スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウワーーーアッ、大変だ。 世界のマスコミが 『日本政府が金を盾にユネスコを脅している』と報じている。

 世界的に見て ちょっと大変なことになりそうだ。 だが、 日本の報道機関はそれを伝えていない。 『ユネスコを拠出金を盾に脅した日本政府』という見方が 英語圏のマスコミで 大々的に報じられている。 アメリカのCNN の件は記事にしたが、 「ザ・タイムス」も「インディペンデント」も「ガーディアン」も…  そのうち「トルコ海岸に流れ着いた幼児の遺体」を報じたように 日本を除くすべてのマスコミが この日本政府の『卑怯な行為』を 報じるだろう。 全く日常的な生活で何の疑問も抱かない国民は、これから起きることを 「晴天の霹靂」のように感じるのではないだろうか。
                         threaten 【他動】 ~を脅す、脅迫する、~を実行すると脅す[脅迫する]

    Japan threatens to halt Unesco funding over
           Nanjing massacre listing

                                       Tuesday 13 October 2015  ザ ガーディアン
Japan has threatened to withdraw its funding for Unesco after the UN body included disputed Chinese documents about the Nanjing massacre in its Memory of the World list, despite protests from Tokyo.
ザ ガーディアン
            日本政府がユネスコに対して拠出金を引き上げると脅した、と伝える記事 と写真

The row is one of several disagreements over wartime history that have soured ties between Japan and China, which are also locked in a dispute over ownership of the Senkaku islands.

      Japan threatens to cut off Unesco cash
            over war crimes archive

                                         Wednesday, October 14  The Times
Japan is threatening to withdraw its funding of Unesco, after the United Nations cultural organisation awarded international heritage status to documents describing murder and rape by Japanese soldiers during the Second World War.

   times.jpg
    日本は「戦争犯罪を記録」されたことに対して 拠出金を打ち切ると脅している。   記事中の写真
The government of the nationalist prime minister, Shinzo Abe, has reacted furiously to the decision to recognise Chinese materials relating to the notorious Rape of Nanjing.

 もちろん、こういう行為に対して 多くの日本人が反対していることが伝われば 世界は納得するだろうが、 残念ながら こと「中国」に関しては そういう声よりも 「もっとやれ」と言う声が多数寄せられる。 これは 多数の国民がそう思っているというより、そのことばかりを言って『憂さ晴らし』をする一群の人々がいるということなのだが、 はたして外国から見て そう納得できるのかどうか 疑問である。

                                              2015年10月14日 読売新聞
 自民党外交部会などは14日午前の合同会議で、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)が「南京大虐殺の文書」を世界記憶遺産に登録した問題について議論し、ユネスコへの分担金の停止などを求める決議を採択した。

 決議では、中国が登録を申請したことについて「国際機関の政治利用で、断じて容認できない」と批判。ユネスコの対応についても、「中国側の一方的な主張に基づく申請を我が国の意見を聞くことなく登録したことに強く抗議する」とした。

 そのうえで、〈1〉ユネスコに登録撤回を提案する〈2〉世界記憶遺産制度の改善を働きかける〈3〉分担金や拠出金の支払いを停止するなど、ユネスコとの関係を早急に見直す――ことを政府に求めた。          (引用終り)

 こんなことを「与党」がやっていて、 それに圧倒的な議席数を与えた日本社会に対する諸外国の不安は 相当なものであろう。 中国が「南京事件」を ユネスコに登録することは当然視される。 日本側が 「南京虐殺はねつ造」などと言わねば、 こんな事態(ユネスコ登録と言う) にならなかったのだが、なってしまった以上は ほっておけばよいことで、 人数の点で話し合えばよいだけだ。 来春の「韓国の慰安婦登録」も すんなり決まるだろう。 これも日本側が『ねつ造』というから もめにもめるだけであって、 世界から見て 日本の言い分は聞くに値しない論法である、と受け取られるだろう。

 日本政府と外務省の「外交感覚」は狂っていることは、 先の「ラブロフ、岸田両外相の合同記者会見」で はっきりしただろう。 岸田外相は 『両国は領土問題でも突っ込んだ話し合いをした。』と言い 隣のラブロフ外相は『そのようなことは議題にもなっていない。』と言い切った。 全く 日本の外相は面子丸つぶれ、と言っても 日本向けに「領土問題」を話してもいないのに 話したと言ったのだから どうしようもないが … 

 この会見の後でも 『プーチン大統領は本年中に来日することを熱望している。』と 政府も外務省も繰り返した。 まあ、 「リュウマの独り言」のCMになるが、私は絶対にないだろう、と予測していたことは ご存じだと思う。 ラブロフ外相がはっきりと 西側報道機関に対して 「そのようなことは予定にもなっていないし、話題になったことすらない。」と言っていたのだから …  

 今日 『朝日新聞』が  年内を目指してきたロシアのプーチン大統領の訪日を来年以降に延期する方針、と伝えた。 朝日も最近は 記者の劣化がひどい。 年内来日は 一度も決まったことがないのではないか、と思う。 まあ、 「スプートニク」が 日本側からの話題として 載せてはいたが … あの『外相』の発言から ありえないことくらいは 見抜けないと 「新聞記者」とは 言えないだろう。 これで、 安倍外交の『重要な戦果の1つ』が 実は「全くの嘘」 (単なる思い込み) だったことが明るみに出た。

                                             2015年10月14日  朝日新聞
 日ロ両国は、年内を目指してきたロシアのプーチン大統領の訪日を来年以降に延期する方針を固めた。来年早期の実現に向け調整する。官邸幹部が14日、明らかにした。ロシア側が北方領土問題などで強硬姿勢を崩さず、環境整備に時間がかかると判断した。

 安倍晋三首相とプーチン氏は、昨年11月の首脳会談で「2015年の適切な時期」にプーチン氏が訪日することで一致した。だが、日ロ関係はウクライナ問題や、ロシア閣僚による北方領土訪問などで悪化した状態が続いていた。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。