スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の写真  福島由来の放射能のせいで 「カナダ人」や「アメリカ人」は 汚染された魚を食べ続けている、 として報じられた 奇形魚の写真を 日本は否定することができない。

 日本では絶対に報じられないようなことが外国では報じられている。 それが「事実」かどうかは 同意しえないにしても、 否定することができない現状であることは悲しい。

                                                SuperStation95  Oct 31, 2015
 SURPRISE! You're Eating Fukushima Radiation;
    Bloody Cancerous Tumors in Fish & Seafood

Americans and Canadians have been eating radioactive fish filled with bloody, cancerous tumors, as a result of contamination with radiation in the Pacific ocean from the Fukushima nuclear disaster in Japan.

      As you may notice 1

As you may notice in the images above, the Fukushima Daichi Power Plant is located on the coastline of Japan. Like all coastlines, the ground slopes toward the ocean. This created a problem that the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) didn't tell anyone about until a full YEAR after the disaster took place: Ground water, flowing from inland, was seeping beneath the blown-up rectors, coming into contact with the melted-down reactor cores, becoming highly radioactive, then flowing into the Pacific Ocean.

As you may notice 3
 
300 Ton of this radioactive water has been seeping into the Pacific Ocean EVERY DAY since March 15, 2011. Nothing has stopped it and the flow continues to this very day, October 31, 2015. Here's how it is taking place:                        (引用終り)

 アメリカ人やカナダ人は 福島の事故の結果として 汚染された地や悪性腫瘍の魚介類を食べ続けている、として 何枚かの写真が掲載されている。 アメリカやカナダ沿岸での魚の奇形が「福島由来」であるとは断定できなくとも それを覆す証拠を日本は持っていないだろう。 そういう眼で 見られていることは 我々日本人は知識として知っておくべきであり、 こういう報道がなされていることを 国民に知らせるのが マスコミの務めであると思うのだが …

                                       詳しくは リンク →      SuperStation95
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。