スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラグアイ優勝なら「裸」で街を走るわ!!--W杯 面白ニュース--

Larissa Riquelme, Lingerie Model, Will

Run Naked If Paraguay Wins World Cup


slide_8100_108054_large.jpg
  パラグアイ代表の熱狂的なサポーター 「ラリッサ・リケルメ」さんが
  優勝したら、通りを裸で走るとの公約した。胸の谷間の携帯がいいらしい。


 間違いではありません。「リュウマの独り言」です。決して外国の違法サイトに飛ばされたわけではありませんのでご安心を (笑)
                       The Huffington Post(7/1)より引用Larissa Riquelme, a curvy lingerie model who loves her national team, has been cheering the Paraguay squad on from Asuncion, clad in revealing outfits. The 24-year-old beauty has pledged to run naked through the streets "with my body painted with the colors of Paraguay" if Paraguay wins the World Cup. 

 私のつたない英語力をもってしても、おおよその意味が分かるのはうれしいですね。中・高と英語を勉強していてよかった、と実感しますね。(笑)

 W杯が終わって(日本ではそういう感じですよね)マスコミはいっせいに「凱旋帰国」を報じています。よくやったことは認めますが、凱旋とは「いかがなものでしょう」

 応援するところもなくなって、チョット寂しいW杯ですが、日本が敗れた「パラグアイ」を応援しましょうか?オマケもあることですし……不謹慎としかられそうです……(爆)

 予選リーグで敗れた国についての色々なニュースが流れています。勝負とは言え、大変ですね。
                            ( Football Weekly )より

 国際サッカー連盟(FIFA)が、南アフリカ大会で予選敗退したナイジェリアとフランスが政治的干渉を受けているとして再度懸念を表明した。

 母国チームの惨憺たる成績に激怒したナイジェリアのグッドラック・ジョナサン大統領は、今後2年間の国際大会への出場禁止を決定。さらにナイジェリアサッカー連盟を解散させて暫定委員会を発足させたという。

         ドラックジョナサン大統領
               グッドラック・ジョナサン大統領↑

 FIFAのブラッター会長は、グループ予選で姿を消したフランスが、政府から干渉されていると警告していたが、ナイジェリアが2年間国際大会出場を禁止したのを受けて、再び懸念を表明した。              (引用終わり)

                                  【時事通信】引用
 サッカー・フランス代表のドメネク監督と同国サッカー連盟のエスカレット会長が30日、国民議会(下院)文教委員会に出席し、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会での代表チームの内紛などについて事情を説明した。

 サッカーをめぐる問題で代表監督や連盟会長が議会に呼ばれるのは、同国では極めて異例。

 フランス代表は今大会で1勝も挙げられずに1次リーグ敗退。監督に暴言を吐いた主力選手が代表を追放され、これに反発した選手が練習を拒否するなど、成績以上にチームの内紛が問題視された。

 ドメネク監督自身も、1次リーグの南アフリカ戦で敗れた後、相手監督との握手を拒否して批判を浴びた。

          ドメネク監督
            サッカー・フランス代表のドメネク監督↑

 出席議員らの話として伝えられたところでは、ドメネク監督は委員会で、チーム内の事情を暴露したメディアを批判するとともに、握手拒否については、南ア代表監督のフランス代表に関する発言への抗議だったと説明。

 エスカレット会長は、練習を拒否した選手らを「甘やかされて腐った子供たち」と批判したという。

 ドメネク監督は既に退任が決まり、エスカレット会長も辞意を表明している。
                                     (引用終わり)
 もし日本が惨敗していたら「どうなっていただろう」本当に心配です。他国のことだからフンフンと気楽に読めますが……どの国でも世論は一方に急激に偏(かたよ)るものなのでしょう。

 国内では参院選を前に「消費税論議」が盛んですが、なぜ争点となるのか、トンと理解が出来ません。民主党の変貌振りにはいささかあきれます。これでは「自民党」と変わらないのでは、と思ってしまう今日この頃ですよね。

 野党のころ言っていた  対等な日米関係
                ムダの徹底的排除
                特別会計の解体
                機密費の公開 など「どこへ」消えたのでしょう。

 小沢氏が地方で吼えている(中央で吼えて欲しいのですが)らしいのですが、その説は「モットモ」だと思うのだが、本当にそうなるのか、「鳩山・菅」内閣を見ていると安心は出来ません。

 しかし、逆に「やれる」としたら、この人ぐらいしかいないのかもしれないナァともおもえますが、……

<小沢氏、公約修正を批判 子ども手当「必ず実現」 >    2010/6/28 
                                     日本経済新聞
 民主党の小沢一郎前幹事長は28日午後、子ども手当支給などをめぐり衆院選マニフェスト(政権公約)を見直した党執行部を厳しく批判、「必ず私が微力を尽くし、約束通り実現できるようにする」と明言した。

 消費税率引き上げ論議にも疑問を投げかけており、野党側から民主党内の不一致を追及する声が出るのは必至だ。
 小沢氏は参院選応援のため訪れた愛媛県今治市での会合で、財源難を理由にした公約修正に対し「政権を取ったら、カネがないからできませんなんてこんなばかなことあるか」と指摘。同時に「高速道路の無料化、子ども手当、(農業の戸別)所得補償制度などを昨年の総選挙で国民に約束して、多数の議席をもらった。約束したことを守るのが政治だ」と強調した。

 ただ昨年末の2010年度予算編成で自身が主導し、衆院選公約に反してガソリン税などの暫定税率を実質維持した経緯には触れなかった。 (引用終わり)

 そうなんですよね。あの時(暫定税率の廃止)、鳩山総理に「若干の赤字国債もやむを得ない」と進言していたら、あすこまで次々と後退することなく鳩山政権もいけただろうに、と思うのは私だけだろうか、そういう心配が残るのですよね。

 本当にやるのかどうか、を見極めないといけませんね。

 はっきり打ち出してくださいよ。この程度のことは!!

  消費税の値上げ 絶対反対
  法人税の引き下げ 絶対阻止
  国会議員と上級公務員の給与 4割カット


スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。