スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の記事   朝日新聞が 世界から非難を浴びた『難民イラスト』を 「差別か風刺か」と 両論併記で記事を書く。 世界のマスコミが 馬鹿じゃないのかと思うだろう。

 一体朝日新聞は何を書いているのだ。 世界のどの国の新聞や報道機関が この絵を「風刺」とみなしたというのだ。 1社もないだろう。 これは「差別表現だ」として 取り上げた。 こんなものが 「平気」な顔をして 大手を振っている日本社会に警告した。 朝日は 「戦前」も、 軍部の強い抵抗にあい、編集方針をコロッと変え、 軍部礼さんの記事を書いて部数を伸ばした会社である。 またぞろ、 経済的圧力に負け、筆を折るなら 「応援」と思い変えてはみたが、応援のし甲斐もない新聞社になってしまったようだ。 安倍礼さんなら 「産経」「読売」をとるのであって、 厳しい政権批判をすることが 朝日読者の期待である。是々非々、中立の名のもとに 何も言えないのなら 朝日の価値はなかろう。

差別か風刺か

                                           Hyo Yoshikawa ‏@HyoYoshikawa
朝日10月24日「難民批判イラスト 差別か風刺か」はあ?記事内容も典型的な両論報道。こうした報道の空気が勘違いする連中をのさばらせることになる。 あれが差別ではなく風刺だと思えるかどうか世界中に聞いてみろよ。

                                                  きづのぶお ‏@jucnag
朝日新聞、またこんなこと言ってるのか? レイシズムに風刺もクソも無いから国際的な批判を浴びてるんだよ!

                                               haimatsu ‏@tenmahighway
風刺は強者に対して成り立つもの 弱者に対しては差別、イジメでしかない







スポンサーサイト

COMMENT - 5

ローレライ  2015, 10. 25 [Sun] 16:32

『パクリイラスト』は無視?

『難民イジメ』のため『パクリイラスト』を作った事は指摘しない朝日新聞。

Edit | Reply | 

秋  2015, 10. 26 [Mon] 12:39

記事を読みましたが・・・

私も見ましたが、地域が違うのか「差別か風刺か」という見出しは無く、
-難民イラスト 国内外に波紋- 「差別的」「表現の自由」議論に、
などの見出しでした。

読んだ感じでは、わりと批判的な立場で書かれていたし、
レイシストのマンガ家が、写真家の写真を無断流用したあげく、
削除した経過などが掲載されていました。
一般の人は、なんのことかわからないから、丁寧な説明だったと思うし、
結論は読者に委ねていて、断定しておらず、特に変とは思いませんでしたが・・・。
朝日はこうあるべきだ、という決めつけもどうかと思います。

Edit | Reply | 

こんちゃお  2015, 10. 26 [Mon] 18:32

朝日新聞をとっているので、記事を読みましたが、タイトルの「差別か風刺か」は朝日がBBCタイトルを引用しただけのようです。”Is this manga cartoon of a six-year-old Syrian girl racist?(この6歳のシリア人少女の漫画風刺画は人種差別か?)”
元記事はコチラ→http://www.bbc.com/news/blogs-trending-34460325

でも、NHKがすっかり懐柔されてしまったこともあるし、今後も気をつけて読まないといけませんね。

Edit | Reply | 

私はショックでした  2015, 11. 01 [Sun] 17:56

 差別か風刺か・・とかでなく、なぜこんな風に不幸な境遇に在る人を、さらに傷つけたり、侮辱したりできるのかと、この絵を見て、血が逆流するほどの怒りを覚えました。
 
 なぜ、誰のせいで、この少女は難民となったのか、その責任を少女に負わして、この絵を描いた人は、飢えもせず寝るところもある場所にいて暮らしている・・

Edit | Reply | 

リュウマのパパ  2015, 11. 11 [Wed] 13:53

Re: タイトルなし

私はいい時代を生きれたけれど。それを次の世代に手渡せない・・・・

私もそう思っています。 いい時代だったんだなぁと・・・ まあ、 いくらかでも そういう時代を残そうと思っていますが、 我々より一世代若い世代が どうもそれでは不服のようで 我々とそのひとつ前の一部の扇動者に ついて言っているようです。

お金に縁がなかったのはお互い様ですが、もう北海道は寒さも厳しいことだろうと思います。 お父様のご看病も大変だろうと推察いたします。 私もTPPひじゅんのおりには ブログを閉鎖するつもりです。 著作権が「アメリカ的運用」となれば ちょっと素人には無理があります。 気分が向いたら 時々見てください。 長い間励ましていただいてありがとうございます。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。