権が必要なのか? そんなにアメリカの機嫌が取りたいですか? アメリカは、もちろんわれわれの友だちで、同盟国ではあります。でも、やはり、間違っている、違ってる、なにかそういうことは友だちでもちゃんと言えなくちゃ、おかしいと思います!」                   (引用終り)

 今の自民党政権が最も実行したいことは、「戦争のできる国」であり、 武力で「自国の主張を実現できる国」である。 だから その点に反対する 『芸能人』は許せないのであろう。 石田氏以外にも 今回の戦争法案に「反対」を 表明した人気タレントが何人もいる。 彼らも同じような境遇にあるだろう。 逆に賛成を表明したタレントも多い。 まさに 日本を二分するような雰囲気がある。彼らに追い打ちをかけるように デマが流れる。 デマや誹謗中傷したものでも、 政権側ならおとがめなしで 元に復帰できる。 

                                                  山崎 雅弘 ‏@mas__yamazaki
翁長雄志知事は中国人だとか、ルーツは中国系だとか、娘が中国共産党の人間と結婚したとか、根拠のない妄想ベースの誹謗中傷がネットで流れ、物を知らない若者だけでなく、いい年をした大人までがそんな出鱈目を真に受けている。今の日本の異常さを物語っている。一部の政治家もこの種の嘘を流布する。           (引用終り)

 こうやって書いている先から 情勢は変化する。 BBCが あのイラストを取り上げた。 「今の日本、変わってしまった日本」を 英語人が広く知ることになる。 この作者が 『安倍政権支持者の一部』であること、 多くの支持する意見があったことも触れていないのが救いではあるが、日本社会の国際的評価を貶めるに十分な記事であろう。

Is this manga cartoon of a six-year-old Syrian girl racist?
  refugeegirl.png

"I want to live a safe and clean life, eat gourmet food, go out, wear pretty things, and live a luxurious life… all at the expense of someone else," reads the text on the illustration above. "I have an idea. I'll become a refugee."

The image and caption were posted by a right-wing Japanese artist last month. Now, more than 10,000 people have signed a Change.org petition in Japanese urging Facebook to take it down. The petition, posted by an account calling itself the "Don't Allow Racism Group", claims that several people have reported the illustration and demands that "Facebook must recognize an illustration insulting Syrian refugees as racism."

                         BBCの記事 リンク → BBCが伝えた シリア少女のイラストへの批判

        本当に 日本社会は『井の中の蛙』然とした 
            国際的に孤立した社会だと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。