スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のニュース   太平洋軍のハリス司令官が来週、中国を訪問し、中国軍と対話

                                                         10月28日   NHK
 中国が南シナ海で人工島を造成している問題を巡ってアメリカと中国の対立が深まるなか、アメリカ太平洋軍のハリス司令官が来週、中国を訪問し、中国軍と対話を行うことになりました。

  米軍司令官 訪中

 南シナ海を巡ってはアメリカ政府が27日、南沙(スプラトリー)諸島で、中国が主権を主張する人工島の周辺12海里、22キロの海域にアメリカ海軍のイージス艦を航行させたのに対して中国が反発し、対立が深まっています。

 今回の訪問は、アメリカ軍が人工島の周辺に艦艇を派遣する前から調整が進められていたものですが、ハリス太平洋軍司令官は、この艦艇を派遣する作戦の立案に深く関わっている人物で、一連の会談では、人工島の問題についても意見が交わされるものとみられます。               (引用終り)

 アメリカは 中国に対し強く出た場合は 必ずその詳細な説明を特使を派遣し行っている。 今度の件がそれに当たるかどうかはわからないが、 両国とも 国内世論対策として 『強く出る』ことが必要なのだろう。 日本やフィリピンの「ぬか喜び」に終わるかもしれない。 こればかりは どうなるか、予測しずらいが、 お互いが 侵入、追跡で終わるのだろう。

スポンサーサイト

COMMENT - 1

ローレライ  2015, 10. 29 [Thu] 08:09

『南シナ海の関西空港』

『南シナ海に関西空港』と港があれば便利だ、と言う中国の実行力は大したものだよね。沖縄の寒いインフラ投資と比較してしまう。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。