スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のニュース  シリア上空で撃墜されたジェット機は テロリストの手先が背後から狙撃したのだ。 --ロシア、プーチン大統領-- 危険が一杯の中東情勢

 最も怒らせてはいけない人を 「怒らせて」しまった。ロシア機をトルコ機が撃墜したのはご存じだと思うが、日本では「領空侵犯」というトルコの主張を主に伝えているが、ロシアの反応は「領空侵犯はしていない。」程度にしか 語られていない。そんな生易しい反応ではない。 ロイターによると「テロリストの共犯者から 背中を刺された。」とプーチンは語っている。 

     プーチン

Putin: Downing of Russian jet over Syria stab in the back by terrorist accomplices
       シリア上空で撃墜されたジェット機は テロリストの手先が背中を刺したのだ。
Turkey backstabbed Russia by downing the Russian warplane and acted as accomplices of the terrorists, Russian President Vladimir Putin said.

“This incident stands out against the usual fight against terrorism. Our troops are fighting heroically against terrorists, risking their lives. But the loss we suffered today came from a stab in the back delivered by accomplices of the terrorists,” Putin said.

トルコはロシアの軍用機を撃墜してロシアを裏切り、テロリストの共犯者として行動した、ロシア大統領であるプーチンは言った。
「この事件は、いつもテロと戦っているものに敵対視する立場を表している。我々 の軍隊は、テロリストに対抗して英雄的に戦い、彼らの命を危険にさらしている。しかし今日我々が被った被害は テロリストの共犯者によって攻撃を加えられた 背中のの刺し傷によるものだ。」とプーチンは言った。

Putin said the plane was hit by a Turkish warplane as it was traveling at an altitude of 6000 meters about a kilometer from the Turkish border. It was hit by an air-to-air missile launched by a Turkish F-16 jet. The crash site is four kilometers from the border. The plane posed no threat to Turkish national security, he stressed. Putin said the plane was targeting terrorist targets in the Latakia province of Syria, many of whom came from Russia.

プーチン大統領は、トルコ国境から約 1 キロ離れた 高度6000 メートルで飛行中に、トルコの軍用機によって 攻撃された。それはトルコ軍F16戦闘機によって発射された空対空ミサイルで攻撃された。墜落現場は、国境から 4 キロ離れている。(撃墜された)爆撃機は トルコの国家安全保障になんら脅威を与えていない、と彼は強調した。 飛行機はロシアから来た多くの爆撃機同様シリアのラタキアの州でテロのターゲットを狙っていた、とプーチンは語った。

Russia has for a long time been aware of oil going from Syria under the control of terrorists to Turkey, Putin said. The money finances terrorist groups.

ロシアは テロリストの支配もとにシリアからトルコに原油が輸送されている事を 長期にわたって認識していたとプーチンは言った。その金はテロリストグループに提供されたものだ。

“IS has big money, hundreds of millions or even billions of dollars, from selling oil. In addition they are protected by the military of an entire nation. One can understand why they are acting so boldly and blatantly. Why they kill people in such atrocious ways. Why they commit terrorist acts across the world, including in the heart of Europe,” the Russian leader said.

"石油の販売で 何百万、何十億ドルもの大金を ISISは持っている。さらに 全国民の軍隊によって保護されています。 なぜ彼らが大胆かつ露骨に行動するのか。なぜ彼らがこのような残虐な方法で人を殺すのか。なぜヨーロッパの中心を含む世界中でテロ行為を犯すのかがわかりはずだ。と「ロシアの指導者」は言った。
                        全文は リンク → 24 Nov, 2015 ロイター電

 日本では伝えられていないだろうが、 今ロシアは「ISIS」の石油関連施設を徹底的に爆撃している。 先日はタンクローリーを何百台と破壊した。 どこの国に向かうものだったのか (?) ロシアが主張するように 「買う国」があるから、 潤沢な資金が手に入る。 アメリカの有志国連合が 何か月も空爆を繰り返したが、全く効果もなく、かえって『勢力拡大』というのに、 ここ何日間かで ロシアはISISを手痛い目に合わせたようだ。

                                    Akiyoshi Komaki 駒木明義
プーチン大統領、トルコがNATOの緊急理事会の開催を求めたことにも強い不快感を表明。「まるで我々がトルコ軍機を撃墜したような対応だ」と。

                                         hitomit ‏@thitomin
プーチン「われわれの飛行機はトルコを脅かしていない。北ラタキアでISとの戦いに従事していたのだ。この山岳地帯はロシアからわたった者が主に集まっている地域だった。」

                                    deepthroat ‏@gloomynews
トルクメン人反政府派勢力は撃墜された戦闘機から脱出したロシア軍パイロットの2人を射殺したと主張。

                                    ☪常岡浩介容疑者☪ ‏@shamilsh
「トルコは4日前に露大使を召還し、領空侵犯を許容しないことを明確に警告したばかりだった」:

                                 ユーリィ・イズムィコ ‏@CCCP1917
トルコはロシア国防省に派遣していた連絡将校を召還した。在莫トルコ大が確認

                                   deepthroat ‏@gloomynews
プーチン:「我が国はトルコに対して常に単なる隣国ではなく友好国として対応してきたが・・・」

                           kaz hagiwara(萩原 一彦) ‏@reservologic
眠くて頭が回らず、さっきから人のツィートをのRTしまくっている私。それでも中東とウクライナをめぐるロシアバッシングと、トルコ軍によるロシア戦闘爆撃機撃墜事件、脱出したパイロット救出のためのヘリの撃墜、墜落機乗員を射殺したという情報。やめろー。戦争するな!

                                      宋 文洲 ‏@sohbunshu
「サウジとトルコの支持があるからイスラム国が存続する。サウジが資金援助を行い、トルコは石油や戦闘員のルートを提供している」、アサト大統領
前兆があった: 先週プーチンがG20で「この中にISを支援している国がある」と言った。そしてシリア大統領が中国のテレビインタビューで「トルコがISを支援している」と明言。
     アサト大統領
       シリア大統領が中国のテレビインタビューで「トルコがISを支援している」と明言した

 日本の報道以外を 皆がツイートで伝えている。 日本では 安倍総理と仲良くすれば 「勲章」もらえるのだから、何もあくせく「情報」を集める必要もない。 国内で起きた事件はともかく、 仮に日本が関与していても 国外であったことは 日本での報道では、ろくにわからないだろう。 しかし、「シリア領内」に落下した ロシアパイロットは 射殺されたという。 プーチンの怒りは収まりそうもない。 代理戦争などするものではないのだが、 今後の成り行きに注目するしかないだろう。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。