日中韓 三か国首脳会議は NHKの伝えるようなものなのか、 注視しよう。

 NHKのニュースを見て びっくりした。 今度行われる日中韓三か国の首脳会談について解説していた。 解説によると、 初めは 韓国と米国、韓国と中国が組んでいたが、 最近では 安倍総理が 米国で国賓待遇で迎えられ、中国とは 首脳会談を行い、 韓国が孤立化させられるような環境になったため、 韓国が (日本に対し折れて) 今回の「首脳会談」を申し込んだように伝えていた。 NHKも 岸田外相並みの判断をするらしい。 隣に「ラブロフ外相」がいなくてよかったが、 中国は 『日中首脳会談』を行ったという認識はない。

 ホスト国であったから やむを得ず受けたが、 その会談の形式は 当時『写真を並べて比較』して 記事にしたからご存じだろう。 日本の場合、 国旗もなければ 参加者の陣容、飾り付けも 他国とは違って 簡素であった。 中国が「雑談」とした所以でもある。

 今回も中国は 李克強首相の出席だ。 習近平ではない。 中国がそれほど乗り気でないことは それだけでもわかる。 韓国の顔を立てたのだろう。 では、 韓国はなぜ こんなに首脳会談をしたいのか。と言うことになる。 NHKの解説では、「孤立化」とともに 「ウォンの危機 (通貨スワップ) 」だとしていた。 それが事実なら 韓国は強気で日本と対立することは今後なくなるだろう。 安倍外交の勝利かもしれない。 コこの解説が正しいかどうかは 数日すればわかるわけだ。

 中国などは 日本と「首脳会談」をする必要をそれほど感じていないだろうことは よほどの人でない限り 今までの応対で十分わかっている。 ましてや、 「上海機構」として 中国の勢力圏としてふるまっている国々にわざわざ出かけて 「大金をばらまき」 中国との仲を裂こうとしている国と にこやかに首脳外交を望む国などあるまい。

 何日か前に書いた記事だが、 明日わかる。 ドキドキしながら NHKと私のいずれかが正しいか、みてみよう。 
スポンサーサイト