スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな見方を書かねばならぬのは「政権批判だけ」、 ロシア機撃墜に見る『トルコの一方的主張』を伝えた 日本の報道。

 日々に追われると なかなか『新しい記事』に手が出しにくい。 トルコによる「ロシア機撃墜事件」は ロシアが「トルコ行」のタンクローリーを爆撃したからだ、と言うのはお伝えした。こんな写真がネットにあがっている。ロシア、中国系の報道では 『トルコ大統領の息子』による 「ISIS」の原油密輸が大きく報じられている。 「破格値」の石油の行先は『イスラエル』という。 この交易で「暴利」を得ている。そういう話になっている。

            500台のタンクローリー
                     ロシア軍が爆撃した タンクローリーの車列
                                       宋 文洲 ‏@sohbunshu
「トルコ大統領の息子の会社が、ISの石油輸出を全部取り扱っている。ロシア爆撃機が500輌もの石油輸送車を破壊したため、トルコ空軍機の報復を受けた」  --として 下の記事を紹介--

                                      2015-11-27   观察者
叙信息部长:土耳其总统埃尔多安之子从IS处走私石油
土耳其击落俄罗斯苏-24战机后,曾有媒体曝出土耳其总统埃尔多安之子直接参与IS石油走私,普京也曾公开表示土耳其方面参与IS石油贸易,为恐怖组织提供活动资金。今天(27日),叙利亚信息部长奥姆兰·佐阿比在接受采访时,直指从IS手中走私石油、为其提供财政支持的正是土耳其总统埃尔多安之子的公司。
           トルコ大統領の息子
                                 2015年11月27日  スプートニク
トルコで、「トルコ政府はシリアのテロ組織『イスラム国(IS)』に武器を供給している」と報じたトルコ紙「クムフリイェット」編集長ジャン・ジュンダル氏および特派員エルデム・ギュル氏が逮捕された。容疑はテロ組織およびスパイ活動への参加。今年5月、同紙は、トルコのトラックの車列の写真を公表した。シリアで政府軍と戦っている戦闘員らに武器弾薬を供給するトラック、とのことだった。

写真は昨年1月に撮影されたもので、このとき地元当局がシリアに向かっていたトラックを制止し、検査し、トルコの諜報員と抗争になったという。同紙によれば、この写真は、政府が密かにシリアの戦闘員らに武器を供給していた事実の証拠である。トルコ政府はこれを否定している。                 (引用終り)

    ロシアもミサイル艦載の巡洋艦
     ロシアもミサイル艦載の巡洋艦を派遣。 戦争そのものと言う風貌、怖い。日本の報道にも使われた写真

 これらの報道から、 トルコが「ISIS」と何らかの関係を持っていることを ロシアは十分知っており、その中心となる石油輸送への攻撃を行っている。それが「正しい戦争」などと言うつもりは毛頭ないが、「読売新聞」などのように 『トルコ政府の発表』を鵜呑みにして、 「領空を侵犯したので撃墜された」とだけ報じているマスコミは世界の中でも少ない。

 下の写真は トルコ政府が「ロシア機が領空侵犯した証拠」として示したレーダーの航跡図であるが、 青丸で示した場所で トルコ領内に入ったとしている。 角のように突き出た場所である。後日、パイロットが救出され彼は「侵犯していない」と主張していることはご存じだろうが、仮に「トルコの言い分」をそのまま認めても、 この部分を爆撃機が横切るのにかかる時間は 「5秒」だそうだ。 その間に『10回警告を出した』と言うトルコの主張はおかしい、というのが 他国の報道機関の一部から出ている。 日本では『親日国、トルコ』というだけで、トルコの言い分を主に流している。判断基準が『親日、反日』しかないのが現状である。

     トルコの領空に侵入
                                    知足的隠遁者 ‏@SukiyakiSong
 ここで問題になるのはエルドアンの息子である。彼はシリアとイラクのISが盗んだ石油を取引して巨額の利益を上げる企業の経営者なのだ。かれの油槽船がロシア軍によって撃破された直後にトルコがSu-24を撃墜したことには留意すべきだ。

 プーチンはシリアの露軍基地に長距離対空ミサイルS-400システム一式を配備した。さらにもう一式がやがて到着する。既にトルク空軍はF16を離陸させることが不可能になっている。        (引用終り)

 ロシアは トルコに対する経済制裁を強めている。観光客として ルコ訪問中のロシア人に対し帰国を促し、トルコからの農産物輸入を1月から禁止するのだそうだ。トルコのエルドアン大統領は会談を求めたが拒否された。 「ロシア機と分かっていれば、他に警告の仕方があった…」などと言い訳するのでプーチンの怒りは収まらない。 「はっきりとロシア機と分かるはずだ。」と憤懣を爆発させている。

ロシア空軍司令バンダレフ は「ロシア機撃墜のため、トルコのF16が1時間以上も待ち伏せしていた」、「トルコ戦闘機(青色)がシリア領空に進入したうえ、ロシア爆撃機を撃墜した。」と述べているが、 日本では報道されたのだろうか。

     トルコの領空に侵入

 まあ、 福島での「子供たちの検診」で一回目には大した人数ではなかった『甲状腺がん』も、 2回目の検診結果では びっくりするほど増えたが、何事も忘れやすい国民性であるので、たいした騒ぎにはならない。 『安倍総理の取り巻き』の術中にハマって 静かな「日曜日」を国民が過ごしている。

     一巡目で何もなかった子供が



スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。